メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 被爆と被曝(2011年04月07日 朝刊)

    原爆の被害を受けるのが被爆。放射線にさらされることは被曝と書く。被爆者の放射線被曝量を推定し、健康影響との関係が調べられてきた。

  • 放射線業務従事者の被曝管理(2011年05月02日 朝刊)

    被曝量の上限は法律で定められ、男性は1年間に50ミリシーベルト、5年間で100ミリシーベルト。これ以外に緊急作業での被曝も認められており、今回の事故の上限は250ミリシーベルト。原子力安全・保安院の報告書によると、2009年度に全国の商業用原発での放射線業務従事者はのべ人数で8万3500人。被曝量は最大で19.5ミリシーベルト、平均1ミリシーベルトで実際の運用は上限より低く管理されている。

最新ニュース

福島第一原発事故でも変わらない原子力利用(2016/03/11)

  「結局、何も変わらないのではないか」 あるインターネット番組の出番待ちをしていた控室で、同じくゲストとして出演予定の若手研究者とそんな話をした。5年前の4月初め、東京電力福島第一[続きを読む]

写真

  • 長野県の男性が業者と結んだ雇用契約書。契約期間は1年間のはずだった(写真の一部を加工しています)
  • 内部被曝を調べるホールボディーカウンター/セシウム検出の検査結果
  • 「20ミリシーベルト基準撤回訴訟」の原告らの報告集会=2015年9月28日、東京・永田町
  • 東芝メディカルシステムズの「320列CT」。空洞の中に寝台が入っていき、X線で体の断面を撮る=栃木県大田原市
  • インタビューに応じる瀧口氏
  • 東芝メディカルシステムズの「320列CT」。空洞の中に寝台が入っていき、X線で体の断面を撮る=栃木県大田原市
  • 最終講義をする今中哲二助教=大阪府熊取町の京大原子炉実験所、田井中雅人撮影
  • 食材をミキサーにかけてから放射性物質の濃度を測る。末続地区の住民にとって、測定中は貴重な語らいの時間だ=福島県いわき市
  • 原発構内の汚染水タンクをバスの車内から視察する人たち=2015年9月、福島県大熊町、AFW提供
  • 原発構内の汚染水タンクをバスの車内から視察する人たち=2015年9月、福島県大熊町、AFW提供
  • ヨウ素による内部被曝の推定/1平方メートルあたりのヨウ素131の沈着量/ヨウ素の拡散シミュレーションのイメージ
  • 菅野啓一さん
!

PC版トップページ変更、「ライフ」ジャンル新設のお知らせ(5/18)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】人工クロスにはない力

    あらゆる拭き掃除をこの一枚で

  • 【&TRAVEL】極上のワイルドジャーニー

    魂が震えるナミブ砂漠の絶景

  • 【&M】『週刊文春』独壇場の理由

    関口一喜 イチ押し週刊誌

  • 【&w】非ピンク礼賛主義女子の山服

    山道具日記

  • ブック・アサヒ・コム吉沢悠のコミック履歴書

    「墓場鬼太郎」が新鮮だった

  • WEBRONZA原発事故の賠償責任ルール

    有限?無限?議論の行方は?

  • 写真

    ハフポスト日本版 美しいドレス姿

    カンヌ映画祭で話題沸騰

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ