メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

脱原発

関連キーワード

  • 欧州の脱原発(2011年06月14日 朝刊)

    福島第一原発事故後、欧州で原発政策を見直す動きが相次いでいる。ドイツのメルケル政権は原発を延命させる方針を百八十度転換し、国内全17基を2022年までに閉鎖すると決定。スイスも保有5基の更新や改修をやめて、寿命を迎える34年までに廃炉にする方針を決めた。イタリアの国民投票はこれに続く動き。フランスなど、原発推進の姿勢を崩さない国もある。

  • ドイツの脱原発(2013年08月25日 朝刊)

    チェルノブイリ原発事故などの影響を受け、2000年に中道左派のシュレーダー政権が20年ごろまでの原発全廃を決めた。これに対し、09年の総選挙で勝利した中道右派のメルケル政権は運転延長を決定。しかし、福島第一原発事故後の11年6月、「脱原発」にかじを切った。

  • ドイツの州と緑の党の躍進(2011年07月12日 朝刊)

    ドイツには16州があり、独自の権限が強い。福島第一原発事故の直後、バーデン・ビュルテンベルク州議会選で脱原発を掲げる緑の党が躍進。1980年の創設以来、初の州首相が5月に誕生した。同月の北部ブレーメン州議会選でも第2党に躍進。メルケル政権は2022年までに国内の全原発の閉鎖を決めた。

最新ニュース

放射性廃棄物を廃棄した地下750メートルで作業する人たち。ボーリング調査の現場への記者の立ち入りは認められなかった=ドイツ中部アッセ

「高コスト」な原発を推進する理屈(2015/05/29)

■高橋洋 (都留文科大学文学部社会学科教授) 政府のエネルギーミックスを巡る議論が大詰めを迎えている。既に経済産業省の原案は提示されており、2030年時点の原発依存度、すなわち、発電電力量に占める原子[続きを読む]

PR情報

写真

  • 放射性廃棄物を廃棄した地下750メートルで作業する人たち。ボーリング調査の現場への記者の立ち入りは認められなかった=ドイツ中部アッセ
  • ハンガリー南部、パクシュ原発の原子炉建屋(左)と事務棟入り口(右)=喜田尚撮影
  • チリ南部・コロニア氷河の空撮写真。末端がとけて湖が大きくなっていた(手前)。泥や砂がまじり濁った湖面に黒い氷山が浮かぶ=2013年12月7日、中山由美撮影
  • 羊が草をはむ土地に広がる太陽光パネル群。遠くに風力発電の風車も見える=2011年6月、ドイツ北部北フリースラント郡
  • 原子炉圧力容器の真下。中性子検出器のケーブルなどが下がっていた=島根原発3号機
  • 津田大介撮影
  • 高浜原発3、4号機の再稼働を禁じる福井地裁の仮処分決定や異議審について説明を聞く参加者ら=高浜町宮崎
  • 「ひだんれん」設立宣言を読みあげる武藤類子・福島原発告訴団長(右)=二本松市郭内一丁目
  • 食品中の放射能の測定器
  • さよなら原発パレード=日々の新聞社提供
  • 佐藤和良さん
  • 鈴木薫さん
  • 講演する菅元首相=南大隅町文化ホール
  • 都構想について質問をしようと、手を挙げる市民ら=大阪市内、加藤諒撮影
  • 2016年度以降の復興予算と地方負担の枠組み
  • ちんどん屋姿で脱原発を訴える参加者=薩摩川内市の川内駅前
  • 元職を含め14人の首長らが出席した総会=宝塚市山本南2丁目の市立東公民館

注目コンテンツ