メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 脳卒中と寝たきり(2008年11月17日 夕刊)

    脳卒中は脳こうそく、脳出血、くも膜下出血の総称で、患者は約140万人。脳神経が傷つき、まひなどの後遺症がでることがある。寝たきりの原因の1位。

  • 救命救急センター(2012年11月11日 朝刊)

    急性心筋梗塞(こうそく)や脳卒中、頭部の外傷など命に危険が及びかねない、最も重い患者を24時間態勢で診る救急施設。人口100万人あたり最低1カ所の設置が目安で、全国に254カ所(6月時点)ある。

  • t—PA治療(2010年01月13日 朝刊)

    2005年10月に保険適用された血栓を溶かす薬。点滴で静脈注射する。効果は高いが、発症から3時間を過ぎて投与し、血栓の詰まりでもろくなった末梢(まっしょう)部分の血管に血液が再び流れ込むと、血管が破れて出血してしまう危険性がある。日本脳卒中学会の指針では、画像診断が24時間可能▽集中治療のための十分な人員と設備がある▽脳外科的処置が迅速に行える▽十分な治療実績がある——などの基準を満たす施設で治療をするのが「望ましい」とされている。

最新ニュース

バイエル薬品 血栓症啓発イベントを熊本で開催「世界血栓症デー2016 がまだせ熊本! ~血栓症にならないために~」(2016/9/29)

リリース発行企業:バイエル薬品株式会社~2016 年10 月9 日(日) 正しい血栓症の知識と予防法を学べる「サラサラCafe」オープン~●[続きを読む]

写真

  • エルサレムの大統領官邸でインタビューに応じるペレス氏=2014年2月4日、ダフナ・タル撮影
  • エルサレムの大統領官邸でインタビューに応じるペレス氏=2014年2月4日、ダフナ・タル撮影
  • 各地の公共図書館では医療情報の検索をサポートしてくれるところもあります。治療情報だけでなく、緩和ケアや闘病記など療養生活の助けになる情報もあります=渡辺千鶴さん提供
  • マイケル・マーモット(Michael Marmot) ロンドン大学疫学・公衆衛生学部教授、世界医師会会長。1945年ロンドン生まれ。4歳で豪州シドニーに家族と移住し、シドニー大医学部卒業。その後米カリフォルニア大バークリー校に留学。日本人が対象の疫学調査「Nihon San Study」に参加、博士号を取得。英国に戻り、国家公務員の健康追跡調査「ホワイトホール研究」に参加。WHO「健康の社会的決定要因に関する委員会」議長、英国医師会会長などを務める。2000年、英国王室から「Sir」(サー)の称号を受ける。著書に「ステータス症候群」(邦題、日本評論社)、「The Health Gap」など。
  • イスラエルのシモン・ペレス前大統領=AP
  • 「長寿者が多い沖縄」という話は海外にも広がった。93歳の男性から長寿の秘訣(ひけつ)を聞く米国の大学生たち=2009年、沖縄本島北部・今帰仁(なきじん)村
  • 試食販売会に並んだ「豊後高だし」=豊後高田市新町

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】宙舞う「自在龍」を見よ!

    てんらん・はくらん

  • 【&TRAVEL】一保堂茶舗・村上開新堂

    京都寺町通で老舗を巡る

  • 【&M】フィアット500ジェニオ

    日本のためだけの特別限定車

  • 【&w】戦前、女子大生だった祖母へ

    花のない花屋

  • ブック・アサヒ・コム広島カープの「物語」

    優勝の特徴をひもとく本

  • WEBRONZAノーベル賞、今年も当てます

    WEBRONZA恒例! 直前予想

  • 写真

    ハフポスト日本版 巨大ダコと戯れる美女

    「触手大好き」

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ