メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月09日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

花粉シーズン到来

関連キーワード

  • 花粉症(2013年03月25日 夕刊)

    花粉が体内に入り続けると、アレルギー反応につながる物質(抗体)が許容量を超えて発症するとされる。体の免疫反応が花粉に過剰に反応し、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出る。3〜5人に1人がその症状に悩んでいるとされる。スギとヒノキのほか、ブタクサやヨモギ、ハンノキなどの花粉が原因となることもある。

  • スギ花粉症(2008年11月12日 夕刊)

    全国の耳鼻咽喉科医とその家族約1万7千人にきいた98年の調査では、患者の割合は約16%。最も多い30代、40代では約25%にのぼった。

  • セイタカアワダチソウ(2011年11月06日 朝刊)

    北米が原産地のキク科の多年草。高さは1〜3メートルになる。観賞用に輸入され、1950年代以降全国に広がった。1株数千個もある種子と地下茎の二つの方法で繁殖するため一気に増加し、周囲の植物に影響を与える。かつてはブタクサと間違えられるなど花粉症の原因にされていたが、花粉が重く、遠くまで飛散しないため、現在は否定されている。

最新ニュース

なんと 母親の約5割が「正しい鼻のかみ方」ができていない!ハナイク(鼻育)で、正しい鼻かみを親子で身につけよう!(2016/02/08)

リリース発行企業:大王製紙株式会社【子どもの鼻の健康に関する意識調査】 エリエールブランドの大王製紙株式会社(住所:東京都千代田区富士見二丁目10番2号)は、このたび15歳以下の 子どもを持つ全国の母[続きを読む]

写真

  • 今年のスギ花粉の飛散量と開始時期の予測
  • 今年のスギ花粉の飛散量と開始時期の予測
  • 1935(昭和10)年8月1日付 東京朝日 朝刊5面。主な直しだけ朱を書き入れています。現在の朝日新聞の表記基準で認めていない漢字の音訓や、当時は入れていなかった句点を入れる等については、原則として記入を省いています。記事を文字起こしした【当時の記事】が【解説】の後ろにあります
  •   
  • 万科企業の本社。巨大ビルを横向きに倒したような低層のデザインが特徴だ=6日、広東省深<Asajikai sjis="●(セン,シュウ,シン,●は土へんに川)">圳</Asajikai>

注目コンテンツ

  • ショッピング・旅行指示通り色を塗るだけで…

    絵心ゼロでも名画が描ける

  • ブック・アサヒ・コム中国哲学を教える湯浅教授

    「すばらしい思想には必ず毒」

  • 【&M】フランスの「ホウレンソウ」

    中村江里子 パリからあなたへ

  • 【&w】奄美大島に子連れIターン

    島めぐり 奄美大島編

  • WEBRONZA高齢労働者の過酷な実態

    年金だけでは生活できない

  • 写真

    ハフポスト日本版 ディスコ全盛期

    追悼モーリス・ホワイト

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ

  • ITで業務がはかどる!差がつくヒントが満載