メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

花粉シーズン到来

関連キーワード

  • 花粉症(2016年03月08日 夕刊)

    スギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギなどの花粉によって引き起こされるアレルギー疾患。花粉が体内に入り込み続けると、アレルギー反応につながる物質(抗体)が許容量を超えて発症するといわれる。くしゃみや鼻水、涙といった症状がひどくなった場合、日常生活にも影響することがある。

  • スギ花粉症(2008年11月12日 夕刊)

    全国の耳鼻咽喉科医とその家族約1万7千人にきいた98年の調査では、患者の割合は約16%。最も多い30代、40代では約25%にのぼった。

  • セイタカアワダチソウ(2011年11月06日 朝刊)

    北米が原産地のキク科の多年草。高さは1〜3メートルになる。観賞用に輸入され、1950年代以降全国に広がった。1株数千個もある種子と地下茎の二つの方法で繁殖するため一気に増加し、周囲の植物に影響を与える。かつてはブタクサと間違えられるなど花粉症の原因にされていたが、花粉が重く、遠くまで飛散しないため、現在は否定されている。

最新ニュース

写真

  • 松根彰志(まつね・しょうじ)さん=日本医科大学教授(耳鼻咽喉科)、日本医科大武蔵小杉病院(川崎市)耳鼻咽喉科部長、NPO花粉症・鼻副鼻腔炎治療推進会事務局長
  • 長野五輪閉会式について語る萩本欽一(C)NTV
  • 萩本欽一が17日より放送される日本テレビ系『ドラマちっくニュース~ドラマを見ればニュースがわかる!』(後7:00)が出演 引退を考えていたエピソードを告白する (C)日本テレビ
  • 湯田厚司(ゆた・あつし) 三重大付属病院教授などを経て2011年にゆたクリニック開設。日本耳鼻咽喉(いんこう)科学会などの専門医
  • 鼻に噴霧するステロイド薬。1日1回で済むタイプが多い
  • 花粉症の治療薬の選択

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】風景や鉄道、イベント撮影に

    座れるカメラリュック

  • 【&TRAVEL】どんぶり一杯京の味を極める

    京都ゆるり休日さんぽ

  • 【&M】関西最大級のクルマの祭典

    大阪オートメッセ2017開催

  • 【&w】伊勢谷友介、家具とコラボ

    リバースプロジェクト

  • ブック・アサヒ・コム又吉直樹が次作を執筆

    「絶対一つ目より難しい」

  • WEBRONZA豊洲市場はダメなのか?

    厳しすぎる土壌環境基準

  • 写真

    ハフポスト日本版 あさま山荘から45年

    視聴率90%、日本中が息をのむ

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ