メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自民党

関連キーワード

  • 自民党総裁選(2015年12月19日 朝刊)

    立候補には20人の国会議員を推薦人として集める必要がある。野田氏は立候補をめざしたが、9月8日の告示日までに推薦人を集められず、断念。安倍首相が2001年8月の小泉純一郎元首相以来、約14年ぶりの無投票で再選した。総裁任期は3年。

  • 自民党(2008年09月11日 朝刊)

    同党は毎年、12月末を締め切りに党員を集めている。党費は年4千円。昨年は約110万人で、前年より約9万人減。最も多かった91年(約547万人)の約2割で、党員数は98年から10年続けて減っている。党組織本部長の坂本剛二衆院議員が減少の主な理由に挙げるのは、参院比例区の制度が01年、候補者の名簿順位を事前に決めない非拘束名簿方式に変わったことだ。名簿上位に名前を載せるため大量の党員を集める必要がなくなった。さらに、公共事業削減で建設業界の党員が減り続けるなど党の政策への反発もあるとみられる。

  • 自民党と民主党(2008年09月07日 朝刊)

    96年9月の旧民主党結党以来、衆右参院各4回ずつの国政選挙が行われた。その間、民主党が衆参両院で徐々に議席を増やしてきた。だが05年9月の衆院選で自民党が歴史的大勝を収め、公明党と合わせ定数の3分の2を超える巨大与党に。一方、07年7月の参院選では、民主党が非改選分と合わせて109議席を占め第1党に。自民党は公明党と合わせても参院で過半数を割り込み、「ねじれ国会」状態が出現した。このまま「ねじれ」が続くのか、解消されるのか。近づく衆院選が注目される。

最新ニュース

自公が一代限り支持 退位意見聴取、民共は恒久制度推す(2017/2/20)

 天皇陛下の退位をめぐり、衆参の正副議長は20日午前、衆院議長公邸で10の政党と会派の代表者から個別に意見聴取を始めた。自民、公明両党はいまの陛下一代限りの退位を可能とする特例法を推す一方、民進、共産[続きを読む]

自民党をコトバンクで調べる

写真

  • 天皇陛下の退位をめぐる意見聴取の後、会見する(左から)自民党の高村正彦副総裁、茂木敏充政調会長=20日午前9時47分、東京・永田町、越田省吾撮影
  • 渡部恒三さん=会津若松市城東町の自宅
  • 高村正彦氏
  • 走行試験を再開したフリーゲージトレイン=昨年12月3日、熊本県八代市のJR新八代駅
  • 走行試験を再開したフリーゲージトレイン=昨年12月3日、熊本県八代市のJR新八代駅
  • イチゴを試食する野田佳彦・民進党幹事長=栃木県真岡市、松井望美撮影
  • 二階俊博・自民党幹事長

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】見せるデザインを採用

    進化したホットプレート選び

  • 【&TRAVEL】歴史も文化もまとう服

    蓬萊島の誘惑

  • 【&M】超ド級「フェラーリF40」

    小川フミオのモーターカー

  • 【&w】外猫たちのありのままの姿

    気ままに猫だもん。

  • ブック・アサヒ・コム漫画大好き!織田信成

    「面白そうだったら何でも」

  • WEBRONZA小保方氏の人権を侵害したか

    NHK番組にBPO勧告

  • 写真

    ハフポスト日本版 あさま山荘から45年

    視聴率90%、日本中が息をのむ

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ