メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

花粉シーズン到来

関連キーワード

  • 花粉症(2013年03月25日 夕刊)

    花粉が体内に入り続けると、アレルギー反応につながる物質(抗体)が許容量を超えて発症するとされる。体の免疫反応が花粉に過剰に反応し、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出る。3〜5人に1人がその症状に悩んでいるとされる。スギとヒノキのほか、ブタクサやヨモギ、ハンノキなどの花粉が原因となることもある。

  • スギ花粉症(2008年11月12日 夕刊)

    全国の耳鼻咽喉科医とその家族約1万7千人にきいた98年の調査では、患者の割合は約16%。最も多い30代、40代では約25%にのぼった。

  • セイタカアワダチソウ(2011年11月06日 朝刊)

    北米が原産地のキク科の多年草。高さは1〜3メートルになる。観賞用に輸入され、1950年代以降全国に広がった。1株数千個もある種子と地下茎の二つの方法で繁殖するため一気に増加し、周囲の植物に影響を与える。かつてはブタクサと間違えられるなど花粉症の原因にされていたが、花粉が重く、遠くまで飛散しないため、現在は否定されている。

最新ニュース

花粉症情報サイト「花粉症ナビ」が更に使いやすく!(2014/12/19)

リリース発行企業:協和発酵キリン株式会社協和発酵キリン株式会社(本社:東京、代表取締役社長:花井 陳雄、以下「協和発酵キリン」)は、自社ウェブサイト内にある花粉症情報サイトおよびスマートフォン専用アプ[続きを読む]

PR情報

写真

  • 大きく実った特産「ジャバラ」の収穫が始まった=北山村
  • バスクリン本社に飾られている明治時代の「中将湯」の看板
  • アレルギー疾患のうつりかわり

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング雨や雪でもぬれない防水靴下

    徹底した防寒対策で冬に勝つ

  • ブック・アサヒ・コム映画人よ、昔の名画に関心を

    美術監督13人の業績つづる

  • 【&M】武井咲、剛力彩芽が晴れ着姿

    オスカー所属の11人が撮影会

  • 【&w】NYにも「猫カフェ」登場

    身寄りのない猫の引き取りにも

  • AstandSTAP騒動とは何だったのか

    発見から現在までをふりかえる

  • 写真

    ハフポスト日本版 ゲバラ、カストロ、ケネディ

    世界は再びキューバに注目

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報