メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

紫外線

関連キーワード

  • ポルフィリン症(2009年03月15日 朝刊)

    紫外線を吸収すると毒性を持つ化学物質のポルフィリンが体内に異常に蓄積され、様々な症状を引き起こすことがある。日光を浴びて皮膚に炎症などが起きるタイプと、腹痛や手足のしびれなどが出るタイプに大別されるが、発症の仕組みは解明されておらず、根本的な治療法も見つかっていない。

  • 代替フロン(2016年07月22日 朝刊)

    有害な紫外線を遮るオゾン層を壊す特定フロンのCFCの代わりに開発された。当初、CFCよりオゾン層への影響が小さいHCFCが使われたが、先進国で2020年、途上国で30年に全廃されることになり、現在はオゾン層を壊さないHFCが主に使われる。

  • 光触媒(2009年04月15日 朝刊)

    光のエネルギーを利用して抗菌や脱臭、汚れ防止などの効果を得るための技術。67年、東京大大学院生だった藤嶋昭氏が、酸化チタン電極に紫外線を当てることで水を水素と酸素に分解できることを発見したのが最初。本多健一・東大名誉教授と共同発表したため「ホンダ・フジシマ効果」と呼ばれる。

最新ニュース

紫外線をコトバンクで調べる

写真

  • 育児の常識の変化、感じたことありますか?<グラフィック・濱崎恵子>
  • 新潟大学医歯学総合病院 藤本篤助教(皮膚科)
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ