メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 兵庫県西宮市の建築士夫妻刺殺事件(2011年01月11日 朝刊)

    昨年11月12日夕、兵庫県西宮市小松西町2丁目の建築士、水田実さん(当時62)の自宅兼事務所で、実さんと妻輝子さん(当時62)が首などを刃物で刺されて死んでいるのが見つかった。兵庫県警は輝子さんの携帯電話の着信履歴から大阪市西淀川区に住む知人の男(当時61)を割り出し、電話で任意聴取を要請した。しかし、男は聴取予定日の11月17日夜、自宅マンションから転落死。男の自宅では同居の妻(当時61)が絞殺されていた。

  • 西宮市内の待機児童(2014年04月10日 朝刊)

    市のまとめでは、認可保育所に入れない待機児童数(毎年4月1日時点)は2008年度から増加に転じ、過去最悪だった10年度の310人は全国ワースト19位だった。多くは1、2歳の子どもで、人口の増える夙川地区や瓦木地区(阪急西宮北口駅周辺)などで特に保育需要が高まっているとみられる。市は昨年度に待機児童ゼロを宣言したが、保育ルームなど認可外施設に通う子どもは数字に含まれない。市は「潜在的待機児童数」を昨年4月が250人、同9月が551人と公表している。

  • 西宮市都市整備公社(2014年07月10日 朝刊)

    市が全額出資して1970年に設立した外郭団体で一般財団法人。歴代の理事長を市幹部が兼務してきた。市営住宅や公園、墓地などの管理・運営が主な事業で、2013年度の収入約15億3千万円のうち、これら市の受託事業による収入が半分近くを占める。ほかにも市から年間約6千万円の補助金を受けている。

最新ニュース

仕事に復帰した桑原征平アナ(撮影・松浦隆司)

〈速報〉桑原征平アナが仕事復帰「1分が命取りになる」(2016/05/25)

 今月14日に急性心筋梗塞を発症して緊急手術を受けた元関西テレビ(カンテレ)アナウンサーで現在フリーの桑原征平アナウンサー(72)が25日、パーソナリティーを務めるABCラジオ「桑原征平 粋も甘いも」[続きを読む]

西宮市をコトバンクで調べる

写真

  • 仕事に復帰した桑原征平アナ(撮影・松浦隆司)
  • 高橋大輔さんの写真に見いるファンの人たち=25日、大阪市のあべのハルカス近鉄本店
  • 大迫敏一さん
  • 水前寺成趣園の池で清掃活動する人たち=21日午前10時7分、熊本市中央区、朝日新聞社ヘリから、堀英治撮影
  • 「ファブリックの女王」(C)Bufo Ltd 2015
  • 小6まで利用できる学童保育=川崎市高津区
  • 「警察に相談だ」という歌に合わせ、「警察」と書かれたポケットティッシュを手にするメンバーたち=西宮市甲陽園本庄町
  • グラフィック・甲斐規裕  
  • 無料学習塾に参加した児童ら=16日、熊本県益城町福富の広安西小学校、沢木香織撮影
  • コミュニティカフェにはソフトマットが敷かれ、おむつ替えや授乳が楽。ママたちの気配りが行き届いている=尼崎市南塚口町2丁目
  • 子どもから高齢の男性まで幅広い世代が熱戦を繰り広げた=堺市堺区
  • 改修工事を終えた愛工大名電高のグラウンド=春日井市熊野町
  • 泉鏡花の草稿。「非戦闘員」という題が「海城発電」になった=石川近代文学館提供
  • 関西学院大文学部のチャペルアワーで、聖歌隊の指導で賛美歌を練習する学生ら=兵庫県西宮市
  • Modern Beauty
  • 阪神間の女性たちが選んだ95店を掲載した「神戸・阪神間 優雅なランチ」
!

PC版トップページ変更、「ライフ」ジャンル新設のお知らせ(5/18)

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】人工クロスにはない力

    あらゆる拭き掃除をこの一枚で

  • 【&TRAVEL】極上のワイルドジャーニー

    魂が震えるナミブ砂漠の絶景

  • 【&M】助産院でキャンプ車イベント

    キャンピングカーで行こう!

  • 【&w】スイートポテトの奥のマグマ

    連載「このパンがすごい!」

  • ブック・アサヒ・コム吉沢悠のコミック履歴書

    「墓場鬼太郎」が新鮮だった

  • WEBRONZA原発事故の賠償責任ルール

    有限?無限?議論の行方は?

  • 写真

    ハフポスト日本版 80年代アイドル

    伝説の美少女たちは今

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ