メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自然エネルギー

関連キーワード

  • 自然エネルギー(2014年02月16日 朝刊)

    風力や地熱、太陽光など発電に使える資源で、再生可能エネルギーとも呼ばれる。自然エネで発電した電気を電力会社が一定価格で15〜20年間買い取る「固定価格買い取り制度」が2012年に始まり、広がった。まだ国内の全発電量の1割に満たない。原発が1カ所で大量に発電する「一極集中型」なのに対し、各地で生かせる「分散型」のエネルギー源として自治体が注目する。

  • 自然エネルギーの固定価格買い取り制度(2012年07月02日 朝刊)

    自然エネルギーで発電した電気を全量、固定価格で買い取る。買い取り額は太陽光が1キロワット時当たり42円(出力10キロワット以上)、風力が23・1円(同20キロワット以上)、地熱が27・3円(同1・5万キロワット以上)などとされた。買い取り費用は電気利用者への賦課金で賄われ、1キロワット時当たり0・22円が電気料金に上乗せされる。1カ月で300キロワット時の電気を使う平均的な家庭で66円の上乗せとなり、既存の太陽光発電買い取り制度の上乗せ分を加えると、東京電力管内で84円、中部電力管内で99円が上乗せとなる。

  • グリーン電力証書(2009年10月29日 朝刊)

    原子力や火力で発電しても、自然エネルギーから得た電力でも、電力としての価値に差はない。だが自然エネルギーは発電時に二酸化炭素の排出が少なく、地球温暖化につながりにくい。こんな環境面の価値を生かそうと、第三者機関「グリーンエネルギー認証センター」が自然エネルギーの発電者を認証。証書を購入すれば、消費電力の中からその分だけ自然エネルギーを使ったとみなせる。公表も出来る。身近な環境貢献策で、二酸化炭素の排出量取引と似ている。

最新ニュース

南九州自然エネルギーファンド第3号投資案件 鹿児島県薩摩川内市におけるメガソーラー発電所完工のお知らせ(2017/1/23)

リリース発行企業:自然電力株式会社 自然電力株式会社(本社:福岡県福岡市中央区荒戸/代表取締役:磯野謙、川戸健司、長谷川雅也、以下「自然電力」)は、九州南部3県(鹿児島・宮崎・熊本)を主な投資対象地域[続きを読む]

自然エネルギーをコトバンクで調べる

写真

  • 知事選2017
  • バイオマス発電所と野坂山=12月15日、筆者撮影

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】電子マネー派必見!

    使える極小・高機能財布

  • 【&TRAVEL】雪見の露店風呂でのんびり

    にっぽんの逸品・乳頭温泉郷

  • 【&M】異次元酒場「シャンテン」

    麻雀をさかなに飲み明かす

  • 【&w】韓国の巻きずし、キンパプ

    新連載「すしレシピ」

  • ブック・アサヒ・コム仏の郊外に排除の空間

    大佛次郎論壇賞の森千香子

  • WEBRONZA本当は恐いビタミン剤

    「むしろ有害である可能性」

  • 写真

    ハフポスト日本版 彼女が着物をまとったら

    女優たちの艶やかな姿

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ