メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 納棺師(2009年04月13日 夕刊)

    遺体の口元を整え、ひげそりや化粧をして生前に近い顔に戻し、体をふきながら着物などに着せ替えて棺に納める役割。元々は大手納棺業者の社内資格の名称で、公的資格ではない。納棺にはかつては遺族も積極的にかかわったが、核家族化に伴い葬儀社の業務の一環になった。近年は「故人をきれいにしてから送ってやりたい」「ゆっくりと、お別れがしたい」といった遺族の要望を受け、専門業者が台頭。専門スタッフを抱える葬儀社も多い。湯灌や遺体保全のサービスを提供する業者もいる。

  • 終活(2012年10月21日 朝刊)

    残りの人生をよりよく生きるため、葬儀や墓、遺言や遺産相続などを元気なうちに考えて準備する。3年前に週刊誌が使った造語。映画「エンディングノート」で一躍話題に。総務省や厚生労働省の調査によると、今年4月現在、65歳以上の人口は3千万人を超え、日本の総人口の23.7%。その半数以上が高齢者だけで暮らしている。「終活の第一人者」と呼ばれる家族葬専門葬儀社(奈良県)の寺尾俊一社長は「孤立死は年間3万人を超え、縁が希薄になった今の社会だからこそ、はやるのだと思う」と話す。

  • エンバーミング(2012年04月11日 朝刊)

    遺体に防腐や殺菌、修復を施して生前に近い状態にし、長期間の保存を可能にすること。土葬が多い欧米では一般的だが、火葬の日本では実施率は数%とされる。普及につとめる日本遺体衛生保全協会の資格をもつ処置者「エンバーマー」は、全国で約120人。処置ができる葬儀社の施設は全国に33ある。

最新ニュース

「感動葬儀」を手がける葬儀社社長・中川貴之さんにぶっちゃけ聞いてみた ココハツ(2017/3/18)

 ■お葬式でバルーンや祭りの法被、場にふさわしくないんじゃない? 別に「感動させてやろう」と息巻いているわけじゃないんですよ。故人の映像を流したり、ゆかりの物を展示したり、演出は「なんでもあり」。ひつ[続きを読む]

葬儀社をコトバンクで調べる

写真

  • 中川貴之さん
  • かわいい骨つぼ「エンディングボックス」。ふたを開けると遺影を飾れるものもある。手前が化粧瓶タイプ
  • 白いひもで結ばれた夫妻の骨つぼ。市に相談に訪れた女性の生前契約に基づき、6月、寺の永代供養墓に安置された=横須賀市
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】コスパで人気!

    気になるイヤホンランキング

  • 【&TRAVEL】103カ国を巡る旅の記憶

    旅情熱帯夜

  • 【&M】「ニッポンの宝島」〈PR〉

    掲載の紙面を太陽光にあてると

  • 【&w】お母さん、元気になってね

    あゆみ食堂のお弁当

  • ブック・アサヒ・コム「誰にも読まれなくていい」

    西村賢太の新作は新境地か

  • WEBRONZA「総理から寄付」何が問題か

    「安倍総理の寄付金」の本質

  • 写真

    ハフポスト日本版 「笑ワレテ 笑ワレテ ツヨクナル」

    イチローの個性的なTシャツ集

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ