メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 台湾の民族・出身構成(2008年10月07日 朝刊)

    台湾には17世紀以降、対岸の中国から漢民族の移民が本格化し、福建省からのビン南(びんなん)人や、福建省や広東省などの中国南部にいた「流浪の民」と呼ばれる客家(ハッカ)人が、戦前に定住。これらの人々は「台湾省の人々」という意味で本省人と呼ばれ、戦後組の外省人とは区別されている。蒋介石、蒋経国両元総統ら民主化以前の有力政治家の大半は外省人だった。その後、李登輝、陳水扁両政権では本省人が多数登用されたが、現在の馬英九政権は馬氏や劉兆玄(リウ・チャオシュワン)・行政院長(首相)ら外省人幹部が多い。芸能や文化方面で活躍する外省人は多く、歌手のテレサ・テンや欧陽菲菲、映画監督の侯孝賢(ホウ・シャオシェン)、李安(アン・リー)などがいる。

  • 中台協議(2009年04月27日 朝刊)

    互いの国家主権を認めない中台は、民間窓口機関による対話方式をとっている。中国は国務院台湾事務弁公室(国台弁)の下に海協会、台湾は行政院大陸委員会の下に海基会を90年代初期に設けた。台湾の陳水扁前総統時代は停止状態だったが、08年5月の馬英九政権誕生後に活動が活発化。海協会の陳雲林会長は前国台弁主任で、海基会の江丙坤理事長は元立法副院長(副議長)。事実上の公式協議と位置づけられている。

最新ニュース

台湾の国民党・呉次期主席、蔡政権の対中政策を批判(2017/5/25)

 台湾の野党・国民党の主席(党首)選挙に当選した呉敦義(ウートゥンイー)・前副総統が24日、朝日新聞のインタビューに応じた。就任1年を迎えた民進党の蔡英文(ツァイインウェン)総統の対中国政策を批判し、[続きを読む]

写真

  • 台湾の野党・国民党の次期主席となる呉敦義氏=24日、台北、西本秀撮影
  • 呉敦義氏
  • 呉敦義氏
  • 国民党の新主席に選ばれた呉敦義氏
  • 謝長廷氏
  • 検察の起訴が明らかになった後、報道陣の取材を受ける台湾の馬英九・前総統=14日午後、台北、周佳勲撮影
  • 台湾前総統の馬英九氏
  • 全人代「台湾省代表団」の会合で読み上げられた原稿。「一つの中国」を認めない台湾の蔡英文政権を批判する内容が記されている=10日午前、北京・人民大会堂、西本秀撮影
  • 全人代「台湾省代表団」の会合で読み上げられた原稿。蔡英文政権を批判する内容が記されている=10日、北京・人民大会堂
  • 生前の陳澄波。1933年、台湾・嘉義の自宅で撮影された
  • 唐鳳さん
  • 唐鳳さん
  •   
  •   
  • 中国の空母「遼寧」のルート
  • 原発が台湾の電源構成に占める割合(15年)
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】初夏に取り入れたい帯選び

    銀座で聞く!初夏ファッション

  • 【&TRAVEL】セレブ御用達、南太平洋の島

    楽園ビーチ探訪

  • 【&M】女優水崎綾女さんのイケ麺

    私の常識を覆したカレーうどん

  • 【&w】華麗なるレッドカーペット

    カンヌ映画祭のセレブたち

  • ブック・アサヒ・コムモチーフは連続不審死事件

    柚木麻子が語る新刊

  • WEBRONZA『魔都夜曲』小西遼生に聞く

    色気あるジャズ、非日常空間へ

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ