メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

臨床心理士

関連キーワード

  • 地域若者サポートステーション(2008年08月10日 朝刊)

    全国で約62万人いるとされる未就学、未就職の若者(主に15〜34歳)を対象に自立を支援する。厚生労働省と地方自治体の委託事業でNPO(非営利団体)などが設置し、キャリアカウンセラーや臨床心理士による個別相談、自立支援プログラムなどが利用できる。昨年度までに全国50カ所で開かれ、今年度は77カ所まで増える予定。

  • 大分被害者支援センター(2008年08月17日 朝刊)

    00年8月、旧野津町(現臼杵市)で起きた一家殺傷事件を受けて被害者支援の機運が高まり、03年7月、臨床心理士の金子進之助・別府大短期大学部教授が中心になり設立。犯罪被害者から電話や面談で相談を聞き、法律や心のケアの専門家を紹介したり、裁判や病院に付き添ったりしている。06年9月に社団法人化した。相談受け付けは平日午前10時〜午後4時(火、木曜は午後7時〜午後9時も)。相談番号は(097・532・7711)。

  • 児童養護施設の心理担当職員(2009年01月24日 朝刊)

    99年以降、被虐待児が10人以上いるなど一定の基準を満たすと、心理療法担当の職員の人件費を国と県が半分ずつ負担する。現在、県内の22児童養護施設に計38人(08年4月)の臨床心理士がいる。心理的ケアを受けている子どもの数は、心理士1人につき平均12人。心理士がいない施設がある一方、あゆみ学園のように、2人配置している施設もある。2人目以上の人件費は原則施設が負担する。

最新ニュース

『がんと診断されました 3大治療とゲノム医療』 12月12日発売!(2017/12/12)

リリース発行企業:株式会社朝日新聞出版手術・放射線治療・薬物療法と遺伝子医療をわかりやすく解説朝日新聞出版は12月12日、週刊朝日ムック「よくわかる!がん最新治療シリーズ」の第5弾として、『がんと診断…[続きを読む]

写真

  • 会見する鳴門教育大の山下一夫学長(右)と四国大の松重和美学長=県庁
  • 会見する鳴門教育大の山下一夫学長(右)と四国大の松重和美学長=県庁
  • いのちの電話にかかってくる悩みに応じる相談員=山梨いのちの電話提供
  • ショッピングセンターの買い物客に「SATOCO」を啓発する「おうみ犯罪被害者支援センター」のメンバー=守山市
  • <a href="/and_w/interest/gallery/bookcafe78/" class="ArticleLinkB"><span class="fwB">写真特集はこちら</span></a>
  • 岩原千絵さん
  • 堀河昌子さん(左)と大川哲次弁護士=大阪市天王寺区の「大阪被害者支援アドボカシーセンター」
  • 岩原千絵さん
  • ベッドがある睡眠実験室。実験では脳波計などを着ける=千葉県の江戸川大
  • ベッドがある睡眠実験室。実験では脳波計などを着ける=千葉県の江戸川大
  • 約220人が参加し、自殺対策について考えた=東京都千代田区の日本プレスセンタービル
  • 約220人が参加し、自殺対策について考えた=東京都千代田区の日本プレスセンタービル
!

サイト内記事検索をリニューアルしました

!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】香りも楽しめる進化系加湿器

    お手入れ簡単で衛生面でも安心

  • 写真

    【&TRAVEL】老舗洋菓子店の味、その場で

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 写真

    【&M】劇団ひとりはなぜ天才?

    テレ東・佐久間Pが語る天才論

  • 写真

    【&w】りんごのバターソテー

    高橋 良枝、日々の野菜帖

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム最後の長編小説と思っている

    「今度生まれたら小説家に…」

  • 写真

    WEBRONZA苦悩する連合 どこへ行く?

    歴史から考える「これから」

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗、浅草に現る!

    舞台とリンクする浅草の景色

  • 写真

    T JAPAN齋藤 薫が選ぶ

    2017年ベストコスメ

  • 写真

    ハフポスト日本版 2017年に亡くなった方々

    安らかに。

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ