メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

被曝量

関連キーワード

  • 被爆と被曝(2011年04月07日 朝刊)

    原爆の被害を受けるのが被爆。放射線にさらされることは被曝と書く。被爆者の放射線被曝量を推定し、健康影響との関係が調べられてきた。

  • 放射線業務従事者の被曝管理(2011年05月02日 朝刊)

    被曝量の上限は法律で定められ、男性は1年間に50ミリシーベルト、5年間で100ミリシーベルト。これ以外に緊急作業での被曝も認められており、今回の事故の上限は250ミリシーベルト。原子力安全・保安院の報告書によると、2009年度に全国の商業用原発での放射線業務従事者はのべ人数で8万3500人。被曝量は最大で19.5ミリシーベルト、平均1ミリシーベルトで実際の運用は上限より低く管理されている。

最新ニュース

写真・図版

大洗の内部被曝事故、原子力機構が最終報告(2017/9/30)

 日本原子力研究開発機構大洗研究開発センター(茨城県大洗町)で6月に放射性物質が入ったビニール袋が破裂し、作業員5人が内部被曝(ひばく)した事故で、原子力機構は29日、容器内の樹脂が放射線で分解されて…[続きを読む]

写真

  • 報告書の内容について説明する原子力機構の職員たち=29日、東京都千代田区
  • 汚染水タンクが並ぶ東京電力福島第一原発=2017年2月、朝日新聞社ヘリから、福留庸友撮影
  • 記者会見する量子科学技術研究開発機構の明石真言執行役(写真中央)=10日午後、東京都千代田区
  • 記者会見する量子科学技術研究開発機構の明石真言執行役(写真中央)=10日午後、東京都千代田区
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ