メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

総務省

関連キーワード

  • 自治体職員の昇任試験(2008年07月14日 夕刊)

    17ある指定市のうち、10市が昇任試験を設けている。名古屋市の場合、6年目以降の職員に受験資格があり、35歳前後で受けることが多い。1次試験が筆記で、2次は面接。ただ、総務省によると、国内1874の自治体(東京23区を含む)のうち、昇任試験があるのは18%の344にすぎない。愛知、三重、岐阜3県も設けていない。

  • 限界集落(2014年11月07日 朝刊)

    65歳以上の高齢者が住民の50%を超えた集落。自治会活動や祭礼の維持など共同体としての機能が衰え、消滅に向かうとされる。過疎高齢化が進む山間地や離島を中心に全国で増加中。総務省の2010年の調査では、過疎化が進む全国801市町村にある約6万5千集落のうち、高齢者が5割以上の集落は15.5%。長野、岐阜、静岡、愛知、三重の中部5県の平均は21.8%だった。

  • 地域振興券(2008年10月31日 夕刊)

    小渕内閣時代の99年春、緊急経済対策の一つとして発行。1枚千円の金券で、15歳以下の子供がいる世帯は子供1人につき2万円、住民税が非課税の65歳以上の高齢者は1人につき2万円が支給された。総務省によると、全国で約3107万人が受け取り、交付総額の99・6%にあたる約6190億円が利用された。経済企画庁(当時)が同年8月発表した地域振興券の経済効果調査によると、押し上げた個人消費は2025億円程度で、国内総生産(GDP)の個人消費の0・1%程度にとどまる。

最新ニュース

スマホが「わたし」を証明する時代になると…

スマホで本人確認、加速 生体認証が高機能化(2016/07/26)

 メガバンク最大手の三菱東京UFJ銀行が、スマートフォンで本人確認する仕組みをつくる。あらゆる機能をスマホに一元化する世界的な流れを象徴する動きだ。パスワード不要のネット通販など、スマホによる本人確認[続きを読む]

写真

  • スマホが「わたし」を証明する時代になると…
  • 期日前投票所で立会人を務める平野繭子さん(左)=23日、東京都練馬区、杉山麻里子撮影
  • 出陣にあたって安全と復興を祈願する総大将の相馬陽胤氏=23日朝、相馬市の相馬中村神社
  • 定例会見で話す鹿内博市長=青森市

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ポップな手染め麻の絵ふきん

    「日本代表」いい仕事品

  • 【&TRAVEL】吉川ひなのリアルライフ

    「ハワイエキスポ」〈PR〉

  • 【&M】「オールドパー シルバー」

    極上ウイスキーソーダ〈PR〉

  • 【&w】「画技」でマンガの魅力解剖

    「『描く!』マンガ展」開催中

  • ブック・アサヒ・コム川上弘美の小さな世界

    掌編集「このあたりの人たち」

  • WEBRONZAヘリマネは現代の「徳政令」

    政府が自らの債務棒引き→救済

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ