メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

花粉シーズン到来

関連キーワード

  • 花粉症(2013年03月25日 夕刊)

    花粉が体内に入り続けると、アレルギー反応につながる物質(抗体)が許容量を超えて発症するとされる。体の免疫反応が花粉に過剰に反応し、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出る。3〜5人に1人がその症状に悩んでいるとされる。スギとヒノキのほか、ブタクサやヨモギ、ハンノキなどの花粉が原因となることもある。

  • スギ花粉症(2008年11月12日 夕刊)

    全国の耳鼻咽喉科医とその家族約1万7千人にきいた98年の調査では、患者の割合は約16%。最も多い30代、40代では約25%にのぼった。

  • セイタカアワダチソウ(2011年11月06日 朝刊)

    北米が原産地のキク科の多年草。高さは1〜3メートルになる。観賞用に輸入され、1950年代以降全国に広がった。1株数千個もある種子と地下茎の二つの方法で繁殖するため一気に増加し、周囲の植物に影響を与える。かつてはブタクサと間違えられるなど花粉症の原因にされていたが、花粉が重く、遠くまで飛散しないため、現在は否定されている。

最新ニュース

新発売の北山村特産「ジャバラ」を使ったせっけん

和歌山)ジャバラを使った固形せっけん発売 北山村(2014/07/24)

 人口約460人の小さな村、北山村が地元特産の柑橘(かんきつ)類のジャバラを使った固形のせっけん(1個約110グラム、税込み756円)を発売した。三重県四日市市にあるせっけんメーカーと提携して開発した[続きを読む]

PR情報

写真

  • 新発売の北山村特産「ジャバラ」を使ったせっけん
  • 降水確率50%で傘持って行く?
  • アレルギー、皮膚から?
  • 芝生の園庭で走り回る園児たち。みんなで寝転がって空を見ることも=松本市島内の小宮保育園
  • 「中学生のころから料理好き。よくレシピ本を見て研究していた」。味への探究心は、いまも商品づくりに生かされる=愛知県豊橋市、吉本美奈子撮影
!

7月30日システムメンテナンスのお知らせ

注目コンテンツ

  • ショッピング帰省土産はもう決めた?

    毎日食べても飽きない老舗の味

  • ブック・アサヒ・コム日本の「手仕事」を知る

    心と直接つながる実用の美

  • 【&M】古内義明のメジャー見聞録

    松井秀喜を救った名将の一言

  • 【&w】建築マニアが撮り下ろし

    いい階段の写真集

  • Astand繰り返される中国食品の不正

    問題の根深さ浮き彫りに

  • 写真

    ハフポスト日本版 日本の城ベスト20

    2年連続でトップに立ったのは、あの名城でした。

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報