メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月02日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

花粉シーズン到来

関連キーワード

  • 花粉症(2013年03月25日 夕刊)

    花粉が体内に入り続けると、アレルギー反応につながる物質(抗体)が許容量を超えて発症するとされる。体の免疫反応が花粉に過剰に反応し、くしゃみ、鼻づまり、目のかゆみなどの症状が出る。3〜5人に1人がその症状に悩んでいるとされる。スギとヒノキのほか、ブタクサやヨモギ、ハンノキなどの花粉が原因となることもある。

  • スギ花粉症(2008年11月12日 夕刊)

    全国の耳鼻咽喉科医とその家族約1万7千人にきいた98年の調査では、患者の割合は約16%。最も多い30代、40代では約25%にのぼった。

  • セイタカアワダチソウ(2011年11月06日 朝刊)

    北米が原産地のキク科の多年草。高さは1〜3メートルになる。観賞用に輸入され、1950年代以降全国に広がった。1株数千個もある種子と地下茎の二つの方法で繁殖するため一気に増加し、周囲の植物に影響を与える。かつてはブタクサと間違えられるなど花粉症の原因にされていたが、花粉が重く、遠くまで飛散しないため、現在は否定されている。

最新ニュース

アレルギー疾患のうつりかわり

アレルギーの発症、保湿で減少か アトピー抑制が効果?(2014/10/02)

 生まれた直後から皮膚の保湿を続けることで、アトピー性皮膚炎だけでなく、食物アレルギーなどのアレルギー疾患の発症を抑えられる可能性があると、国立成育医療研究センターが1日発表した。皮膚の防御機能が守ら[続きを読む]

PR情報

写真

  • アレルギー疾患のうつりかわり
  • 山は煙っているものの、刈り取る稲に降灰はなかった=南アルプス市大師
  • 花粉症を発症しているか調べる検査を受ける男性(左)=千葉大医学部付属病院
  • 「夏休みの宿題 朝日」で検索して下さい
  • 島根大病院が初めて出した紹介本
  • 新発売の北山村特産「ジャバラ」を使ったせっけん
  • 降水確率50%で傘持って行く?
  • アレルギー、皮膚から?

注目コンテンツ

  • ショッピング結婚式でそばを食べる会津

    江戸時代からグルメ時代に突入

  • ブック・アサヒ・コム独立を問う国民投票で話題に

    スコットランドを知るための本

  • 【&M】一色紗英さんの「私の旅」

    旅の景色が「日常の中」にある

  • 【&w】ガラス張りの浴室を2階に

    リノベーション・スタイル

  • Astand悪質化する「キャッチ」

    東京の繁華街の裏側に迫る

  • 写真

    ハフポスト日本版 北朝鮮で出会った女性たち

    視線の向こうにある物は

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報