メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

草津市

関連キーワード

  • くさつ夢風車(2009年06月13日 朝刊)

    01年7月、草津市が「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の補助を受け、事業費約3億円で設置した。ドイツ・フゼランダ社製で、直径70メートルの羽根が3〜6秒で1回転する。定格出力1500キロワットで、風車の向きや羽根の角度を自動的にかえる。市は発電した電気を足元の市立水生植物公園みずの森で使い、余った分を関西電力に売却している。年間300万〜500万円ほどの収入がある。

  • 一時預かり保育無料クーポン配布事業(2011年02月08日 朝刊)

    母親の育児不安を解消し虐待防止につなげようと、生後1歳半までの乳幼児のいる保護者に無料券を配る県の新事業。当初、利用料の半額など一部を市町側の負担とする意向だったが、大津市、草津市などが事業への不参加を表明するなど反発が強く、利用料については県の全額負担、人件費についても各市町に強制しない方針に切り替えた。

  • 日本語教室虹(2015年01月30日 朝刊)

    外国人労働者らを保護者に持つ子どもの就学につなげようと、国の補助を受けて2009年に始まった。2012年からはNPO法人「外国籍住民自立就労協会」(草津市)が運営してきた。草津、近江八幡など県内の4教室で、6〜18歳の子を毎年40〜50人受け入れ、「卒業生」は3年間で約150人。平日の2〜5時間、授業料無料で勉強を支援し、約半数が公立小中学校や高校に進学した。補助の削減で、年2千万円の運営費が工面できなくなるという。

最新ニュース

『第24回コカ・コーラ環境教育賞』最優秀賞決定!活動表彰部門 草津市立渋川小学校次世代支援部門 岩手県立遠野緑峰高校 草花研究班(2017/8/23)

リリース発行企業:日本コカ・コーラ株式会社全国からの応募総数81団体の中から8月20日 雨煙別小学校 コカ・コーラ環境ハウスにて最優秀賞を発表公益財団法人コカ・コーラ教育・環境財団(所在地:東京都港区[続きを読む]

草津市をコトバンクで調べる

写真

  • 本番を前に報道陣向けに披露された影絵=18日、草津市の史跡草津宿本陣
  • 来館1千万人目の認定証を掲げる寺井慧さん(手前右)=草津市の県立琵琶湖博物館
  • 草津の郷土玩具「ピンピン鯛」(左)と「ピンピン馬」=草津市立草津宿街道交流館
  • ローイングマシンを体験する来場者ら=大津市におの浜2丁目
  • 被爆当時の体験を語る奥村チエミさん(右)=東近江市の県平和祈念館
  • 『イナズマロック フェス 2017』ロゴ (okmusic UP's)
  • 力士に挑む子どもたち=草津市立総合体育館
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ