メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

紫外線

関連キーワード

  • ポルフィリン症(2009年03月15日 朝刊)

    紫外線を吸収すると毒性を持つ化学物質のポルフィリンが体内に異常に蓄積され、様々な症状を引き起こすことがある。日光を浴びて皮膚に炎症などが起きるタイプと、腹痛や手足のしびれなどが出るタイプに大別されるが、発症の仕組みは解明されておらず、根本的な治療法も見つかっていない。

  • 代替フロン(2016年07月22日 朝刊)

    有害な紫外線を遮るオゾン層を壊す特定フロンのCFCの代わりに開発された。当初、CFCよりオゾン層への影響が小さいHCFCが使われたが、先進国で2020年、途上国で30年に全廃されることになり、現在はオゾン層を壊さないHFCが主に使われる。

  • 光触媒(2009年04月15日 朝刊)

    光のエネルギーを利用して抗菌や脱臭、汚れ防止などの効果を得るための技術。67年、東京大大学院生だった藤嶋昭氏が、酸化チタン電極に紫外線を当てることで水を水素と酸素に分解できることを発見したのが最初。本多健一・東大名誉教授と共同発表したため「ホンダ・フジシマ効果」と呼ばれる。

最新ニュース

【バス事業会社 平成エンタープライズが開発した夢の詰まったバス】 日本初の移動式キッズスペースバス「あそびばす」を10/28「おとまち小江戸秋まつり」で無料開放(2017/10/20)

リリース発行企業:株式会社平成エンタープライズバス事業・宿泊事業等を展開している平成エンタープライズ(本社:埼玉県富士見市、代表取締役社長:田倉貴弥)は、外部からの電源供給が不要で臨時に設置可能な移動…[続きを読む]

写真

  • (okmusic UP's)
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ