メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

被爆者

関連キーワード

  • 被爆者(2014年09月02日 朝刊)

    原子爆弾によって被害を受けた人のことで、国は被爆者援護法に基づき被爆者健康手帳を支給している。所持者はピーク時の1981年3月末で37万2264人から今年3月末で19万2719人まで減少。県内の被爆者は460人。原爆の放射線によってがんや白血病などにかかるケースが増え、国は一定の要件を満たす場合を「原爆症」として認める、としている。

  • 沖縄の被爆者と救済策の遅れ(2008年08月08日 朝刊)

    本土では57年に原爆医療泡68年に被爆者特別措置法が施行(94年に被爆者援護法に統合)され、年2回の健康診断や国の医療費全額負担などの救済策がとられた。沖縄では66年12月に原爆医療法が準用されるなどしたが、それまでは医療費は自己負担になるなど、本土復帰する72年まで救済の遅れが続いた。沖縄県によると、08年7月現在、沖縄の被爆者は245人で、平均年齢は78.2歳。原爆症認定者数は13人で、1人が申請中。

  • 救護被爆者(2009年03月25日 夕刊)

    被爆者援護法は第1条3号で「身体に原子爆弾の放射能の影響を受けるような事情の下にあった者」として、広島の場合、爆心地から約2キロ以遠で被爆者を救護・看護したり、遺体を処理したりした人を被爆者と認めている。被爆者には被爆者健康手帳が交付され、特定の疾病がある場合は月3万3800円の健康管理手当が受給できる。08年3月末現在、約24万人いる被爆者健康手帳を所持する人のうち、救護被爆者は約2万5千人。

最新ニュース

12月から横浜美術館で開催する「石内 都 肌理(きめ)と写真」のみどころをご紹介。前売チケット発売中!(2017/10/20)

リリース発行企業:公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団横浜美術館(横浜市西区みなとみらい3-4-1)は、2017 年度冬の企画展として「石内 都 肌理(きめ)と写真」を開催します。会期:2017 年1…[続きを読む]

写真

  • 皇后さま(10月4日、皇居・宮殿、宮内庁提供)
  • 皇居内の大道庭園を散策する天皇、皇后両陛下(9月27日、宮内庁提供)
  • 黒坂さんから贈られたコカリナを首に下げ、全国植樹祭に出席した皇后さま=2009年6月、福井市
  • 皇居内を散策する天皇、皇后両陛下=9月27日、宮内庁提供
  • 献花する参列者たち=松江市学園南1丁目
  • 「核」をめぐる主な発言
  • 大村市立西大村中学校の生徒たちと笑顔の六田正英さん〈左〉(六田さん提供)
  • 岐阜総局・吉川真布
  • 原爆死没者を悼み、献花する人たち=神戸市中央区橘通3丁目
  • 社会社説担当・加戸靖史
  • 石清水八幡宮をドローン空撮
  • ICANのノーベル平和賞受賞について、共に活動してきた被爆者らに報告するピースボートの川崎哲共同代表。ICANの国際運営委員も務めている=9日、東京都新宿区
  • 平和祈念像の前で座り込みをする被爆者ら=9日午前10時53分、長崎市の平和公園、山野健太郎撮影
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ