メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自民党

関連キーワード

  • 自民党総裁選(2015年12月19日 朝刊)

    立候補には20人の国会議員を推薦人として集める必要がある。野田氏は立候補をめざしたが、9月8日の告示日までに推薦人を集められず、断念。安倍首相が2001年8月の小泉純一郎元首相以来、約14年ぶりの無投票で再選した。総裁任期は3年。

  • 自民党(2008年09月11日 朝刊)

    同党は毎年、12月末を締め切りに党員を集めている。党費は年4千円。昨年は約110万人で、前年より約9万人減。最も多かった91年(約547万人)の約2割で、党員数は98年から10年続けて減っている。党組織本部長の坂本剛二衆院議員が減少の主な理由に挙げるのは、参院比例区の制度が01年、候補者の名簿順位を事前に決めない非拘束名簿方式に変わったことだ。名簿上位に名前を載せるため大量の党員を集める必要がなくなった。さらに、公共事業削減で建設業界の党員が減り続けるなど党の政策への反発もあるとみられる。

  • 自民党と民主党(2008年09月07日 朝刊)

    96年9月の旧民主党結党以来、衆右参院各4回ずつの国政選挙が行われた。その間、民主党が衆参両院で徐々に議席を増やしてきた。だが05年9月の衆院選で自民党が歴史的大勝を収め、公明党と合わせ定数の3分の2を超える巨大与党に。一方、07年7月の参院選では、民主党が非改選分と合わせて109議席を占め第1党に。自民党は公明党と合わせても参院で過半数を割り込み、「ねじれ国会」状態が出現した。このまま「ねじれ」が続くのか、解消されるのか。近づく衆院選が注目される。

最新ニュース

溺れるアベノミクスは放送法4条をもつかむのか(2018/4/27)

 放送法4条という条文を規制と捉え、これを撤廃して改革する必要があると安倍首相が今年に入って繰り返し言うので、官邸主導の会議体である規制改革推進会議にて具体的に検討するかもしれないという話題が、法律を…[続きを読む]

写真

  • 平成の危機と政官の対応
  • 政府の借金の対GDP比
  • 26日の与野党の動き
  • 衆院解散をめぐる発言
  • 民進・希望の議員はどこへ行く
  • 26日の与野党の動き
  • インタビューに答える秋元克広札幌市長=札幌市役所、豊間根功智撮影
  • 衆院解散をめぐる発言
  • 衆院予算委で、「空回し」が続く中、麻生太郎財務相(左)と言葉を交わす安倍晋三首相=26日午前10時10分、岩下毅撮影
  • 国民投票の結果例にみる改憲の承認・不承認のきめ方
  • 石破派の会合であいさつする自民党の石破茂元幹事長=26日午後、東京都千代田区、岩尾真宏撮影
  • 細田博之・自民党憲法改正推進本部長
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ