メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 脳卒中と寝たきり(2008年11月17日 夕刊)

    脳卒中は脳こうそく、脳出血、くも膜下出血の総称で、患者は約140万人。脳神経が傷つき、まひなどの後遺症がでることがある。寝たきりの原因の1位。

  • 救命救急センター(2012年11月11日 朝刊)

    急性心筋梗塞(こうそく)や脳卒中、頭部の外傷など命に危険が及びかねない、最も重い患者を24時間態勢で診る救急施設。人口100万人あたり最低1カ所の設置が目安で、全国に254カ所(6月時点)ある。

  • t—PA治療(2010年01月13日 朝刊)

    2005年10月に保険適用された血栓を溶かす薬。点滴で静脈注射する。効果は高いが、発症から3時間を過ぎて投与し、血栓の詰まりでもろくなった末梢(まっしょう)部分の血管に血液が再び流れ込むと、血管が破れて出血してしまう危険性がある。日本脳卒中学会の指針では、画像診断が24時間可能▽集中治療のための十分な人員と設備がある▽脳外科的処置が迅速に行える▽十分な治療実績がある——などの基準を満たす施設で治療をするのが「望ましい」とされている。

最新ニュース

高校生になってアメリカンフットボール部に入部した=本人提供

【まとめて読む】5分前の記憶がない 高次脳機能障害に(2016/05/29)

 愛知県日進市の長谷川優さん(30)は、高校1年だった2001年、アメリカンフットボール部の練習中にタックルを受けて倒れました。3日ほど意識がありませんでしたが、次第に体は回復しました。ただ、5分前に[続きを読む]

写真

  • 高校生になってアメリカンフットボール部に入部した=本人提供
  • 循環器疾患リスクチェック(藤田保健衛生大学医学部公衆衛生学のHPより)
  • 前頭葉損傷による高次脳機能障害での主な症状
  • 元気なうちから家の近くにどんな訪問看護ステーションがあって、どんなサポートをしてくれるのか探しておきたいですね=渡辺千鶴さん提供
  • 退院して出かけた先で家族と食事。右は父の潤さん=本人提供
  • 退院して出かけた先で家族と食事。右は父の潤さん=本人提供
  • 生年月日:1998年3月17日 出身地:広島 身長:152cm 職業:高校生
  • 図3 震災発生時の心不全による週別患者搬送数の変化(2008-2010年と比較)
  • 高齢者に多いてんかん発作の例/主な相談先や参考になるサイト
  • 張成沢の粛清のニュースを伝える韓国のテレビ=2013年12月、AP
  • いざというときに備え、電話の近くに救急医療に関する情報をまとめて掲示しておくと安心=渡辺千鶴さん提供
!

PC版トップページ変更、「ライフ」ジャンル新設のお知らせ(5/18)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】最新音楽ガジェットが集結

    春のヘッドフォン祭リポート

  • 【&TRAVEL】室町時代から続く祈りの旅路

    秩父札所めぐり

  • 【&M】俺の雑貨

    超コンパクト裁断機

  • 【&w】世界に一つしかない高級帽子

    「石田欧子 帽子展」

  • ブック・アサヒ・コム湊かなえ作品に山本周五郎賞

    三島賞は蓮實重彦「伯爵夫人」

  • WEBRONZA女性の職場の悩みを考える

    無料イベント、ゲストに弁護士

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドル

    伝説の美少女たちは今

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ