メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

聖火ランナー

関連キーワード

  • 映画アンブロークン(2015年03月17日 朝刊)

    意味は「不屈」。太平洋戦争で旧日本軍の捕虜となった米国の元五輪陸上選手ルイス・ザンペリーニ氏(1917〜2014)の半生を描く。原作は全米ベストセラーのノンフィクション。爆撃機が太平洋に不時着し、捕らえられたザンペリーニ氏は、東京・大森や新潟・直江津の収容所で2年にわたり虐待を受けた。竹刀やベルトのバックルで殴られ、捕虜同士で殴り合いもさせられた。戦後は復讐(ふくしゅう)心に苦しんだが、キリスト教の「許し」の教えに救われ、1998年の長野五輪で80歳の聖火ランナーとしてかつての敵国を訪れる。

  • アンブロークン(2015年04月02日 夕刊)

    意味は「不屈」。太平洋戦争で旧日本軍の捕虜となった米国の元五輪陸上選手ルイス・ザンペリーニ氏(1917〜2014)の半生を描く。原作は全米ベストセラーのノンフィクション。爆撃機が太平洋に不時着し、捕らえられたザンペリーニ氏は、東京・大森や新潟・直江津の収容所で看守から2年にわたり執拗(しつよう)な虐待を受けた。竹刀やベルトのバックルで殴られ、捕虜同士で殴り合いもさせられた。戦後は復讐(ふくしゅう)心に苦しんだが、キリスト教の「許し」の教えに救われ、1998年の長野五輪で80歳の聖火ランナーとしてかつての敵国を訪れる。

最新ニュース

ももクロ、4年ぶり“バカ騒ぎ”(2017/8/7)

 アイドルグループ・ももいろクローバーZが6日、東京・味の素スタジアムで『ももクロ夏のバカ騒ぎ2017 -FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会』を開催。5日の[続きを読む]

写真

  • 『ももクロ夏のバカ騒ぎ2017 -FIVE THE COLOR Road to 2020- 味の素スタジアム大会』を開催したももいろクローバーZ(Photo by HAJIME KAMIIISAKA+Z)
  • 青いおそろいのTシャツを着て歩く参加者たち=17日、仙台市宮城野区、福留庸友撮影
  • 東京五輪の金メダリスト、渡辺長武さん(右から4人目)と歩き出す参加者たち=大津市の琵琶湖岸
  • 絵・小田桐昭
  • ウォーキングイベントには1964年東京五輪の聖火ランナーや男子レスリング・フェザー級で金メダルの渡辺長武さん(中央)が参加した=大田区
  • 1963年12月20日朝日新聞朝刊 (C)長谷川町子美術館
  • 1964年10月10日、開会式で上空を見上げながら夢中でシャッターを切ったが、五つの輪すべては写せなかった=西義則さん提供
  • マルサ-ルさん=ロイター
  • ぬいぐるみで遊ぶイガナニさん=ブラジリア、田村剛撮影
  • ブラジリアで1日、母ムワジさんが押す車いすに乗って聖火ランナーを務めたイガナニさん=NGOアチニ提供
  • 聖火を手に走る河合純一さん=6日午後1時59分、ブラジル・リオデジャネイロ、金川雄策撮影
  • 聖火を手に走る河合純一さん=6日午後1時59分、ブラジル・リオデジャネイロ、金川雄策撮影
  • 成田空港に到着し、大勢の出迎えを受ける萩野公介(手前)ら。後ろは坂井聖人=北村玲奈撮影
  • 成田空港に到着し、大勢の出迎えを受ける萩野公介(手前)ら競泳日本代表の選手たち。後ろは坂井聖人=17日午後、北村玲奈撮影
  • 大橋博司さんと、展示されている1948年のロンドン五輪の公式ポスターなど=八幡市の松花堂美術館

WEBRONZA・WEB新書の検索結果

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ