メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自然エネルギー

関連キーワード

  • 自然エネルギー(2014年02月16日 朝刊)

    風力や地熱、太陽光など発電に使える資源で、再生可能エネルギーとも呼ばれる。自然エネで発電した電気を電力会社が一定価格で15〜20年間買い取る「固定価格買い取り制度」が2012年に始まり、広がった。まだ国内の全発電量の1割に満たない。原発が1カ所で大量に発電する「一極集中型」なのに対し、各地で生かせる「分散型」のエネルギー源として自治体が注目する。

  • 自然エネルギーの固定価格買い取り制度(2012年07月02日 朝刊)

    自然エネルギーで発電した電気を全量、固定価格で買い取る。買い取り額は太陽光が1キロワット時当たり42円(出力10キロワット以上)、風力が23・1円(同20キロワット以上)、地熱が27・3円(同1・5万キロワット以上)などとされた。買い取り費用は電気利用者への賦課金で賄われ、1キロワット時当たり0・22円が電気料金に上乗せされる。1カ月で300キロワット時の電気を使う平均的な家庭で66円の上乗せとなり、既存の太陽光発電買い取り制度の上乗せ分を加えると、東京電力管内で84円、中部電力管内で99円が上乗せとなる。

  • グリーン電力証書(2009年10月29日 朝刊)

    原子力や火力で発電しても、自然エネルギーから得た電力でも、電力としての価値に差はない。だが自然エネルギーは発電時に二酸化炭素の排出が少なく、地球温暖化につながりにくい。こんな環境面の価値を生かそうと、第三者機関「グリーンエネルギー認証センター」が自然エネルギーの発電者を認証。証書を購入すれば、消費電力の中からその分だけ自然エネルギーを使ったとみなせる。公表も出来る。身近な環境貢献策で、二酸化炭素の排出量取引と似ている。

最新ニュース

Looop、住宅用太陽光発電向けプレミアム買取キャンペーン開始(2016/07/26)

株式会社Looop(本社:東京都文京区、代表取締役社長 CEO:中村 創一郎、以下 Looop)は、2016年7月26日(火)より、住宅用太陽光発電のプレミアム買取キャンペーン「Looop Home [続きを読む]

写真

  • 植物工場内でトマトの手入れをする学生=いずれも千葉県松戸市
  • 帰国後、インタビューに応じる孫正義社長=19日、東京都港区
  • 地域でつくるエネルギー<グラフィック・白岩淳>
  • 体内にある放射性物質を測定するホールボディーカウンター。椅子に座ったまま測定できる=2016年3月、ベラルーシ・ミンスクのアトムテックス社、竹内敬二撮影

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】ポップな手染め麻の絵ふきん

    「日本代表」いい仕事品

  • 【&TRAVEL】食&スパで極楽プーケット旅

    「世界美食紀行」タイ編

  • 【&M】京都・ぎをん「浜作」の逸品

    ご飯が進む「ちりめん山椒」

  • 【&w】夏の原風景、『金魚ノ歌』

    ほんやのほん

  • ブック・アサヒ・コム川上弘美の小さな世界

    掌編集「このあたりの人たち」

  • WEBRONZAヘリマネは現代の「徳政令」

    政府が自らの債務棒引き→救済

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ