メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 脳卒中と寝たきり(2008年11月17日 夕刊)

    脳卒中は脳こうそく、脳出血、くも膜下出血の総称で、患者は約140万人。脳神経が傷つき、まひなどの後遺症がでることがある。寝たきりの原因の1位。

  • 救命救急センター(2012年11月11日 朝刊)

    急性心筋梗塞(こうそく)や脳卒中、頭部の外傷など命に危険が及びかねない、最も重い患者を24時間態勢で診る救急施設。人口100万人あたり最低1カ所の設置が目安で、全国に254カ所(6月時点)ある。

  • t—PA治療(2010年01月13日 朝刊)

    2005年10月に保険適用された血栓を溶かす薬。点滴で静脈注射する。効果は高いが、発症から3時間を過ぎて投与し、血栓の詰まりでもろくなった末梢(まっしょう)部分の血管に血液が再び流れ込むと、血管が破れて出血してしまう危険性がある。日本脳卒中学会の指針では、画像診断が24時間可能▽集中治療のための十分な人員と設備がある▽脳外科的処置が迅速に行える▽十分な治療実績がある——などの基準を満たす施設で治療をするのが「望ましい」とされている。

最新ニュース

転落事故から4カ月たったころの鵜沢真治さん。車いすに乗り、治療経過などを語った=横浜市内

【まとめて読む】建築現場で転落 重症外傷センターへ(2016/07/24)

 横浜市の大工、鵜沢真治さん(66)は今年2月、建築中の住宅で約3メートル転落し、心肺停止状態になりました。駆けつけた救急隊の蘇生措置で心拍が再開、「横浜市重症外傷センター」に搬送されました。センター[続きを読む]

写真

  • 転落事故から4カ月たったころの鵜沢真治さん。車いすに乗り、治療経過などを語った=横浜市内
  • 横浜市で大けがをしたら……
  • 売り場に並んだ「減塩焼き魚」=北上市のマックスバリュ北上店
  • ゲイリー・マーシャルさん
  • ボタンの絵を手にする石堂将さんと横張琴子さん(左)=松戸市総合福祉会館
  • リオデジャネイロ・パラリンピックで馬術競技に出場する宮路満英さん(左)と妻の裕美子さん=湖南市役所
  • 審査で展示した「山形の秋の味 牛ぎゅっと弁当」=県立米沢栄養大提供
  • 高齢者糖尿病の血糖管理の目標値/糖尿病の高齢者、こんな場合は低血糖に注意/典型的な低血糖の症状
  • 筋力をきたえるレジスタンス運動に取り組む糖尿病の高齢者ら=東京都板橋区の東京都健康長寿医療センター

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】作者・声優・落語家が語る

    続昭和元禄落語心中こぼれ話

  • 【&TRAVEL】吉川ひなのリアルライフ

    「ハワイエキスポ」〈PR〉

  • 【&M】低カロリーのうれしい薬膳麺

    三倉茉奈さんのイケ麺

  • 【&w】離婚。味覚をなくした末に

    東京の台所

  • ブック・アサヒ・コム中澤佑二のコミック履歴書

    好きだったのは「オフサイド」

  • WEBRONZA銃撃事件が連鎖、米国の深層

    せめぎ合うアイデンティティー

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ