メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自民党

関連キーワード

  • 自民党総裁選(2015年12月19日 朝刊)

    立候補には20人の国会議員を推薦人として集める必要がある。野田氏は立候補をめざしたが、9月8日の告示日までに推薦人を集められず、断念。安倍首相が2001年8月の小泉純一郎元首相以来、約14年ぶりの無投票で再選した。総裁任期は3年。

  • 自民党(2008年09月11日 朝刊)

    同党は毎年、12月末を締め切りに党員を集めている。党費は年4千円。昨年は約110万人で、前年より約9万人減。最も多かった91年(約547万人)の約2割で、党員数は98年から10年続けて減っている。党組織本部長の坂本剛二衆院議員が減少の主な理由に挙げるのは、参院比例区の制度が01年、候補者の名簿順位を事前に決めない非拘束名簿方式に変わったことだ。名簿上位に名前を載せるため大量の党員を集める必要がなくなった。さらに、公共事業削減で建設業界の党員が減り続けるなど党の政策への反発もあるとみられる。

  • 自民党と民主党(2008年09月07日 朝刊)

    96年9月の旧民主党結党以来、衆右参院各4回ずつの国政選挙が行われた。その間、民主党が衆参両院で徐々に議席を増やしてきた。だが05年9月の衆院選で自民党が歴史的大勝を収め、公明党と合わせ定数の3分の2を超える巨大与党に。一方、07年7月の参院選では、民主党が非改選分と合わせて109議席を占め第1党に。自民党は公明党と合わせても参院で過半数を割り込み、「ねじれ国会」状態が出現した。このまま「ねじれ」が続くのか、解消されるのか。近づく衆院選が注目される。

最新ニュース

写真・図版

政権に審判 衆院選きょう投開票 あす未明には大勢判明(2017/10/22)

 第48回衆院選は22日、投開票される。各党党首は選挙戦最終日の21日、全国各地で支持を訴えた。12日間の選挙戦は、5年間の安倍政権を信認するかどうかが問われ、憲法改正や消費税、原発、森友・加計(かけ…[続きを読む]

写真

  • 衆院選でポイントになる議席数
  • 今回の衆院選で「気になる」数字を挙げてみると…
  • 主要政策をめぐる各党の立ち位置
  • 候補者や党幹部らの訴えを聞く有権者たち=21日午後6時14分、東京都内、北村玲奈撮影
  • 投票日前夜、多くの有権者が候補者や党幹部の訴えに耳を傾けていた=21日午後6時23分、東京都内、関田航撮影
  • 『国家がなぜ家族に干渉するのか 法案・政策の背後にあるもの』
  • 雨の中、傘を差しながら候補者の最後の訴えを聞く有権者ら=東松山市
  • 安倍晋三首相
  • 今回の衆院選で「気になる」数字を挙げてみると…
  • 589候補のツイートにはどんな言葉がどのくらい含まれているのか、画像で表現した(米クリムゾン・ヘキサゴン社のソーシャルメディア分析システムで作成)
  • 絶対得票数は低くても、第1党の議席占有率は圧倒的
  • 自民党との政策的な距離
  • 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて工事が進む選手村の予定地=18日、東京・晴海
  • 乗降客が多い駅のコンコースで政党のパンフレットを配る運動員=川越市内(画像の一部を加工しています)
  • 生活保護世帯から専門学校に進み、保育士となった女性がシンポジウムで進学支援の充実を訴えた=1日、大阪市
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ