メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

証人尋問

関連キーワード

  • 死刑囚の証人尋問(2014年01月21日 夕刊)

    法務省によると、死刑囚が収容されている拘置所の外での証人尋問は、過去に1件。殺人などの罪で死刑が確定した元暴力団組長が2008年10月、水戸地裁での別の被告の公判に出廷した例だ。一方、拘置所で実施されたのは3例ある。1974〜75年に起きた連続企業爆破事件をめぐる裁判では99年、裁判官が東京拘置所に出張。死刑囚らへの尋問を非公開で行った。

  • 被告人質問(2011年05月25日 夕刊)

    被告が質問で答えた内容は、それが被告にとって有利か不利かを問わず証拠として採用される。被告には黙秘権があり、宣誓したうえでの供述が求められる証人のように偽証罪に問われることはない。証人尋問などが終わり、公判の終盤に行われるケースが多い。

  • 証人テスト(2014年02月12日 朝刊)

    刑事訴訟規則に基づき証人尋問前の証人に事件の事実関係を確かめる手続き。記憶が薄れたり緊張したりして公判進行が滞るのを防ぐことが本来の目的。取り調べと違い可視化の対象外で、検事と証人のやりとりは公判記録に残らない。主尋問での誘導尋問は同規則で禁じられている。

最新ニュース

(社説)朝鮮学校判決 国は速やかに支給を(2017/7/30)

 日本で学ぶ全ての生徒に公平に教育の機会を与える、という制度の原点に立った判決だ。 高校の授業料無償化をめぐり、大阪地裁は28日、大阪朝鮮高級学校を対象外にした国の決定を取り消し、就学支援金を支給する[続きを読む]

証人尋問をコトバンクで調べる

写真

  •   
  • 豊能郡環境施設組合議会の百条委員会で証言する仲介業者(左手前)=豊能町
  • 初公判で東京地裁に入る元東電会長の勝俣恒久被告
  • 原発事故をめぐるこれまでの主張
  • 原発事故をめぐるこれまでの主張/東京電力福島第一原発事故をめぐる主な動き
  • 結審後、弁護団とともに会見する遺族ら=秋田市山王6丁目
  • 警察官2人が切りつけられた仙台地裁=16日午後0時1分、仙台市青葉区、加藤秀彬撮影
  • メトロコマースの本社前でマイクを握り、待遇改善を訴える後呂良子(中央)=東京都台東区
  • 上告趣意書を提出後、会見した岐阜県美濃加茂市の藤井浩人市長=16日、東京・霞が関
  • 解体される前の鵜住居地区防災センター=2011年9月、岩手県釜石市
  • 解体される前の鵜住居地区防災センター=2011年9月、岩手県釜石市
  • 「伊方原発3号機差止めならず」の垂れ幕を掲げる弁護士ら=30日午後3時4分、広島市中区の広島地裁前、上田幸一撮影
  • 林真須美死刑囚=1998年8月20日撮影
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ