メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

自衛隊法

関連キーワード

  • 破壊措置命令(2013年05月22日 朝刊)

    弾道ミサイルの被害を防ぐため防衛相がミサイル破壊を指示する。2005年の自衛隊法改正で可能になった。(1)日本に飛来する恐れがある場合、首相の承認を得て命じる(2)恐れがあるとまでは言えないが事態が急変し首相の承認を得られない場合に備えて前もって命じる——2種類。これまで4回は(2)に基づく。

  • マイナー自衛権(2014年02月06日 朝刊)

    日本に対する武力攻撃とまでは言えない緊急事態が起こった場合の自衛隊の武器使用をめぐる対応を指す。自衛隊法では、外国から明確な武力攻撃があった場合は自衛権の発動となる「防衛出動」により武力行使ができるが、それ以外のケースでは武器使用が厳しく制限されている。首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」で、外国潜水艦が領海侵入し、退去要求に応じない場合の実力行使の是非について議論されている。

  • 緊急発進(スクランブル)(2014年10月06日 朝刊)

    国籍不明機が領空を侵犯する恐れがある時、日本の戦闘機などが緊急に発進し、自衛隊法84条に基づいて強制的に着陸、または退去させるための対領空侵犯措置を実施するもの。日本の防空識別圏はレーダーサイトや早期警戒帰空中警戒管制機などによって24時間体制で警戒されている。航空自衛隊が緊急発進する基地は千歳基地(北海道)、百里基地(茨城県)、小松基地(石川県)、那覇基地(沖縄県)など。

最新ニュース

写真・図版

「グアム射程」誇示か ミサイル日本上空通過 北朝鮮、挑発続行(2017/8/30)

 北朝鮮は29日朝、平壌近郊から弾道ミサイル1発を発射し、国際社会と対決する姿勢を改めて鮮明にした。日米韓3カ国は、中距離弾道ミサイル「火星(ファソン)12」(射程4千~5千キロ)とみて分析を進めてい…[続きを読む]

自衛隊法をコトバンクで調べる

写真

  • 街頭のモニターに映し出された北朝鮮のミサイルに関するニュースを見つめる人たち=29日午後8時17分、東京都千代田区、池田良撮影
  • ミサイル発射による列車の遅れを伝えるJR札幌駅の電光掲示板=29日午前7時8分、札幌市、今泉奏撮影
  • 首相官邸で記者の質問に答える河野太郎外相=29日午前11時18分、岩下毅撮影
  • 柳沢協二さん=畑川剛毅撮影
  • 会見する稲田朋美防衛相=28日午前、東京都新宿区の防衛省、金川雄策撮影
  • 会見する稲田朋美防衛相=28日、防衛省、金川雄策撮影
  • 1人で対応できるのか
  • 会見する稲田朋美防衛相=28日午前10時53分、東京都新宿区の防衛省、金川雄策撮影
  • 記者会見する稲田朋美防衛相=28日午前10時46分、東京都新宿区の防衛省、仙波理撮影
  • 海上自衛隊呉地方総監部を訪問した稲田朋美防衛相=3日午前、広島県呉市、相原亮撮影
  • 映画の一場面。野崎健美さん、美晴さん兄弟(右から)〈タキオンジャパン提供〉
  • 会見する稲田朋美防衛相=30日午前、東京都新宿区、川村直子撮影
  • 会見する稲田朋美防衛相=30日午前、東京都新宿区、川村直子撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ