メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自民党幹事長

関連キーワード

  • TPP(環太平洋経済連携協定)と自民党の姿勢(2013年07月03日 朝刊)

    太平洋を囲む国々が輸入品にかける関税をなくすなどして、ものやお金が自由に行き来する経済圏をつくる取り組みで、米国を含む11カ国が交渉中。安倍首相は「聖域なき関税撤廃」が前提ではないことを確認したとして3月に交渉参加を表明。石破茂・自民党幹事長はコメ、麦、牛・豚肉、乳製品、サトウキビの重要5品目について関税を撤廃しないことを参院選公約に入れる考えを示したが、最終的に公約は「国益にかなう最善の道を追求」との記述にとどまった。党の総合政策集には、5品目などの「聖域」が守られない場合は「脱退も辞さないものとする」と記されている。

  • 岸信介(1896〜1987)(2015年05月20日 朝刊)

    山口県出身。東京帝国大法学部卒業後、農商務省(のちに商工省)に入省。1936年に満州に渡り、満州国国務院実業部総務司長に就任。41年に東条英機内閣で商工相(のちに国務相兼軍需次官)として入閣した。戦後、A級戦犯容疑で巣鴨プリズンに収監。不起訴となり、48年に釈放された。55年の保守合同で自民党幹事長、57年に首相に就任した。60年に日米安全保障条約の改定を実現したものの、デモ隊の東大生が死亡するなどした混乱の責任を取り、退陣した。長女の夫が安倍晋太郎元外相。

最新ニュース

(時時刻刻)稲田氏擁護に限界 政権「内閣改造で交代」誤算 隠蔽疑惑関与、報道相次ぐ(2017/7/28)

 就任から約1年、言動が問題視され続けてきた稲田朋美防衛相が辞任の意向を固めた。引き金は、南スーダン国連平和維持活動(PKO)への派遣部隊が作成した日報をめぐる問題。安倍晋三首相が重用した稲田氏の辞任[続きを読む]

写真

  • 物議をかもした稲田朋美防衛相の主な言動
  • 物議をかもした稲田朋美防衛相の主な言動
  • 衆参予算委員会での加計問題をめぐる主な論点
  • 今後の主な政治日程
  • 中家徹氏
  • 野中広務氏
  • 厳しい開票状況を受け、報道陣の問いかけに答える自民党の二階俊博幹事長=2日午後9時42分、東京・永田町、川村直子撮影
  • 開票センターに入る自民党の下村博文・都連会長=2日午後8時3分、東京・永田町、西畑志朗撮影
  • 「風鳥」 絵・皆川明
  • 安倍晋三首相と3側近の結びつき
  • 安倍晋三首相と3側近の結びつき
  • 下村博文・自民党幹事長代行
  • 国会前で「辺野古埋め立てNO」「共謀罪NO」とメッセージを掲げる人たち=10日午後3時34分、東京都千代田区永田町、山本裕之撮影
  • 候補者の応援に駆けつけた「都民ファーストの会」の小池百合子代表=23日、東京都千代田区、仙波理撮影
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ