メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

花粉シーズン到来

関連キーワード

  • 花粉症(2013年03月25日 夕刊)

    花粉が体内に入り続けると、アレルギー反応につながる物質(抗体)が許容量を超えて発症するとされる。体の免疫反応が花粉に過剰に反応し、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出る。3〜5人に1人がその症状に悩んでいるとされる。スギとヒノキのほか、ブタクサやヨモギ、ハンノキなどの花粉が原因となることもある。

  • スギ花粉症(2008年11月12日 夕刊)

    全国の耳鼻咽喉科医とその家族約1万7千人にきいた98年の調査では、患者の割合は約16%。最も多い30代、40代では約25%にのぼった。

  • セイタカアワダチソウ(2011年11月06日 朝刊)

    北米が原産地のキク科の多年草。高さは1〜3メートルになる。観賞用に輸入され、1950年代以降全国に広がった。1株数千個もある種子と地下茎の二つの方法で繁殖するため一気に増加し、周囲の植物に影響を与える。かつてはブタクサと間違えられるなど花粉症の原因にされていたが、花粉が重く、遠くまで飛散しないため、現在は否定されている。

最新ニュース

内臓も冷えている!?女性の大敵!夏の冷えとは?(2015/07/21)

「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、公式サイト『ウェルラボ』(http://www.well-lab.jp/)にて、新たなコンテンツを発表いたしました。以下にご紹介いたし[続きを読む]

PR情報

写真

  • アミノ酸のD体も分析できる装置。浜瀬准教授が手にする独自の部品を通して分離させながら測定する=福岡市の九州大
  • アミノ酸のD体も分析できる装置。浜瀬准教授が手にする独自の部品を通して分離させながら測定する=福岡市の九州大
  • ナノサイズのカプセルを使った実験の準備をする学生=静岡市駿河区の静岡県立大
  • 薬品を調合するタンク

注目コンテンツ