メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

草間彌生

草間彌生

2013年10月、画面いっぱい目で覆い尽くされた新作の前で=東京都新宿区

 【くさま・やよい】 1929年、長野県松本市生まれ。水玉や網目が覆い尽くす絵画や立体作品で世界的に知られる。93年に国際美術展ベネチア・ビエンナーレの日本代表、2009年に文化功労者に。(2011年3月15日夕刊文化面より)


写真・図版

草間彌生「影響力なんて考える暇ない」 個展に新作予定 (2016/7/19)

前衛芸術家の草間彌生が、来年2月に東京で開く大個展に向けて制作を加速させている。今年4月には米誌タイムの「世界で最も影響力のある100人」にも選定。話題の続く草間に思いを聞いた。 「100人」の選出について同誌は「過激で革命的な仕事をして…[続きを読む]

写真・図版

草間彌生さん「影響力がある100人」に 米誌タイム (2016/4/22)

米誌タイムは21日、恒例の「世界で最も影響力がある100人」を発表した。日本からは、前衛芸術家の草間彌生さん(87)が選ばれた。 選出についての寄稿で、米ファッションデザイナーのマーク・ジェイコブスさんは「芸術の世界で、本当に過激で革命的…[続きを読む]

関連キーワード

  • 草間彌生さん(2016年12月26日 朝刊)

    種苗業を営む松本市の旧家で誕生。10歳で描いた母の肖像画は、既に水玉模様で覆われていた。1957〜73年は米国で暮らし、立体や彫刻にも創作の幅を広げる。来年2月22日、東京の国立新美術館で「草間彌生わが永遠の魂」展が開幕する。

最新ニュース

国際交流基金賞、3人受賞(2017/10/17)

 2017年度の国際交流基金賞に、草間彌生さんや前衛芸術グループ「具体」など日本の現代美術を世界に紹介した米グッゲンハイム美術館のキュレーター、アレクサンドラ・モンローさんら3人が決まり、16日に東京…[続きを読む]

草間彌生をコトバンクで調べる

!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ