メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

講和条約

関連キーワード

  • ポツダム宣言とサンフランシスコ講和条約(2015年06月02日 朝刊)

    第2次世界大戦末期の1945年7月、日本は米英中から、無条件降伏を迫るポツダム宣言を受信。原爆投下後の8月14日に受け入れを決めた。宣言は日本の戦争行為を「世界征服の挙に出(い)つるの過誤」(6項)とし、「一切の戦争犯罪人に対しては厳重なる処罰加へらるへし」(10項)と断じている。52年に発効したサンフランシスコ講和条約で、連合国が日本の戦争指導者を裁いた東京裁判を受諾し、沖縄などが米施政権下に置かれた状態で主権を回復した。

  • サンフランシスコ講和条約(2014年03月03日 朝刊)

    第2次大戦を終結させるため、1951年9月8日、米国など48カ国と日本が米サンフランシスコで署名した。冷戦を背景に共産圏の旧ソ連、旧チェコスロバキア、ポーランドは署名を拒否した。52年4月28日に発効し、連合国による日本占領が終わった。日本は独立を回復したが、沖縄や小笠原諸島、奄美群島は本土復帰までの間、米国の施政下に残った。

  • スガモプリズン(2008年12月08日 朝刊)

    敗戦後、占領軍が当時の東京拘置所を接収、45年11月開所。A級戦犯のほか、捕虜虐待などが問われたBC級戦犯を収監。多い時で1800人超がいた。講和条約が発効した52年、管理が日本政府に移り、名称も「巣鴨刑務所」に変わった。58年には収監者全員が仮出所、釈放された。跡地には78年、サンシャインビルが開館した。

最新ニュース

(評・美術)「1950年代の日本美術―戦後の出発点」展 新たな枠組みで時代検証(2017/2/21)

 「戦後」といえば普通は1945年8月の終戦以降を指す。だが、神奈川県立近代美術館の展示は、50年代を対象としながら「戦後の出発点」という副題を掲げる。「戦後」の実質的な枠組みは50年代に形成されたと[続きを読む]

講和条約をコトバンクで調べる

写真

  • 具体美術協会「舞台を使用する具体美術 第1回」(1957年)から白髪一雄「超現代三番叟」=大阪新美術館建設準備室GA24
  • 島袋満英さん
  • 日本軍の壕(ごう)がダイナマイトで爆破されるのを見つめる米兵(1945年、沖縄県公文書館提供)
  • 日清韓談判之図。日本の大鳥圭介、清の袁世凱らが描かれているが、史実にはない場面だという
  • 中間とりまとめを公表した日本学術会議の「安全保障と学術に関する検討委員会」=1月16日、東京都港区の日本学術会議
  • 中間とりまとめを公表した日本学術会議の「安全保障と学術に関する検討委員会」=1月16日、東京都港区の日本学術会議
  • 東京教育大では、平日と同じように大教室で講義する教授もいた=東京都文京区、1967年2月11日
  • 知事公舎の「御認証の間」=奈良県提供
  • 国立太平洋記念墓地で献花した安倍晋三首相=26日午前、米ハワイ・ホノルル市、代表撮影
  • 記者会見する「村山首相談話を継承し発展させる会」の高嶋伸欣・琉球大名誉教授(左)、田中宏・一橋大名誉教授(中央)、内海愛子・恵泉女学園大名誉教授=東京都の参院議員会館、北野隆一撮影
  • サンフランシスコ講和条約について書かれたプレートを説明するジョージ・ルーカスさん=サンフランシスコ、宮地ゆう撮影
  • コロンビア南部の野営地を移動するFARC戦闘員=9月21日、田村剛撮影
  • 県民の歌について質問する加藤勇県議=県議会
  • 那覇市内に立つ憲法9条の碑=那覇市の与儀公園
  • 宮城(現在の皇居)の坂下門前を行進する食糧メーデーのデモ隊=1946年5月19日
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】一度使ったら戻れない!

    極上の装着感を生む腕時計!

  • 【&TRAVEL】夢のヴィラで沖縄で暮らす

    蓬萊島の誘惑

  • 【&M】俳優・安井順平さんの別腹

    「明治」のガルボミニ

  • 【&w】かじると小麦畑の風が吹く

    自家製発酵種のすごいパン

  • ブック・アサヒ・コム「娘。」のコミック履歴書

    飯窪春菜「家にはたくさん」

  • WEBRONZA推進法案、努力義務は画期的

    議員数の男女平等は実現するか

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ