メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月20日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 認知症(2016年12月26日 夕刊)

    厚生労働省研究班によると、65歳以上で認知症の人は2012年時点で約462万人。いくつかのタイプがあり、記憶障害が典型的な症状の「アルツハイマー型」が最も多く、7割近くを占める。脳出血など脳血管障害が原因の型が2割ほど、幻視などを伴う「レビー小体型」が4%ほどとされる。高齢化で25年には高齢者の5人に1人の700万人に増えるとみられている。65歳未満で発症する若年認知症の人も09年発表の厚労省調査で推計約3万8千人いる。

  • 認知症グループホーム(2006年06月23日 朝刊)

    グループホームは、5〜9人が個室つきの家庭的な雰囲気で、なじみの職員の介護を受けて暮らすことで症状が改善するといわれ、急速に普及した。利用者負担は、食住費に介護保険の1割負担などを含め全国平均月約11万円。特別養護老人ホームの相部屋(4万〜5万円程度)より高い。

  • 認知症サポーター(2016年12月02日 朝刊)

    認知症患者とその家族に、できる範囲で手助けをする人。養成講座の講師「キャラバン・メイト」を育成する全国キャラバン・メイト連絡協議会(東京都新宿区)によると、認知症を正しく理解してもらおうと厚生労働省が2005年に開始。自治体などが実施する約90分の講座を受けて認定される。9月末で全国に804万8676人。県内では4万7726人が認定を受けている。サポーターには「目印」として手首などにつけられる「オレンジリング」が渡される。

最新ニュース

認知症専門病院でインフルエンザ集団感染 男性死亡(2017/1/16)

 静岡県御殿場市中畑の認知症治療の専門病院、富士山麓(ろく)病院は16日、院内でインフルエンザA型に34人が集団感染し、うち80代の男性1人が発症後、肺炎をこじらせて死亡したと発表した。このほか、入院[続きを読む]

写真

  • 内田保信さん(右)と美喜江さん。別々の老人ホームで暮らすが、美喜江さんのホームで会ったり、2人で外を散歩したりすることもある=長崎市
  • 認知症の人に対する見方の変化/認知症の人をとりまく社会の変化
  • 植垣歩子さん
  • 「出会いウィーク」に向けて話し合う実行委員会のメンバー=2016年11月、奈良市、実行委提供
  • 植垣歩子さん
  • 「はんしん自立の家」の入居者が参加したチャリティーコンサート。合唱団の女性らはステージを降り、車いす席で歌った=宝塚市の宝塚ベガ・ホール

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】自転車でスマホを充電!

    チェーン式のスマホ充電器

  • 【&TRAVEL】熱海ご当地グルメ

    温泉街で堪能〈PR〉

  • 【&M】チョコレートと脳の関係

    若返り効果のメカニズムを解明

  • 【&w】感性豊かな子に育つために

    「子どもカメラ教室」〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム門井慶喜が二条城を訪ねる

    「寂しいといえば寂しい」

  • WEBRONZA再現できない実験が多い現実

    科学研究者たちに強い危機感

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ