メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

認知件数

関連キーワード

  • 認知件数(2010年12月22日 朝刊)

    警察が把握した犯罪の発生数。警察官は、通報を受けて現場に行き、事件と判断すれば被害者から被害届の提出を受けて認知件数として計上する。検挙数を認知件数で割った数字が解決率を示す「検挙率」。検挙数が同じなら、認知件数が少ないほど検挙率はアップする。

  • 県内の振り込め詐欺の発生状況(2008年08月03日 朝刊)

    県警が把握している県内の1〜6月の振り込め詐欺の被害は26件(被害総額約3410万円)。前年同期より約44%増えた。とりわけ還付金詐欺は、前年同期は1件もなかったのが今年は16件、被害額は1900万円で、振り込め詐欺全体の半分以上を占めるようになった。県警によると、人口あたりの振り込め詐欺の被害認知件数(1〜5月)は都道府県別で42位と少ないが、還付金詐欺は20位。高齢化率が高い県内で被害が広がっている。

  • 総合計画(2011年02月11日 朝刊)

    2010年度から10年先の県が目指す姿を描いたもので、基本理念は「富国有徳の理想郷ふじのくにづくり」。「住んでよし訪れてよし」「生んでよし育ててよし」「学んでよし働いてよし」がキャッチフレーズ。川勝平太知事が描く社会の実現を図るとしている。計画では、分野別に目標数値を設定。東海地震で想定される死者数5900人を半減以下に。年間有効求人倍率は、1・2倍以上(昨年12月0・53倍)、合計特殊出生率2・00(09年1・43)、刑法犯認知件数を3万件以下(09年4万1069件)にする。11年度の予算では、総合計画の主要な取り組みに関する事業費に1300億円を計上。13年度までに計4660億円を見込んでいる。新規の取り組みや緊急性の高い事業については、2月の補正で特別目的基金を創設。100億円の財源を確保した。

最新ニュース

子どもはなぜ親を困らせるの? なぜ親はどなってしまうの? 『イラストでわかる 感情的にならない子育て』  高祖(こうそ)常子/著 (かんき出版)のお知らせ(2017/10/5)

株式会社ブライト・ウェイ(本社東京 代表取締役 高祖 智明)は、これから子育てをする家族、子育て中の家族に、「正しい情報」「心が軽くなる情報」を「誰にも」「無料で」お届けする-をミッションとして育児情…[続きを読む]

写真

  • 性犯罪についての刑法の規定、主な変更点/全国の犯罪被害相談件数
  • 9月1日に開設される新しい「新潟東署」=28日、新潟市東区下木戸1丁目
  • ATMを操作する高齢者=大分市中島西2丁目
  • 山城高校の駐輪場で自転車の施錠率を調べる警察官=北区
  • 特殊詐欺の推移
  • 特殊詐欺の推移
  • いじめを通報するためのアプリの説明を受ける生徒たち=千葉県柏市立土中学校
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ