メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月24日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

被爆2世

関連キーワード

  • 被爆2世(2011年08月04日 朝刊)

    広島、長崎原爆被爆者の子で、数十万人ともいわれる。被爆者には被爆者援護法に基づく被爆者健康手帳が交付され、医療費の本人負担分が原則免除されたり、特定の病気にかかって申請すれば、健康管理手当が受給できたりする。2世への国の施策は健康診断のみ。一部の自治体は、特定の病気を治療した場合、医療費を助成している。

  • 被爆の遺伝的影響(2014年08月04日 朝刊)

    被爆者を親とする被爆2世や、その子どもの3世への遺伝的影響は科学的に証明されていない。日米共同研究機関の放射線影響研究所(広島市、長崎市)はホームページで「原爆被爆者の子どもに臨床的、潜在的な影響を生じたという証拠は得られていない」と指摘。死亡率やがん発生率の追跡、DNA解析といった様々な点で調査を続けているとしている。

最新ニュース

山口)被爆語れなかった祖父 思い胸に平和行進(2017/7/15)

 核廃絶をめざし広島市から長崎市までリレーしながら歩く平和行進が16日、下関市である。市内に住む元教諭の岡本篤さん(57)は、広島で被爆したことを隠したまま逝った祖父を思いながら、行進に臨む。 岡本さ[続きを読む]

写真

  • 広島で被爆した祖父のことを語る岡本篤さん=下関市
  • 片渕須直氏
  • 核廃絶を訴えながら河原町通を歩く参加者ら=中京区
  • ステージ上で熱唱するMetisさん(左)と佐々木祐滋さん=東京都渋谷区
  • ステージ上で熱唱するMetisさん(左)と佐々木祐滋さん=東京都渋谷区
  • 江戸の風情を伝える白壁などで知られる広島県旧上下町(現・府中市)の街並み
  • 長崎地裁に入る原告団の崎山昇さん(左)と野口伸一さん(左から3人目)
  • 筆耕する竹内絹子さん(右)と森田孝子さん=長崎市
  • 約20人が朗読に耳を傾けた=長崎市平野町
  • 被爆当時のもので唯一残った陶器のボタンを手にする宮川静登さん=東広島市西条町田口
  • 田栗静行さん。東京のビルの中、美佐子さんに似た博多人形を抱いて=東京都中央区
  • 開花した被爆桜を眺める柴田所長=11日、福山市緑町
  • 2団体の合流が決まった「福山市原爆被害者友の会」の総会=福山市本町
  • 発刊した被爆証言集を手にする焼広和欣さん=甲府市
  • 「証言の航海」にかける思いを語る長崎被爆の三瀬清一朗さん(左)ら=東京都千代田区
  • 高校生平和大使に選ばれた小林さん(左)、久永さん(中央)、船井さん=広島市中区
  • 被爆者の尿や血液が保存される「ロボット式フリーザー」の内部。両側にずらりと並ぶ保管庫の間をロボットが動き、自動で入出庫する=広島市南区、上田幸一撮影
  • 韓国人原爆犠牲者慰霊碑(右奥)のそばに植えられた3本のムクゲ。裂かれた幹が、テープで応急措置されている=広島市中区の平和記念公園
  • 長崎地裁へ提訴する元自衛官の西川末則さん(中央)ら原告団=長崎市
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ