メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

言論の自由

関連キーワード

  • トルクメニスタン(2008年12月27日 朝刊)

    91年にソ連から独立。人口約500万人(07年国連人口基金)。イスラム系のトルクメン人が約85%で、ほかにウズベク人、ロシア人など。天然ガス資源は確認可採埋蔵量は2・7兆立方メートル(07年BP統計)。輸出の大半は天然ガスや石油製品で占める。1人あたりの国内総生産(GDP)は約1930ドル。国際NGO「国境なき記者団」(本部・パリ)の言論の自由に関するランキングでは世界最低レベル。

  • 1国2制度(2009年07月11日 朝刊)

    英国の植民地だった香港が1997年に中国へ返されるにあたり、大陸と異なる社会制度の継続を認めた統治方式。高度な自治や市場経済、言論の自由、独自の税制や通貨を持つ特別行政区として、50年間維持される。99年にポルトガルから返還されたマカオも同じ制度。本来は中国が台湾を統一する手段として考え出されたと言われる。

  • タマサート大学(2012年02月18日 朝刊)

    立憲革命で絶対君主制を倒した人民党のプリーディ元首相が革命の2年後の1934年に創立。民主主義や言論の自由を重んじる校風で知られる。73年10月には軍事政権を倒す運動を引っ張ったが、3年後の10月6日に国軍などが改革派の学生らを襲撃し、再び軍事独裁の時代に逆戻りした。

最新ニュース

(新ポリティカにっぽん)内心の自由は、憲法の神髄(2017/5/23)

 中曽根康弘さんの白寿のお祝いが5月15日に都内のホテルで催された。わたしにも声がかかったので出掛けてみた。 白寿というのは、百から一少ない白、99歳のことである。みごとな長寿である。いまなお世界平和[続きを読む]

写真

  • 野党委員が委員長席に詰めかける中、組織的犯罪処罰法の改正案の採決を待つ金田勝年法相(右から3人目)=19日午後1時9分、国会内、越田省吾撮影
  • グラフィック・米澤章憲
  • 学者や弁護士が法案の問題点を訴えた=松山市北持田町
  • 江川紹子さん
  • 宇野重規さん
  • 漫画家の小林よしのりさん=早坂元興撮影
  • マクロン氏優勢の一報が流れると、パリ市内に集まった支持者は喜びを爆発させた=7日
  • テヘラン中心部のバザール内のペルシャじゅうたんの店舗が立ち並ぶ一角。客の姿はほとんどない=テヘラン、杉崎慎弥撮影
  • 事件があった朝日放送の玄関ホール=4月21日、大阪市福島区福島1丁目
  • 「意味は分からなくても、体が震えるようなことばがある」と話す鷲田清一さん=東京都中央区築地、朝日教之撮影
  • 「意味は分からなくても、体が震えるようなことばがある」と話す鷲田清一さん=東京都中央区築地、朝日教之撮影
  • 報道カメラマンの宮嶋茂樹さん=東京都中央区、西田裕樹撮影
  • 田原総一朗さん
  • 論説副主幹・前田史郎  
  • インタビューに答える田原総一朗さん=東京・赤坂、相場郁朗撮影
  • 襲撃事件資料室を訪れ、小尻知博記者の遺品などの説明に耳を傾ける米国のアレン・グリーンバーグ駐大阪・神戸総領事(中央)ら=西宮市の朝日新聞阪神支局
  • 大統領と企業の癒着疑惑をスクープした後、ラジオ局を解雇されたカルメン・アリステギさん(本人提供)
  • 小尻記者の遺影が置かれた拝礼所で献花する人たち=西宮市の朝日新聞阪神支局、伊藤進之介撮影
  • 5・3集会のパネルディスカッション=3日午後、神戸市中央区、安冨良弘撮影
  • 朝日新聞阪神支局には事件発生時に小尻知博記者らが座っていたソファが展示されている=3日、水野義則撮影
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】通信料金を下げる切り札

    SIMフリー端末を選ぼう

  • 【&TRAVEL】蒸し暑い日本の夏から脱出!

    羽田からNZへ直行便〈PR〉

  • 【&M】女子アスリート応援団

    テコンドー・松井優茄さん

  • 【&w】夫婦コラボが生む幸福の味

    技術とセンスが詰まったパン

  • ブック・アサヒ・コムモチーフは連続不審死事件

    柚木麻子が語る新刊

  • WEBRONZAポスト・トゥルース の深層

    正確な情報より感情が優先

  • 写真

    ハフポスト日本版 カンヌのセクシードレス

    でも前後ろ逆でした

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ