メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

草津市

関連キーワード

  • くさつ夢風車(2009年06月13日 朝刊)

    01年7月、草津市が「新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)」の補助を受け、事業費約3億円で設置した。ドイツ・フゼランダ社製で、直径70メートルの羽根が3〜6秒で1回転する。定格出力1500キロワットで、風車の向きや羽根の角度を自動的にかえる。市は発電した電気を足元の市立水生植物公園みずの森で使い、余った分を関西電力に売却している。年間300万〜500万円ほどの収入がある。

  • 一時預かり保育無料クーポン配布事業(2011年02月08日 朝刊)

    母親の育児不安を解消し虐待防止につなげようと、生後1歳半までの乳幼児のいる保護者に無料券を配る県の新事業。当初、利用料の半額など一部を市町側の負担とする意向だったが、大津市、草津市などが事業への不参加を表明するなど反発が強く、利用料については県の全額負担、人件費についても各市町に強制しない方針に切り替えた。

  • 日本語教室虹(2015年01月30日 朝刊)

    外国人労働者らを保護者に持つ子どもの就学につなげようと、国の補助を受けて2009年に始まった。2012年からはNPO法人「外国籍住民自立就労協会」(草津市)が運営してきた。草津、近江八幡など県内の4教室で、6〜18歳の子を毎年40〜50人受け入れ、「卒業生」は3年間で約150人。平日の2〜5時間、授業料無料で勉強を支援し、約半数が公立小中学校や高校に進学した。補助の削減で、年2千万円の運営費が工面できなくなるという。

最新ニュース

大型二足歩行ロボットを開発する「株式会社人機一体」への出資のお知らせ(2018/2/13)

リリース発行企業:エイベックス株式会社 エイベックス・ベンチャーズは、立命館大学発のベンチャー企業であり、大型二足歩行ロボットを開発する「株式会社人機一体」(滋賀県草津市、代表取締役:金岡克弥、読み:…[続きを読む]

草津市をコトバンクで調べる

写真

  • オリックスのT―岡田
  • 『イナズマロック フェス 2018』ロゴ (okmusic UP's)
  • 絵本「地震がおきたら」を持つ谷さん(右)と増田さん=草津市立渋川小学校
  • 「がんには予防可能なものもある」と子どもたちに説明する水田医師=大津市立逢坂小学校
  • 子どもたちに自身の経験を話す奥井さん(右)=草津市立矢倉小学校
  • 開局に向け準備を進める「FMおおつ」の古田誠社長=大津市山上町
  • オムロン草津工場で、組み立て済み製品を次の工程まで運ぶロボット。自分で最適なルートを見つけ、障害物を避けながら進む=滋賀県草津市
  • 人工知能(AI)の進化と用途の広がり/AIの将来像
  • 書き初めをする子どもたち=草津市立老上小学校
  • バットを振るときの注意点を説明する石川駿選手=草津市下笠町
  • 近鉄百貨店草津店(同社提供)
  • 審査委員特別賞「花魁(おいらん)」野瀬みつ子(三重県松阪市)
  • マンションなどが立ち並ぶ草津市の野路東地区=草津市野路東4丁目
!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

注目コンテンツ