メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月01日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

花粉シーズン到来

関連キーワード

  • 花粉症(2013年03月25日 夕刊)

    花粉が体内に入り続けると、アレルギー反応につながる物質(抗体)が許容量を超えて発症するとされる。体の免疫反応が花粉に過剰に反応し、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出る。3〜5人に1人がその症状に悩んでいるとされる。スギとヒノキのほか、ブタクサやヨモギ、ハンノキなどの花粉が原因となることもある。

  • スギ花粉症(2008年11月12日 夕刊)

    全国の耳鼻咽喉科医とその家族約1万7千人にきいた98年の調査では、患者の割合は約16%。最も多い30代、40代では約25%にのぼった。

  • セイタカアワダチソウ(2011年11月06日 朝刊)

    北米が原産地のキク科の多年草。高さは1〜3メートルになる。観賞用に輸入され、1950年代以降全国に広がった。1株数千個もある種子と地下茎の二つの方法で繁殖するため一気に増加し、周囲の植物に影響を与える。かつてはブタクサと間違えられるなど花粉症の原因にされていたが、花粉が重く、遠くまで飛散しないため、現在は否定されている。

最新ニュース

「えのき」が糖尿病の予防・改善に効果があることが判明。東京農業大学・JA中野市が共同研究成果報告会を実施。(2014/08/19)

リリース発行企業:中野市農業協同組合 東京農業大学 江口教授 臨床実験による効果実証東京農業大学では“きのこ研究の第一人者”である、江口文陽(えぐち ふみお)教授と、きのこ生産日本一の市、長野県中野市[続きを読む]

PR情報

写真

  • 「夏休みの宿題 朝日」で検索して下さい
  • 島根大病院が初めて出した紹介本
  • 新発売の北山村特産「ジャバラ」を使ったせっけん
  • 降水確率50%で傘持って行く?
  • アレルギー、皮膚から?
  • 芝生の園庭で走り回る園児たち。みんなで寝転がって空を見ることも=松本市島内の小宮保育園

注目コンテンツ

  • ショッピング仕入れは常にギャンブル

    半額以下で買える希少な隕石

  • ブック・アサヒ・コム長編小説読んで脳内旅行

    土方歳三の一生、じっくりと

  • 【&M】靴のシワを防ぐための手段

    出石尚三 紳士服飾研究

  • 【&w】「信州のお茶うけ」本を5名に

    大平一枝新刊をプレゼント

  • Astand羽生結弦の新プログラム

    聞こえて来た囁き声はあの曲!

  • 写真

    ハフポスト日本版 北朝鮮で働く女性たちの素顔

    アメリカ人がとらえた、北朝鮮の日常の姿。

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報