メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

茅ケ崎

関連キーワード

  • 茅ケ崎(2014年08月15日 朝刊)

    1899(明治32)年創業の日本旅館で、関東大震災で倒壊したのち再建され、国の登録有形文化財にも指定されている。小津監督は多い時で1年の半分を過ごしたという。「晩春」(49年)「麦秋」(51年)「東京物語」(53年)など数々の名作の脚本をここで書き上げた。現在も旅館として営業している。

  • 茅ケ崎ゴルフ倶楽部の跡地開発(2016年08月29日 朝刊)

    県が2月に行った事業者公募には6者が応募した。優先交渉権者に選ばれた東急電鉄・電通グループは、ゴルフ場跡地に宿泊施設、スポーツ・ヘルスケア施設、子育て支援施設、商業施設、住宅などを建設する事業を提案した。約20万平方メートルのゴルフ場土地の6割を県、4割を民間が所有する。県などは東急電鉄・電通と9月に基本協定を結び、事業者に決定する予定。県と茅ケ崎市による説明会が9月6日午後6時半から市浜須賀会館、10日午前9時半から市役所で開かれる。

  • 松下政経塾(2011年05月17日 朝刊)

    パナソニック創業者の松下幸之助氏が70億円の私財を投じ、1979年に茅ケ崎市汐見台に設立した公益財団法人。日本を立て直す人材の養成を目指す。全寮制で、2011年度から研修期間は4年間。生活費などに月20万円が支給される。前半2年は茶道、剣道、幸之助の考え方の研究、卒塾生らによる講話、販売・製造現場での実習などのカリキュラムで構成。後半は各自の関心分野で塾から活動資金を得て自主的に活動する。「自修自得」「現地現場」「切磋琢磨(せっさたくま)」などが研修方針。卒塾生約250人の進路は45%が政治分野、27%が経済分野、15%が教育・研究・マスコミ分野と続く。

最新ニュース

水戸黄門の素顔に迫る!年末年始特別番組『泉秀樹の歴史を歩くスペシャル 水戸黄門の素顔 漫遊記の虚と実』(2017/12/14)

リリース発行企業:J:COMJ:COMのコミュニティチャンネルで12月30日に放送神奈川県内のJ:COMグループ3社(法人・局名一覧参照)は2017年12月30日(土)、J:COMのコミュニティチャン…[続きを読む]

茅ケ崎をコトバンクで調べる

!

アプリで紙面ビューア-の点滅を設定できるように

!

サイト内記事検索をリニューアルしました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】“本物志向”のクリスマスを

    ドイツ企画のツリーで〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】美山産ジビエは今が旬

    京のひと皿

  • 写真

    【&M】会場風景を写真で紹介

    大阪モーターショー開催

  • 写真

    【&w】三世代でつなぐお正月料理

    平野レミ、和田明日香〈PR〉

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム養老孟司が書いた「遺言。」

    口述ではなく書き下ろし

  • 写真

    WEBRONZA柿澤勇人インタビュー

    「メリー・ポピンズ」に出演

  • 写真

    アエラスタイルマガジン岸谷五朗、浅草に現る!

    舞台とリンクする浅草の景色

  • 写真

    T JAPANラファエル・デ・カルデナスの

    発想力を生んだ「好きなもの」

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃から76年

    瀬戸内寂聴「逃げることも勇気よ」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ