メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

  • 羽生善治(はぶ・よしはる)  1970年9月27日生まれ。埼玉県所沢市出身。二上達也九段門下。
     85年、プロ四段。史上3人目の中学生棋士。89年に初タイトルとなる竜王を獲得。94年、A級初参加で名人挑戦者となり、第52期名人戦で米長邦雄名人を破って初の名人に。竜王も奪還し、24歳で史上初の六冠王となった。将棋界の記録を次々と塗り替え、96年には谷川浩司王将を破って前人未到の七冠独占を達成し、社会現象になった。
     どんな戦型も指しこなすオールラウンダー。終盤、予想外の一手で勝利をたぐり寄せる逆転劇は「羽生マジック」と呼ばれる。
     2008年、第66期名人戦で森内俊之名人を破り、名人通算5期。十九世名人の永世称号資格を得た。ほかに永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖の資格も保持し、「永世七冠」まであと竜王1期と迫っている。
     12年、通算のタイトル獲得数を81期とし、大山康晴十五世名人がもっていた80期の最多記録を更新。14年には4人目となる公式戦通算1300勝を史上最年少、最速、最高勝率で達成。同年には3度目の名人復位も果たしている。これまでのタイトル獲得数は歴代1位の計94期(名人9期、竜王6期、王位17期、王座23期、棋王13期、王将12期、棋聖14期)。

  • 公式プロフィール別ウインドウで開きます

第72期将棋名人戦

  • 羽生善治

    常識破りの王手 羽生挑戦者4勝、タイトル奪還

     羽生善治三冠(43)が森内俊之名人(43)に4連勝して名人位を奪還した。最終局となった第4局、羽生が常識外の一手を放ち、逆転で栄冠をつかみ取った。2日目の午後7時過ぎ。夜戦に入り、形勢不明の終盤戦が続くなか、羽生は右手を目いっぱい伸ばし、自分から一番遠い盤上の一段目に持ち駒の金を打ちつけた。 [続きを読む]

最新ニュース

将棋・藤井四段が19連勝 竜王戦決勝トーナメント進出(2017/5/25)

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(14)が25日夜、東京都渋谷区の将棋会館であった対局に勝ち、タイトル戦の挑戦権を争う決勝トーナメント(本戦)進出を決めた。デビューからの連勝記録も「19」に伸ばした。[続きを読む]

羽生善治をコトバンクで調べる

写真

  • 竜王戦の決勝トーナメント進出を決めた藤井聡太四段=25日午後7時50分、東京都渋谷区、長島一浩撮影
  • 藤井聡太四段(左下)の対局に多くの報道陣が詰めかけた
  • 対局に臨む藤井聡太四段=25日午前10時、東京都渋谷区、池田良撮影
  • デビューからの連勝記録
  • 名人戦の対局室となる料理旅館鶴形の「阿知の間」=倉敷市中央1丁目
  • 羽生善治さん
  • 投了後の佐藤天彦名人(右)=20日午後、兵庫県姫路市の姫路城、水野義則撮影
  • ポナンザのロボットアーム(手前)と対戦する佐藤天彦名人=20日午後、兵庫県姫路市の姫路城、水野義則撮影
  • デビューから18連勝を達成した藤井聡太四段=18日、上田潤撮影
  • 竹内雄悟四段に勝ち、プロデビューから18連勝を達成した藤井聡太四段=18日午後0時48分、大阪市福島区、上田潤撮影
  • 「大黄金展」の黄金の金将駒お披露目イベントに出席した、つるの剛士(左)と加藤一二三棋士(撮影・松尾幸之介)
  • 連勝の藤井四段にアドバイスをした加藤一二三九段 (C)ORICON NewS inc.
  • 対局に敗れ、引退となった森信雄七段=大阪市福島区
  • 対局に敗れ、引退となった森信雄七段=大阪市福島区
  • 対局室検分で、佐藤天彦名人(左)らの意見を聞きながら照明を調整した
  • 「AIがわかれば脳の仕組みがわかり、脳の研究が進むほどAIはさらに進化する」と話す羽生善治さん

最新ニュース

将棋・藤井四段が19連勝 竜王戦決勝トーナメント進出(2017/5/25)

 将棋の中学生棋士、藤井聡太四段(14)が25日夜、東京都渋谷区の将棋会館であった対局に勝ち、タイトル戦の挑戦権を争う決勝トーナメント(本戦)進出を決めた。デビューからの連勝記録も「19」に伸ばした。[続きを読む]

関連キーワード

  • ビッグイシュー日本版(2013年08月23日 夕刊)

    日本版は2003年に創刊され、現在通算221号まで発行。俳優のレオナルド・ディカプリオさんや歌手の吉川晃司さん、棋士の羽生善治さんといった著名人がボランティアで表紙を飾り、インタビューにも登場する。ビッグイシューは1991年にロンドンで生まれた。日本版では「人々をホームレスにしない方没「『盲ろう者』二重障害の世界」などの社会問題を特集する。編集スタッフ5人が企画、外部のライターが取材、執筆。販売員が読者の人生相談に乗るコーナーもある。1冊300円。そのうち160円が販売員の収入となる。昨年度は55万部を販売し、累計販売数は571万部。販売員の収入は累計8億円を超えた。大阪市北区に本社がある。

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】充電式だから好きな場所で

    便利なコードレス扇風機

  • 【&TRAVEL】セレブ御用達、南太平洋の島

    楽園ビーチ探訪

  • 【&M】タイに投資する理由〈PR〉

    政府による全面的なサポート

  • 【&w】稚アユのパスタと白ワイン

    ワインとごはんの方程式

  • ブック・アサヒ・コムモチーフは連続不審死事件

    柚木麻子が語る新刊

  • WEBRONZA民進党のアイデンティティー

    安倍政権との意外な共通点

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ