メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

航空自衛隊

関連キーワード

  • 航空自衛隊百里基地(2010年02月11日 朝刊)

    前身は1938年開設の旧日本海軍百里ケ原航空隊。56年に航空自衛隊の基地建設が計画され、66年に百里基地として正式に発足した。地元には反対の声も多く、用地買収は困難を極めた。現在、関東で唯一、戦闘機の運用が認められている。航空自衛隊唯一の偵察部隊もある。

  • 茨城空港(2015年03月11日 朝刊)

    正式名称は「百里飛行場」。航空自衛隊百里基地(小美玉市)を民間共用化する形で、2010年3月11日、国内98番目の空港として開港した。国が約220億円をかけて建設し、県は3分の1にあたる約70億円を負担。新設した空港ビルは、県開発公社が33億円で建てた。開港時、唯一就航していたソウル便は東日本大震災で運休。週8往復の上海便は、搭乗率9割近くと好調だ。

  • 新千歳空港と千歳空港(2008年07月21日 朝刊)

    新千歳空港は、3千メートル滑走路が2本あり、2本目のB滑走路は96年に供用開始した。「新千歳」の呼称は、旧「千歳空港」(現在の千歳飛行場)と区別するため名づけられた。千歳飛行場は航空自衛隊千歳基地の施設で、3千メートルと2700メートルの滑走路がある。

最新ニュース

機長らの高度誤認が原因 浜松沖ヘリ墜落(2018/2/15)

 浜松市沖で昨年10月、航空自衛隊のUH60Jヘリコプターが墜落した事故で、防衛省は14日、機長のパイロットらが高度を誤認したことなどが事故原因だったと発表した。 事故は、昨年10月17日夕に発生。ヘ…[続きを読む]

航空自衛隊をコトバンクで調べる

写真

  • 様々な飛行機模型が展示された=静岡市駿河区
  • ドライブレコーダーに映ったヘリの墜落の軌跡(動画から合成)(佐賀城北自動車学校提供)
  • ドライブレコーダーに映ったヘリの墜落の軌跡(動画から合成)=佐賀城北自動車学校提供
  • 初の飛行任務で離陸する自衛隊最大の輸送機C2=31日午前、埼玉県狭山市の航空自衛隊入間基地、藤田直央撮影
  • 羽田空港の展望デッキに立つ柳田邦男さん=羽田空港、伊ケ崎忍撮影
  •   
  • 航空自衛隊三沢基地に到着したF35A戦闘機の配備初号機=青森県三沢市、鵜沼照都撮影
  • F35A戦闘機の前であいさつする鮫島建一第3航空団司令兼三沢基地司令=青森県三沢市、鵜沼照都撮影
  • 到着したF35Aを撮影する報道陣=青森県三沢市
  • 航空自衛隊三沢基地に到着したF35A戦闘機の配備初号機=青森県三沢市
  • 入院先の病院で噴火当時の状況を話す松沢貞雄さん。肺を損傷したため、鼻にチューブを装着している=25日、群馬県東吾妻町
  • 入院先の病院で噴火当時の状況を話す松沢貞雄さん。肺を損傷したため、鼻にチューブを装着している=25日、群馬県東吾妻町
  • 試食会で披露された第42警戒群の新作「空上げ」=大湊分屯基地
  • 落下したドローン(左下)=昨年11月4日午後2時40分ごろ、岐阜県大垣市、イベント参加者提供
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ