メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

肺がん

関連キーワード

  • 胃がん・肺がん検診(2010年04月01日 朝刊)

    胃がん検診では、胃を膨らませる発泡剤と、胃の粘膜が見えやすくなるようX線を反射するバリウムという造影剤を事前に飲み、胃にX線を当てながら7〜8枚撮影する。肺がん検診は肺全体にX線を当てながら1〜2枚撮影する。50歳以上でたばこを多く吸うなどリスクの高い人には、たんの中にがん細胞が含まれていないかを調べる喀痰(かくたん)検査も併せて実施する。いずれも40歳以上を対象に、年1回実施される。

  • 肺がん治療薬イレッサ(2011年02月26日 朝刊)

    一般名ゲフィチニブ。英国の製薬大手アストラゼネカが開発し、日本が02年7月に世界で初めて輸入を承認した。日本人に多い「非小細胞肺がん」に効果があるとされる飲み薬で、年約1万6千人が使っている。一方で、販売直後から服用後に重い肺炎にかかる人が相次ぎ、昨年9月までに819人の死亡が国に報告された。日本肺癌(がん)学会は05年3月、効果が期待できる患者を対象に使う診療方針を示した。米国は新規患者への使用を禁じている。

  • 受動喫煙(2014年07月29日 朝刊)

    たばこの先から出る煙にも有害物質が含まれており、他人の煙を吸った人にも、呼吸機能の低下や肺がんなどの健康被害が出るとされる。米モンタナ州の都市では、受動喫煙禁止法の施行後に心筋梗塞(こうそく)の入院患者が激減したというデータがある。たばこを吸われた部屋や衣類などに染みついた残留成分による「3次受動喫煙」の健康被害の可能性も指摘されている。

最新ニュース

女性で最も多い乳がん、30代前半から増加(2017/6/24)

 乳がんの治療を続けていたフリーキャスターの小林麻央さん(34)が亡くなったことが23日、明らかになった。若い女性が乳がんになるケースは多いのだろうか。 乳がんは女性で最も罹患(りかん)者数が多いがん[続きを読む]

写真

  • 「サイバーナイフ」は自在に動くロボットアームを駆使し、病巣を狙い撃ちする。早期のがん患者や、通院の回数を抑えたい人向き
  • 最後に更新した2017年6月20日付のブログで近況をつづった小林麻央さん
  • 小林麻央さんの死去を受け、会見する夫の市川海老蔵さん=23日午後2時42分、東京・渋谷、越田省吾撮影
  • 2017年5月29日付のブログで近況をつづった小林麻央さん
  • 「愛媛がんサポートおれんじの会」理事長の松本陽子さん=松山市
  • 「サイバーナイフ」は自在に動くロボットアームを駆使し、病巣を狙い撃ちする。早期のがん患者や、通院の回数を抑えたい人向き
  •   
  • 歯のチェックは全身麻酔を安全に受けるために欠かせない。「大きな問題なし」と言われ、児子功さんは笑顔を見せた=岡山市北区
  • 工場で工員に話しかける社長の松田恒次=広島県府中町、マツダ提供
  • 野際陽子さん(13年3月6日撮影)
  • 野際陽子さん(13年3月6日撮影)
  • 野際陽子さん(13年3月6日撮影)
  • 佐野史郎(10年4月12日撮影)
  • 野際陽子さん
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】もう臭わせない!

    梅雨の部屋干しに

  • 写真

    【&TRAVEL】エーゲ海で見る世界一の夕日

    楽園ビーチ探訪

  • 写真

    【&M】拝見!モデルルーム

    進化するマンションの未来形

  • 写真

    【&w】ジョニー・デップが語る

    パイレーツ・オブ・カリビアン

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム生まれ変わり続ける女性の話

    「小説巧者」佐藤正午の新刊

  • 写真

    WEBRONZA「正解の押しつけは大嫌い」

    伊礼彼方インタビュー

  • 写真

    ハフポスト日本版 地球に舞い降りた天使

    仕事中に見たら思わず手が止まってしまう子猫28連発

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ