メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 脳卒中と寝たきり(2008年11月17日 夕刊)

    脳卒中は脳こうそく、脳出血、くも膜下出血の総称で、患者は約140万人。脳神経が傷つき、まひなどの後遺症がでることがある。寝たきりの原因の1位。

  • 救命救急センター(2012年11月11日 朝刊)

    急性心筋梗塞(こうそく)や脳卒中、頭部の外傷など命に危険が及びかねない、最も重い患者を24時間態勢で診る救急施設。人口100万人あたり最低1カ所の設置が目安で、全国に254カ所(6月時点)ある。

  • t—PA治療(2010年01月13日 朝刊)

    2005年10月に保険適用された血栓を溶かす薬。点滴で静脈注射する。効果は高いが、発症から3時間を過ぎて投与し、血栓の詰まりでもろくなった末梢(まっしょう)部分の血管に血液が再び流れ込むと、血管が破れて出血してしまう危険性がある。日本脳卒中学会の指針では、画像診断が24時間可能▽集中治療のための十分な人員と設備がある▽脳外科的処置が迅速に行える▽十分な治療実績がある——などの基準を満たす施設で治療をするのが「望ましい」とされている。

最新ニュース

世界的研究網が、がんと糖尿病などの疾患の秘密解明のカギとなる、遺伝学・環境要因間の失われた環を追求(2016/11/30)

世界的研究網が、がんと糖尿病などの疾患の秘密解明のカギとなる、遺伝学・環境要因間の失われた環を追求AsiaNet 66714(1554)【ドーハ(カタール)2016年11月30日 PR Newswi[続きを読む]

写真

  • 朝日歌壇の掲載作品を書きとめたノートを見ながら両親について語る近藤福代さん=長崎県佐世保市
  • 朝日歌壇の掲載作品を書きとめたノートを見ながら両親について語る近藤福代さん=長崎県佐世保市
  • 朝日歌壇の掲載作品を書きとめたノートを見ながら両親について語る近藤福代さん=長崎県佐世保市
  • 食べ物の知識を持つことの大切さについて高校生に話す金子さん(中央)=高槻高校
  • 糖尿病患者の眼底の写真を示し、生徒らに話す金子さん(右)=高槻高校
  • くも膜下出血後の脳動脈の直径
  • 地域ボランティアが運営するミニデイサービスの様子(本文とは関係ありません)=豊中市社協提供
  • 筋電義手を装着して練習する保坂幸平君(中央)と父尚史さん、母愛佳さん=秋田市
  • 脳卒中の経験や介護について、笑いを交えながら話す宮川大助・花子さん=秋田市中通2丁目の秋田ビューホテル
!

地域面の紙面イメージが一週間分読めるように

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】立体感で選んだカットソー

    渋谷で買ったモノ見せて

  • 【&TRAVEL】そろそろクリスマス

    人気のイルミネーション選

  • 【&M】留萌―増毛間まもなく廃止

    留萌線各駅と雪景色

  • 【&w】鑑賞券を10組20名に

    東京・マリメッコ展

  • ブック・アサヒ・コム梯久美子が見た昭和の妻

    島尾敏雄の妻・ミホの評伝

  • WEBRONZAタワマン階層カーストの内実

    課税見直し、うま味減る?

  • 写真

    ハフポスト日本版 ヴィクトリアズ・シークレット

    世界のトップモデルが美を競う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ