メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

脱原発

関連キーワード

  • 欧州の脱原発(2011年06月14日 朝刊)

    福島第一原発事故後、欧州で原発政策を見直す動きが相次いでいる。ドイツのメルケル政権は原発を延命させる方針を百八十度転換し、国内全17基を2022年までに閉鎖すると決定。スイスも保有5基の更新や改修をやめて、寿命を迎える34年までに廃炉にする方針を決めた。イタリアの国民投票はこれに続く動き。フランスなど、原発推進の姿勢を崩さない国もある。

  • ドイツの脱原発(2013年08月25日 朝刊)

    チェルノブイリ原発事故などの影響を受け、2000年に中道左派のシュレーダー政権が20年ごろまでの原発全廃を決めた。これに対し、09年の総選挙で勝利した中道右派のメルケル政権は運転延長を決定。しかし、福島第一原発事故後の11年6月、「脱原発」にかじを切った。

  • ドイツの州と緑の党の躍進(2011年07月12日 朝刊)

    ドイツには16州があり、独自の権限が強い。福島第一原発事故の直後、バーデン・ビュルテンベルク州議会選で脱原発を掲げる緑の党が躍進。1980年の創設以来、初の州首相が5月に誕生した。同月の北部ブレーメン州議会選でも第2党に躍進。メルケル政権は2022年までに国内の全原発の閉鎖を決めた。

最新ニュース

写真・図版

東京)激戦区ルポ 11、4、5区(2017/10/19)

 ■11区 自民の牙城に新顔3氏挑む 「原点、初心に戻って人を幸せにする政治をします」 首相側近とも言われた自民前職の下村博文氏は14日、11区の主戦場である板橋区の「ハッピーロード大山商店街」を練り…[続きを読む]

写真

  • 主戦場の商店街では、朝から晩まで次々と候補者が現れて支持を訴える=板橋区(画像の一部を加工しています)
  • 高レベル放射性廃棄物を地層処分することの問題点を指摘する森清氏(右奥)=松本市の信州大学
  • 渡辺智子さん
  • 世界の風力、太陽光、原子力の総出力の伸び
  • 「原発再稼働反対」を訴えて御堂筋をデモ行進する参加者たち=大阪市中央区
  • 地裁前で判決結果を伝える原告側支援者ら=13日、さいたま市浦和区、平野尚紀撮影
  • 演説を終えた候補者(左)に握手を求め、激励する有権者=10日午後、東京都品川区、池田良撮影
  • 党首討論会で記念撮影に応じる(右から)日本のこころの中野正志代表、立憲民主党の枝野幸男代表、共産党の志位和夫委員長、希望の党の小池百合子代表、自民党の安倍晋三総裁、公明党の山口那津男代表、日本維新の会の松井一郎代表、社民党の吉田忠智党首=8日午後、東京都千代田区、飯塚晋一撮影
  • 「リベラル」に言及した最近の発言
  • 「リベラル」に言及した最近の発言
  • 元経企庁長官の田中秀征さん=9月30日午後2時38分、東京都新宿区、池田伸壹撮影
  • グラフィック・田中和
  • 政治部・野上祐
  • 街頭演説を終え、支持者らと握手をする民進党の辻元清美氏=1日午後、大阪府高槻市、高橋一徳撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ