メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 納棺師(2009年04月13日 夕刊)

    遺体の口元を整え、ひげそりや化粧をして生前に近い顔に戻し、体をふきながら着物などに着せ替えて棺に納める役割。元々は大手納棺業者の社内資格の名称で、公的資格ではない。納棺にはかつては遺族も積極的にかかわったが、核家族化に伴い葬儀社の業務の一環になった。近年は「故人をきれいにしてから送ってやりたい」「ゆっくりと、お別れがしたい」といった遺族の要望を受け、専門業者が台頭。専門スタッフを抱える葬儀社も多い。湯灌や遺体保全のサービスを提供する業者もいる。

  • 終活(2012年10月21日 朝刊)

    残りの人生をよりよく生きるため、葬儀や墓、遺言や遺産相続などを元気なうちに考えて準備する。3年前に週刊誌が使った造語。映画「エンディングノート」で一躍話題に。総務省や厚生労働省の調査によると、今年4月現在、65歳以上の人口は3千万人を超え、日本の総人口の23.7%。その半数以上が高齢者だけで暮らしている。「終活の第一人者」と呼ばれる家族葬専門葬儀社(奈良県)の寺尾俊一社長は「孤立死は年間3万人を超え、縁が希薄になった今の社会だからこそ、はやるのだと思う」と話す。

  • エンバーミング(2012年04月11日 朝刊)

    遺体に防腐や殺菌、修復を施して生前に近い状態にし、長期間の保存を可能にすること。土葬が多い欧米では一般的だが、火葬の日本では実施率は数%とされる。普及につとめる日本遺体衛生保全協会の資格をもつ処置者「エンバーマー」は、全国で約120人。処置ができる葬儀社の施設は全国に33ある。

最新ニュース

葬儀業界の情報公開を映像でも。葬儀の「分からない」を動画で解決(2017/5/25)

リリース発行企業:葬儀社アーバンフューネス撮った映像を葬儀専用サイトにすぐ掲載できるアプリ『葬ストリーム』葬儀業界の情報公開が進み、葬儀費用の透明化は進んでいますが、いまだに「お葬式のことは分からない[続きを読む]

葬儀社をコトバンクで調べる

写真

  • 「美粧衛生師」の平野泰寛さん=和歌山市南細工町
  • 展示会「フューネラルビジネスフェア」の様子。棺専門会社のブースには、個性的な柄の棺も並んでいた=昨年7月、横浜市西区
  • 中川貴之さん
  • かわいい骨つぼ「エンディングボックス」。ふたを開けると遺影を飾れるものもある。手前が化粧瓶タイプ
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】初夏に取り入れたい帯選び

    銀座で聞く!初夏ファッション

  • 【&TRAVEL】セレブ御用達、南太平洋の島

    楽園ビーチ探訪

  • 【&M】女優水崎綾女さんのイケ麺

    私の常識を覆したカレーうどん

  • 【&w】華麗なるレッドカーペット

    カンヌ映画祭のセレブたち

  • ブック・アサヒ・コムモチーフは連続不審死事件

    柚木麻子が語る新刊

  • WEBRONZA『魔都夜曲』小西遼生に聞く

    色気あるジャズ、非日常空間へ

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ