メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

経済格差

関連キーワード

  • インドのイスラム教徒(2008年09月24日 朝刊)

    人口比は01年の国勢調査でヒンドゥー教徒(80.5%)に次ぐ13.4%。日本の人口を上回る1億3800万人が暮らす。カーストの身分階層が低い職人層などが改宗し、貧しい家業を受け継いだ経緯があり、ヒンドゥー教徒との社会・経済格差が残る。47年のインドとパキスタンの分離独立時、イスラム教徒の中上流階層の多くがパキスタンへ移住。有力な政治指導者が現れず、ヒンドゥー教徒の最下層への公務員就職や大学入学の優遇枠といった格差是正策はイスラム教徒には適用されていない。

  • 南北問題とフェアトレード(2010年02月02日 夕刊)

    安い労働力で生産する途上国(南)と、利益を得て消費する先進国(北)の経済格差が「南北問題」。フェアトレードは、無農薬のコーヒー豆やカカオなど良質な原料を途上国で生産し、先進国の消費者は品質や労力に見合った適正な価格で購入する取り組み。南北問題の解消へ、途上国の生産者が貧困から抜け出せるよう支援する狙いがある。

  • チュニジア(2015年10月10日 朝刊)

    アフリカ大陸の最北端に位置する。人口約1100万人。面積は日本の約5分の2の約16.4万平方キロ。1956年にフランスから独立した。イスラム教スンニ派が多数を占める。主力産業は観光などのサービス業。地域間の経済格差が広がっており、2013年の失業率は15.3%。

最新ニュース

写真・図版

哲学者が語る民主主義の「限界」 ガブリエル×國分対談(2018/6/20)

 日々のニュースで当たり前のように政治や経済の危機が語られる今、民主主義は「危機」の解決に役に立つのか。もはや民主主義こそ問題なのではないか――。著書「なぜ世界は存在しないのか」(講談社選書メチエ)が…[続きを読む]

写真

  • 対談するマルクス・ガブリエルさん(中央右)と國分功一郎さん(同左)。右端は通訳を務めた斎藤幸平・大阪市立大学准教授、左端は朝日新聞の高久潤記者=2018年6月12日午後、東京・築地、越田省吾撮影
  • 「キャタル」の授業では、タブレット端末で生徒が音読する様子を撮影し、発音や抑揚などの確認をしていた=東京都渋谷区
  • 鎌田遵さん
  • 『進歩 人類の未来が明るい10の理由』
  • 「従来型」の英検の問題
  • リンカーン記念堂前に集まったウィメンズマーチの参加者ら
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】組立式レコードプレーヤー

    超軽量仕様で持ち運びも可能

  • 写真

    【&TRAVEL】世界遺産、最古の山岳鉄道

    ダージリン・ヒマラヤ鉄道

  • 写真

    【&M】N-VANが新たに軽ベースに?

    キャンピングカーで行こう

  • 写真

    【&w】映画でみる愛とファッション

    上間常正@モード

  • 写真

    好書好日読書面の最新書評を掲載

    小説「万引き家族」など紹介

  • 写真

    WEBRONZA女性研究者「優遇」の意義

    活躍を阻む無意識のバイアス

  • 写真

    アエラスタイルマガジン2018下半期、財運開運占い

    自己改革時代がやってきた!

  • 写真

    T JAPAN最旬、エスパドリーユ8選

    最旬、エスパドリーユ8選

  • 写真

    GLOBE+ママ記者が特派員になったら

    ハノイ支局長日記

  • 写真

    sippo猫がくつろぐ「猫の美術館」

    猫に囲まれ「猫ねこ展」味わう

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ