メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月31日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

花粉シーズン到来

関連キーワード

  • 花粉症(2016年03月08日 夕刊)

    スギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギなどの花粉によって引き起こされるアレルギー疾患。花粉が体内に入り込み続けると、アレルギー反応につながる物質(抗体)が許容量を超えて発症するといわれる。くしゃみや鼻水、涙といった症状がひどくなった場合、日常生活にも影響することがある。

  • スギ花粉症(2008年11月12日 夕刊)

    全国の耳鼻咽喉科医とその家族約1万7千人にきいた98年の調査では、患者の割合は約16%。最も多い30代、40代では約25%にのぼった。

  • セイタカアワダチソウ(2011年11月06日 朝刊)

    北米が原産地のキク科の多年草。高さは1〜3メートルになる。観賞用に輸入され、1950年代以降全国に広がった。1株数千個もある種子と地下茎の二つの方法で繁殖するため一気に増加し、周囲の植物に影響を与える。かつてはブタクサと間違えられるなど花粉症の原因にされていたが、花粉が重く、遠くまで飛散しないため、現在は否定されている。

最新ニュース

東裕也さん(右)にMRI画像の説明をする主治医の佐藤俊さん=東京都文京区の日本医大病院

【まとめて読む】くしゃみがきっかけ 頭痛に苦しむ(2016/07/31)

 頭痛のきっかけは、くしゃみでした。東京都葛飾区の会社員、東裕也さん(46)は今春、職場で激しいくしゃみをしたら、首の後ろに痛みが走りました。その後、午後になると頭が痛み、立っていられないこともありま[続きを読む]

写真

  • 東裕也さん(右)にMRI画像の説明をする主治医の佐藤俊さん=東京都文京区の日本医大病院
  • 田中真琴さん
  • 田中真琴さん  
  • 脳脊髄液減少症と診断されて入院した東裕也さん=本人提供
  • 脳脊髄液減少症と診断されて入院した東裕也さん=本人提供
  • 自宅敷地内にある養蜂場。巣枠にはミツバチがびっしり群がっていた
  • ハチから身を守るには
  • 自民党のポスター
  • Pink Lemonade

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】読書家必携

    専用ブラシでお手入れ

  • 【&TRAVEL】暮らしたくなるボルドー旅行

    あの街の素顔

  • 【&M】低カロリーのうれしい薬膳麺

    三倉茉奈さんのイケ麺

  • 【&w】パリの空の下で料理研修

    フードディレクター・野村友里

  • ブック・アサヒ・コム中澤佑二のコミック履歴書

    好きだったのは「オフサイド」

  • WEBRONZA稀勢の里、本当の実力とは

    横綱は“爆発力”示さないと

  • 写真

    ハフポスト日本版 蘇る「大正三美人」の姿

    大正浪漫に華を添えた女性たち

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ