メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月07日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス

関連キーワード

  • 被爆者(2014年09月02日 朝刊)

    原子爆弾によって被害を受けた人のことで、国は被爆者援護法に基づき被爆者健康手帳を支給している。所持者はピーク時の1981年3月末で37万2264人から今年3月末で19万2719人まで減少。県内の被爆者は460人。原爆の放射線によってがんや白血病などにかかるケースが増え、国は一定の要件を満たす場合を「原爆症」として認める、としている。

  • 沖縄の被爆者と救済策の遅れ(2008年08月08日 朝刊)

    本土では57年に原爆医療泡68年に被爆者特別措置法が施行(94年に被爆者援護法に統合)され、年2回の健康診断や国の医療費全額負担などの救済策がとられた。沖縄では66年12月に原爆医療法が準用されるなどしたが、それまでは医療費は自己負担になるなど、本土復帰する72年まで救済の遅れが続いた。沖縄県によると、08年7月現在、沖縄の被爆者は245人で、平均年齢は78.2歳。原爆症認定者数は13人で、1人が申請中。

  • 救護被爆者(2009年03月25日 夕刊)

    被爆者援護法は第1条3号で「身体に原子爆弾の放射能の影響を受けるような事情の下にあった者」として、広島の場合、爆心地から約2キロ以遠で被爆者を救護・看護したり、遺体を処理したりした人を被爆者と認めている。被爆者には被爆者健康手帳が交付され、特定の疾病がある場合は月3万3800円の健康管理手当が受給できる。08年3月末現在、約24万人いる被爆者健康手帳を所持する人のうち、救護被爆者は約2万5千人。

最新ニュース

寄せられた2万人の遺影は、入れ替わりながら映し出されている=広島市中区

広島)被爆者の遺影、2万人に 国立追悼平和祈念館(2015/03/07)

 国立広島原爆死没者追悼平和祈念館(広島市中区)が登録を呼びかけている被爆者の遺影(名前だけを含む)の数が6日、2万人に達した。遺族たちから寄せられた無言の遺影1枚1枚が、核兵器がもたらす悲惨な実態を[続きを読む]

PR情報

写真

  • 寄せられた2万人の遺影は、入れ替わりながら映し出されている=広島市中区
  • 広島に原発が投下された当時のことをビデオの前で語る磯部正道さん=小浜市内
  • 世界を巡って被爆証言をする意気込みを語る三宅信雄さん(右)ら=広島市中区
  • 竹下芙美さん
  • 手賀沼公園にある「平和の記念碑」。そばに「平和の灯」が設置される=我孫子市若松、市提供
  • 会結成50年の時、記念誌を手に式典で平和への思いを語る当時会長の池尻博顧問=2006年、福山市丸之内1丁目の市人権平和資料館
  • 原爆の体験を語り続けてきた藤井清士さん。故高松勝さんが作った木彫りの三面地蔵を大切にしている=福山市神辺町東中条
  • 折り鶴再生紙で作ったしおりを持つ佐藤広枝さん(右)と孫の井場友美さん=広島市中区
  • 完成したDVD「忘れてはならない夏がある 原爆を見た日」
  • 白梅の塔を訪れた人たちに、沖縄戦の証言を続けている中山きくさん=沖縄県糸満市、佐藤慈子撮影
  • 旧伴国民学校の原爆投下時5年生の最後の同窓会。みんなで体操し、「100歳まで頑張ろう」と約束し合った=広島市佐伯区
  • 「原爆投下から70年。この街の経験を伝えようとする人々に心を打たれました」=広島市、青山芳久撮影
  • アラビア語の字幕がついた県被団協の坪井直理事長の証言ビデオ=広島市中区
  • 会場からの質問に答える長谷川三郎監督=松江市白潟本町
  • 波が打ち寄せる荒磯館=島根県益田市
  • 「証言の航海」への抱負を語る森田博満さん=長崎市桜町

注目コンテンツ

  • ショッピング真空スピーカーの音質は?

    魔法びんの技術を遮音に応用

  • ブック・アサヒ・コム本広克行監督と読む本

    「演劇にはとても感動する」

  • 【&M】日産のモータースポーツ活動

    本社のイベントで連覇宣言

  • 【&w】大自然のアドベンチャー

    豪州・ノーザンテリトリーの旅

  • Astand「花子とアン」効果中学入試

    サンデーショックでも揺るがず

  • 写真

    ハフポスト日本版 あの人は今…(70′s編)

    ボブ・ディラン、クラプトン、S&G、俺たちのスターは今

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ