メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月27日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 被爆と被曝(2011年04月07日 朝刊)

    原爆の被害を受けるのが被爆。放射線にさらされることは被曝と書く。被爆者の放射線被曝量を推定し、健康影響との関係が調べられてきた。

  • 放射線業務従事者の被曝管理(2011年05月02日 朝刊)

    被曝量の上限は法律で定められ、男性は1年間に50ミリシーベルト、5年間で100ミリシーベルト。これ以外に緊急作業での被曝も認められており、今回の事故の上限は250ミリシーベルト。原子力安全・保安院の報告書によると、2009年度に全国の商業用原発での放射線業務従事者はのべ人数で8万3500人。被曝量は最大で19.5ミリシーベルト、平均1ミリシーベルトで実際の運用は上限より低く管理されている。

最新ニュース

内部被曝の5人、治療終わり退院 大洗事故(2017/6/26)

 茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大洗研究開発センターで作業員が被曝(ひばく)した事故で、量子科学技術研究開発機構の放射線医学総合研究所(千葉市)は26日、2回目の入院をしていた5人全員が退院した[続きを読む]

写真

  • 作業員が受けた内部被曝の検査イメージ
  • 放射性物質が漏れる事故が起きた作業台(事故前の様子)。前面のガラスの下部が開いており、そこから手を入れて作業する(日本原子力研究開発機構提供)
  • 福島第一原発、難航する核燃料の取り出し/福島県の甲状腺検査の流れ/甲状腺検査の結果<グラフィック・甲斐規裕>
  • 小玉教授が作った授業案の一場面
  • 小玉教授が作った授業案の一場面
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ