メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

花粉シーズン到来

関連キーワード

  • 花粉症(2017年03月01日 朝刊)

    体内に入った花粉を異物と認識して抗体を作る「免疫反応」が過剰になって起こるアレルギー疾患。花粉を体外に出そうとして、くしゃみや鼻水、涙などの症状が出る。最も多いのはスギ花粉症で、2008年に実施された全国的な調査では、スギ花粉症の有病率は26.5%。子どもも発症し、5〜9歳で13.7%、10〜19歳では31.4%だった。春に多いスギやヒノキのほか、春から初秋にかけてはカモガヤなどのイネ科、夏から秋にかけてブタクサやヨモギなどキク科の花粉が原因となる場合もある。

  • スギ花粉症(2008年11月12日 夕刊)

    全国の耳鼻咽喉科医とその家族約1万7千人にきいた98年の調査では、患者の割合は約16%。最も多い30代、40代では約25%にのぼった。

  • セイタカアワダチソウ(2011年11月06日 朝刊)

    北米が原産地のキク科の多年草。高さは1〜3メートルになる。観賞用に輸入され、1950年代以降全国に広がった。1株数千個もある種子と地下茎の二つの方法で繁殖するため一気に増加し、周囲の植物に影響を与える。かつてはブタクサと間違えられるなど花粉症の原因にされていたが、花粉が重く、遠くまで飛散しないため、現在は否定されている。

最新ニュース

一生飲み続けなくてはいけないと言われたアレルギーの薬を、たった1回の正しいファスティングで断薬!「人生が変わった!ファスティング入門講座」を開講!(2017/8/16)

~ファスティングをはじめとする食育の普及を手がける Fastastic College ファスタスティック・カレッジ は、8月19日・30日 渋谷・新宿にて正しいファスティングの入門講座を開催致します[続きを読む]

写真

  • ハッカ油スプレー=外山亮一撮影
  • 箱入(はこい)りティッシュの仕組(しく)み
  • スマホ診療の流れ/患者のメリット/医師のメリット<グラフィック・福宮千秋>
  • 緑の堤防が守る後川(四万十川支流) 写真/森 千里
  • 遺伝子組み換え作物は
  • 「アレルギー疾患医療提供体制の在り方に関する検討会」で、報告書案が示された=東京都港区
  • ドライバーの目を引く看板や貼り紙。逆さになった「前髪十円」も実はウソ。「前髪のみ」は無料だ=直方市新町
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ