メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

葬儀社

関連キーワード

  • 納棺師(2009年04月13日 夕刊)

    遺体の口元を整え、ひげそりや化粧をして生前に近い顔に戻し、体をふきながら着物などに着せ替えて棺に納める役割。元々は大手納棺業者の社内資格の名称で、公的資格ではない。納棺にはかつては遺族も積極的にかかわったが、核家族化に伴い葬儀社の業務の一環になった。近年は「故人をきれいにしてから送ってやりたい」「ゆっくりと、お別れがしたい」といった遺族の要望を受け、専門業者が台頭。専門スタッフを抱える葬儀社も多い。湯灌や遺体保全のサービスを提供する業者もいる。

  • 終活(2012年10月21日 朝刊)

    残りの人生をよりよく生きるため、葬儀や墓、遺言や遺産相続などを元気なうちに考えて準備する。3年前に週刊誌が使った造語。映画「エンディングノート」で一躍話題に。総務省や厚生労働省の調査によると、今年4月現在、65歳以上の人口は3千万人を超え、日本の総人口の23.7%。その半数以上が高齢者だけで暮らしている。「終活の第一人者」と呼ばれる家族葬専門葬儀社(奈良県)の寺尾俊一社長は「孤立死は年間3万人を超え、縁が希薄になった今の社会だからこそ、はやるのだと思う」と話す。

  • エンバーミング(2012年04月11日 朝刊)

    遺体に防腐や殺菌、修復を施して生前に近い状態にし、長期間の保存を可能にすること。土葬が多い欧米では一般的だが、火葬の日本では実施率は数%とされる。普及につとめる日本遺体衛生保全協会の資格をもつ処置者「エンバーマー」は、全国で約120人。処置ができる葬儀社の施設は全国に33ある。

最新ニュース

女性だけのエンディングプランナーチーム 『ファイナル・エンジェルス』(2017/7/18)

 株式会社アーバンフューネスコーポレーション(本社:東京都、代表取締役社長兼CEO 中川 貴之、以下、アーバンフューネス)は高齢化社会に向け「あらゆる女性の活躍推進」を掲げ、女性だけのエンディングプラ[続きを読む]

葬儀社をコトバンクで調べる

写真

  • 終活してますか?/終活に詳しい第一生命経済研究所の小谷みどりさんからのアドバイス<グラフィック・西森万希子>
  • 「美粧衛生師」の平野泰寛さん=和歌山市南細工町
  • 展示会「フューネラルビジネスフェア」の様子。棺専門会社のブースには、個性的な柄の棺も並んでいた=昨年7月、横浜市西区
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】流行のウエストマークコーデ

    夏こそ挑戦!爽やかコーデ術

  • 写真

    【&TRAVEL】夏の信州へ涼をもとめて

    おすすめスポット4選

  • 写真

    【&M】よりワイルドでフォーマルに

    トヨタ・ハリアー試乗記

  • 写真

    【&w】沖ノ島 神宿る海の正倉院

    藤原新也による写真展

  • 写真

    ブック・アサヒ・コムのん「コミック感想文」

    辞書を作ることの魅力を知った

  • 写真

    WEBRONZA礼真琴、等身大ヒーローに

    【公演評】星組『阿弖流為』

  • 写真

    アエラスタイルマガジン履きこなしたい、シューズ

    夏のカジュアルスタイル

  • 写真

    T JAPAN知の最前線を行く

    女性研究者が着るジャケット

  • 写真

    ハフポスト日本版 懐かしの映画女優は今

    胸ときめいた、あの人… 色あせぬ銀幕の美女たち

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ