メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

脱原発

関連キーワード

  • 欧州の脱原発(2011年06月14日 朝刊)

    福島第一原発事故後、欧州で原発政策を見直す動きが相次いでいる。ドイツのメルケル政権は原発を延命させる方針を百八十度転換し、国内全17基を2022年までに閉鎖すると決定。スイスも保有5基の更新や改修をやめて、寿命を迎える34年までに廃炉にする方針を決めた。イタリアの国民投票はこれに続く動き。フランスなど、原発推進の姿勢を崩さない国もある。

  • ドイツの脱原発(2013年08月25日 朝刊)

    チェルノブイリ原発事故などの影響を受け、2000年に中道左派のシュレーダー政権が20年ごろまでの原発全廃を決めた。これに対し、09年の総選挙で勝利した中道右派のメルケル政権は運転延長を決定。しかし、福島第一原発事故後の11年6月、「脱原発」にかじを切った。

  • ドイツの州と緑の党の躍進(2011年07月12日 朝刊)

    ドイツには16州があり、独自の権限が強い。福島第一原発事故の直後、バーデン・ビュルテンベルク州議会選で脱原発を掲げる緑の党が躍進。1980年の創設以来、初の州首相が5月に誕生した。同月の北部ブレーメン州議会選でも第2党に躍進。メルケル政権は2022年までに国内の全原発の閉鎖を決めた。

最新ニュース

写真・図版

地方公聴会、声届ける場なのに 予算審議の一環、乏しい緊張感(2018/2/17)

 衆院予算委員会は16日、2018年度の予算案に関する地方公聴会を岡山県と静岡県で開いた。地方の声を生かそうと、例年行われている。この日も首長らが待機児童や地元の経済、原発問題などを訴えた。ただ、国民…[続きを読む]

写真

  • 地方公聴会、意見を言うのは…
  • 地球や地域にやさしい銀行選び/原発・化石燃料への貸し出しトップ8/アクサのダイベストメント対象になる可能性の高い日本企業/化石燃料からの投資撤退を決めた世界の主な団体
  • 民進党分裂の影響を受ける連合
  • 原発ゼロ基本法案の提出をめざす立憲民主党が開いた対話集会。約60人が参加した=福島県郡山市
  • 東京電力柏崎刈羽原発6号機のフィルターベント設備(中央)
  • 執務室で若い職員と言葉を交わす渡辺利綱町長=福島県会津若松市の大熊町役場出張所
  • 開会した衆院本会議=24日午後1時1分、岩下毅撮影
  • 吉岡斉さん
  • 吉岡斉さん
  • 昨年末から売電を開始した県農民組合主導のメガソーラー発電所=十和田市相坂の高見地区
  • 日立製作所が英国で原発建設を計画する場所(手前)。奥にあるのは廃炉作業中のウィルファ原発=英西部アングルシー島、寺西和男撮影
  • 1950年代の核実験や反核運動について語り、核廃絶を訴えるヘレン・ジャッカードさん=下京区
  • ゴビ砂漠にある高レベル放射性廃棄物最終処分場の候補地=11月、甘粛省北山地区
  • 小選挙区で当選した(上段左から)2区の鷲尾英一郎氏=無所属、1区の西村智奈美氏=立憲、5区の泉田裕彦氏=自民、(下段左から)4区の菊田真紀子氏=無所属、3区の黒岩宇洋氏=無所属、6区の高鳥修一氏=自民
  • 齋藤純一
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ