メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自民党総裁選

関連キーワード

  • 自民党総裁選(2015年12月19日 朝刊)

    立候補には20人の国会議員を推薦人として集める必要がある。野田氏は立候補をめざしたが、9月8日の告示日までに推薦人を集められず、断念。安倍首相が2001年8月の小泉純一郎元首相以来、約14年ぶりの無投票で再選した。総裁任期は3年。

  • 自民党総裁選の地方票(2012年09月24日 朝刊)

    地方票の300票は、各都道府県連にまず基礎票として3票ずつ(計141票)を割り当て、残り159票を党員数に応じて振り分ける。持ち票が最も多いのは東京都連の16票。最少は岩手、徳島、沖縄など8県連の4票。地方票は都道府県連ごとに党員投票の得票数に応じ、ドント方式で配分される。

  • 憲法改正の論議(2013年06月21日 朝刊)

    2007年、第1次安倍晋三政権で憲法改正の手続きを定めた国民投票法が制定された。衆参両院に憲法審査会が設置され、11年から本格的に各党間の議論が進んでいる。12年の自民党総裁選に立候補した安倍首相が、憲法改正の発議要件を定めた96条の改正に取り組むことを表明。現行では、衆参両院で総議員の「3分の2」の賛成が必要だが、これを「過半数」に改めるべきだと主張している。

最新ニュース

写真・図版

(日曜に想う)解散劇、常道から奇策へ 編集委員・曽我豪(2017/9/24)

 あれは、安倍晋三氏が自民党総裁選へ返り咲きの出馬を決断する直前のことだった。自民党の先輩議員が出馬を思いとどまるよう説いた。 ――体の問題で首相を辞めたことを世間は忘れていない。ここは谷垣禎一総裁を…[続きを読む]

写真

  • 「見ためと違う」 絵・皆川明
  • 安倍晋三首相
  • 仙谷由人氏
  • 野田聖子総務相
  • 梶山静六元官房長官の墓参りを行う菅義偉官房長官=茨城県常陸太田市、岩尾真宏撮影
  • 菅義偉官房長官
  • 内閣改造の「効果」と支持率(16年3月以前の民進党支持率は民主党支持率)
  • 政治塾「輝照塾」の設立を発表し、会見する若狭勝衆院議員=7日午後、長島一浩撮影
  • 記者会見する安倍晋三首相=3日午後、首相官邸、長島一浩撮影
  • 内閣改造について記者会見する安倍晋三首相=3日午後、首相官邸、岩下毅撮影
  • <新布陣で始動> 初閣議を終え、記念写真に納まる第3次安倍・第3次改造内閣の閣僚たち=3日午後、首相官邸、岩下毅撮影
  • 会見の冒頭に頭を下げる安倍晋三首相=3日午後、首相官邸
  • 改造内閣の特徴は……
  • 野田聖子総務相=3日、首相官邸
  • 石破茂氏
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ