メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

関連キーワード

  • 被爆と被曝(2011年04月07日 朝刊)

    原爆の被害を受けるのが被爆。放射線にさらされることは被曝と書く。被爆者の放射線被曝量を推定し、健康影響との関係が調べられてきた。

  • 放射線業務従事者の被曝管理(2011年05月02日 朝刊)

    被曝量の上限は法律で定められ、男性は1年間に50ミリシーベルト、5年間で100ミリシーベルト。これ以外に緊急作業での被曝も認められており、今回の事故の上限は250ミリシーベルト。原子力安全・保安院の報告書によると、2009年度に全国の商業用原発での放射線業務従事者はのべ人数で8万3500人。被曝量は最大で19.5ミリシーベルト、平均1ミリシーベルトで実際の運用は上限より低く管理されている。

最新ニュース

科学医療部・岡崎明子

(記者有論)先天異常変化なし 福島への誤解解く情報を 岡崎明子(2014/10/02)

 福島で生まれた赤ちゃんに先天異常が出る割合は、東京電力福島第一原発事故後も、全国平均と変わらないという厚生労働省研究班の結果がこのほどまとまった。 原発事故以降、福島県内では妊産婦を対象にした三つの[続きを読む]

PR情報

写真

  • 科学医療部・岡崎明子
  • 浜岡原発事故の想定では12都県に住民が避難することになっている
  • 「美味しんぼ」表現をめぐる主な動き
  • 飯舘村役場前の線量計
  • 『いちから聞きたい放射線のほんとう』 菊池誠・小峰公子〈著〉おかざき真里〈絵〉『原発事故と放射線のリスク学』 中西準子〈著〉
  • 調査した地点/政府の個人線量調査の経過
  • Workers in protective gear at the damaged No. 4 reactor of the Fukushima No. 1 nuclear power plant last November (Asahi Shimbun file photo)◇福島第一原発4号機周辺で働く作業員ら=2013年11月、福島県大熊町、山本壮一郎撮影
  • 福島第一原発4号機周辺で働く作業員ら=2013年11月、福島県大熊町、山本壮一郎撮影

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング心安らぐ、たき火の魅力

    1/fゆらぎでリラックス

  • ブック・アサヒ・コム川村元気さんが巨匠に聞く

    若いころ、何をしていたのか?

  • 【&M】沖縄でつくる、本土の建築家

    沖縄建築パラダイス

  • 【&w】カルティエの世界を幻想的に

    ショートムービーが公開

  • Astand日本開発の「アビガン錠」

    エボラ出血熱の治療薬になるか

  • 写真

    ハフポスト日本版 神風特攻隊

    初めての出撃から70年

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報