メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

芸術家

関連キーワード

  • 小豆島芸術家村事業(2012年08月16日 朝刊)

    県と土庄、小豆島両町が2009年に始めた。春、秋の年2回、2、3人の若手芸術家を小豆島に招いて約4カ月間、滞在して創作してもらう。県などは生活費や制作費を芸術家に支給し、休校の学校施設などをアトリエ、宿舎として無償提供する。芸術家と地域住民との交流や作品の展示で島の活性化をめざす。芸術家を住まわせて創作させる手法は「アーティスト・イン・レジデンス(AIR)」と呼ばれ、全国各地に広がっている。

  • 新進芸術家海外研修制度(2017年01月31日 夕刊)

    美術、音楽、舞踊、演劇、映画、舞台美術等、メディア芸術の七つの分野が対象。海外で「実践的な研修」を受けることを支援するため、渡航費と日当、宿泊料などを支給する。研修先やビザは、基本的に自分で確保する。期間は短期(20〜40日)から3年まで種類がある。毎年公募があり、外部の審査員が選考する。期間中、定期的に活動内容を報告する必要がある。

  • 池袋モンパルナス(2009年04月30日 朝刊)

    昭和初期、東京都豊島区池袋周辺に若い芸術家が集まり、アトリエ付きの貸家が立ち並んだ。芸術家が集まっていたパリのモンパルナス地区にちなみ、詩人の小熊秀雄が名付けたとされる。

最新ニュース

天才的!?ダビンチの科学技術研究 横浜で立体模型展(2017/8/22)

 「モナリザ」などの名画を生み出したイタリアの芸術家レオナルド・ダビンチ(1452~1519)は科学技術の研究に取り組んだことでも知られる。横浜市のそごう美術館では今、彼が機械や道具などのアイデアを書[続きを読む]

芸術家をコトバンクで調べる

写真

  • 空を飛ぶために筋力強化が必要だと、トレーニングマシンも考案した
  • 「死刑台のエレベーター」のジャンヌ・モロー=ザジフィルムズ提供
  • 明神鼻での活動の説明に、集まった人たちは熱心に聴き入った=玉野市日比3丁目
  • 「死刑台のエレベーター」のジャンヌ・モロー=ザジフィルムズ提供
  • L→R RACHEL(MC)、MAMIKO(MC) (okmusic UP's)
  • 長さ100メートルの擁壁に描かれる「未来につなぐ小さなキラキラ」=取手市提供
  • 本線脇で目を引く作品と、作家の大沢由紀さん=那珂湊駅
  • 酒井若菜さん
  • 穏やかな表情の五百羅漢像=陸前高田市の普門寺
  • 子ども向けの工作ワークショップで利用する作品を手に福島絵美さん(右)らが今後の活動についてギャラリー葵で話し合った=真庭市西原
  • 2002年、雨具をまとい、傘をさして全自動掃除の自宅の台所に立つフランシス・ゲイブ=Shane Young via The New York Times/(C)2017 The New York Times。米オレゴン州ニューバーグのこの家には特許があり、メディアがさかんに取り上げた。それぞれの部屋は、基本的には巨大な食器洗い器だった
  • 「野田版 桜の森の満開の下」。左から中村七之助、中村勘九郎 (C)松竹
  • 民家の壁いっぱいに描くシャロン・ビリンジさん。絵の中の少女は6歳になる自身の娘がモデルという
  • 勅使川原(てしがわら)三郎さん
  • レオナルド・ディカプリオ(2016年3月23日撮影)
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ