メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

耐性菌

関連キーワード

  • 耐性菌(2016年06月26日 朝刊)

    抗菌薬(抗生物質)の使い過ぎや、菌がまだ体に残っているのに服用をやめるなど不適切な使用が原因でできる。複数の薬が効かなくなると多剤耐性菌と呼ばれ、治療の選択肢が限られてくる。MRSAのほかにバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)や多剤耐性緑膿(りょくのう)菌(MDRP)などがあり、院内感染が広がる原因になることでも知られる。

  • NDM1と新型耐性菌(2010年09月06日 夕刊)

    救急医療の現場などで使われている抗生剤に対する耐性遺伝子。インド由来とみられる。大腸菌や肺炎桿(かん)菌などから見つかっている。帝京大などで問題になっている多剤耐性の細菌アシネトバクターや緑膿(りょくのう)菌のように健康な人では通常、問題にならないほど毒性が弱いが、抵抗力が落ちると症状が出てくる菌の仲間。ただし抵抗力の落ちた患者がいる病院内だけでなく健康な人を通じた感染の広がりが問題になっている。有効性を期待できる抗生剤はほとんどない。

  • 新型耐性菌CRE(2014年03月31日 朝刊)

    「カルバペネム耐性腸内細菌科の菌」を意味する英語の頭文字。もとはありふれた肺炎桿(かん)菌や大腸菌だが、特定の遺伝子を獲得すると、カルバペネムをはじめとするほとんどの抗菌薬が効かないCREに変わる。今回のステルス型は、複数の耐性遺伝子を組み合わせて持つことなどで「一見、薬が効くように見えるが、実はほとんど効かない」というたちの悪い性質を得たとみられている。

最新ニュース

ICU、広がる面会自由化 時間・年齢・対象者の制限緩和 「患者の支えになる」(2017/7/20)

 症状の重い患者を集中的に治療、管理する病院の集中治療室(ICU)=キーワード。かつては当たり前だった、面会の時間や入室者の年齢の制限を緩める動きが広がっている。時間を気にせず顔を合わせることができ、[続きを読む]

耐性菌をコトバンクで調べる

写真

  • 小学校での感染症教室の打ち合わせをする賀来教授(左)と溝部鈴・広報室副室長、吉田眞紀子・検査部助教らメンバー=東北大学病院
  • 小学校での感染症教室の打ち合わせをする賀来教授(左)と溝部鈴・広報室副室長、吉田眞紀子・検査部助教らメンバー=東北大学病院
  • アシネトバクターの顕微鏡写真=弘前大学提供
  • 腸球菌の顕微鏡写真=弘前大学提供
  • MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の顕微鏡写真=弘前大学提供
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ