メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月29日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

関連キーワード

  • 被爆と被曝(2011年04月07日 朝刊)

    原爆の被害を受けるのが被爆。放射線にさらされることは被曝と書く。被爆者の放射線被曝量を推定し、健康影響との関係が調べられてきた。

  • 放射線業務従事者の被曝管理(2011年05月02日 朝刊)

    被曝量の上限は法律で定められ、男性は1年間に50ミリシーベルト、5年間で100ミリシーベルト。これ以外に緊急作業での被曝も認められており、今回の事故の上限は250ミリシーベルト。原子力安全・保安院の報告書によると、2009年度に全国の商業用原発での放射線業務従事者はのべ人数で8万3500人。被曝量は最大で19.5ミリシーベルト、平均1ミリシーベルトで実際の運用は上限より低く管理されている。

最新ニュース

校庭を測る千葉由美さん(左)

(プロメテウスの罠)たらちねの母:10 校庭の線量確かめる(2015/05/24)

 ◇No.1282 福島県いわき市にある放射能の市民測定室「たらちね」は、様々な形で利用されている。 千葉由美(ちばゆみ)(45)は、市内の小中学校や幼稚園などの校庭の放射線量を測っている。 2011[続きを読む]

PR情報

写真

  • 校庭を測る千葉由美さん(左)
  • 川内原発事故時の避難の流れ
  • 汚染水タンクエリアで作業前の安全確認をする作業員ら=3日、東京電力福島第一原発の敷地内、東京電力提供
  • 原子力防災訓練で、被曝の有無を調べる体表面モニターが新たに導入された=静岡市葵区
  • (C)竜田一人/「いちえふ」講談社
  • 「いちえふ」(講談社)の主人公、竜田一人
  • 科学医療部・岡崎明子
  • 浜岡原発事故の想定では12都県に住民が避難することになっている
  • 「美味しんぼ」表現をめぐる主な動き

注目コンテンツ