メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

西宮市

関連キーワード

  • 兵庫県西宮市の建築士夫妻刺殺事件(2011年01月11日 朝刊)

    昨年11月12日夕、兵庫県西宮市小松西町2丁目の建築士、水田実さん(当時62)の自宅兼事務所で、実さんと妻輝子さん(当時62)が首などを刃物で刺されて死んでいるのが見つかった。兵庫県警は輝子さんの携帯電話の着信履歴から大阪市西淀川区に住む知人の男(当時61)を割り出し、電話で任意聴取を要請した。しかし、男は聴取予定日の11月17日夜、自宅マンションから転落死。男の自宅では同居の妻(当時61)が絞殺されていた。

  • 西宮市内の待機児童(2014年04月10日 朝刊)

    市のまとめでは、認可保育所に入れない待機児童数(毎年4月1日時点)は2008年度から増加に転じ、過去最悪だった10年度の310人は全国ワースト19位だった。多くは1、2歳の子どもで、人口の増える夙川地区や瓦木地区(阪急西宮北口駅周辺)などで特に保育需要が高まっているとみられる。市は昨年度に待機児童ゼロを宣言したが、保育ルームなど認可外施設に通う子どもは数字に含まれない。市は「潜在的待機児童数」を昨年4月が250人、同9月が551人と公表している。

  • 西宮市都市整備公社(2014年07月10日 朝刊)

    市が全額出資して1970年に設立した外郭団体で一般財団法人。歴代の理事長を市幹部が兼務してきた。市営住宅や公園、墓地などの管理・運営が主な事業で、2013年度の収入約15億3千万円のうち、これら市の受託事業による収入が半分近くを占める。ほかにも市から年間約6千万円の補助金を受けている。

最新ニュース

写真・図版

兵庫)阪神間モダニズム発信 第1弾はスタンプラリー(2018/2/18)

 阪神電鉄と沿線の自治体が、「阪神間モダニズム」をルーツにする阪神間地域特有の文化をPRする取り組みを始める。第1弾として、20日から洋菓子店を巡るスタンプラリーを開催。お茶を楽しむ文化や街並みに親し…[続きを読む]

西宮市をコトバンクで調べる

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ