メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

言論の自由

関連キーワード

  • トルクメニスタン(2008年12月27日 朝刊)

    91年にソ連から独立。人口約500万人(07年国連人口基金)。イスラム系のトルクメン人が約85%で、ほかにウズベク人、ロシア人など。天然ガス資源は確認可採埋蔵量は2・7兆立方メートル(07年BP統計)。輸出の大半は天然ガスや石油製品で占める。1人あたりの国内総生産(GDP)は約1930ドル。国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)の言論の自由に関するランキングでは世界最低レベル。

  • 1国2制度(2009年07月11日 朝刊)

    英国の植民地だった香港が1997年に中国へ返されるにあたり、大陸と異なる社会制度の継続を認めた統治方式。高度な自治や市場経済、言論の自由、独自の税制や通貨を持つ特別行政区として、50年間維持される。99年にポルトガルから返還されたマカオも同じ制度。本来は中国が台湾を統一する手段として考え出されたと言われる。

  • タマサート大学(2012年02月18日 朝刊)

    立憲革命で絶対君主制を倒した人民党のプリーディ元首相が革命の2年後の1934年に創立。民主主義や言論の自由を重んじる校風で知られる。73年10月には軍事政権を倒す運動を引っ張ったが、3年後の10月6日に国軍などが改革派の学生らを襲撃し、再び軍事独裁の時代に逆戻りした。

最新ニュース

米司法省、反トランプサイト閲覧者の情報要求 「言論の自由脅かす」批判の声(2017/8/17)

 米司法省が、反トランプ大統領を掲げるサイトのデータを持つIT会社に対し、サイトを閲覧した人の個人情報を提出するよう命じていたことがわかった。言論の自由を脅かすとして批判の声が高まっている。 米ロサン[続きを読む]

言論の自由をコトバンクで調べる

写真

  • VPNアプリとは?
  • 劉暁波氏(左)と妻の劉霞氏(支援者提供)
  • 劉暁波氏(左)と妻の劉霞氏
  • 国際社説担当・村上太輝夫
  • イスタンブールで15日、クーデター未遂事件1年の犠牲者追悼集会に参加したエルドアン大統領(右端)。大統領府提供=AFP時事
  • 亡くなった劉暁波氏の妻、劉霞氏の出国を訴えるウアルカイシ氏=18日、台北、西本秀撮影
  • 友人たちとの集まりで話をする劉暁波氏(手前左)=撮影時期不明、中国・北京、支援者提供(画像の一部を加工しています)
  • アメリカ総局長、前国際社説担当・沢村亙
  • 劉暁波氏=ロイター
  • 劉暁波氏=ロイター
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ