メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

議員立法

関連キーワード

  • 被災者生活再建支援法(2011年03月31日 夕刊)

    阪神大震災をきっかけに1998年に議員立法で成立。かつては、支援金は住宅再建に使えなかったが、現行制度では使途を定めず支給される。東日本大震災では青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、千葉の7県全域と、長野、新潟県の計3市町村に適用されている。

  • 薬害C型肝炎集団訴訟(2008年09月20日 朝刊)

    C型肝炎ウイルスに汚染された血液製剤を、出産時や手術時の止血剤として投与されて感染したとして、患者が国と製薬企業3社に損害賠償を求めた。02年10月の大阪、東京両地裁への提訴後、仙台を除く4地裁で原告勝訴の判決が相次いだ。大阪高裁は昨年11月に初の和解勧告を出し、福田首相は議員立法での救済を表明、今年1月に薬害肝炎救済法が成立した。原告団は国との和解後、製薬側との和解交渉を続けていた。

  • 薬害C型肝炎訴訟(2008年09月29日 朝刊)

    C型肝炎ウイルスに汚染された血液製剤を、出産や手術で止血剤として投与され感染したとして、患者が国と製薬企業に損害賠償を求め、02年10月から提訴。仙台を除く大阪、東京など4地裁で原告勝訴の判決が相次いだ。大阪高裁は昨年11月に初の和解勧告を出し、福田首相は議員立法での救済を表明。今年1月、投与が確認され国と和解した原告に4千万〜1200万円の給付金を支払うとした薬害肝炎救済法が成立した。原告は現在1千人を超え、和解したのは400人以上。原告らはさらに、約350万人とされる肝炎患者全体を対象に救済を図るため、肝炎対策基本法の制定を求めている。

最新ニュース

(社説)女性候補者増 政治を変える第一歩に(2017/2/25)

 女性議員が増え、男性に偏った議会を変える第一歩となることを期待する。 衆参両院や地方議会の選挙で候補者の男女の数をできる限り「均等」にする――。 そのために、政党に女性候補者の擁立を促す法案が、超党[続きを読む]

写真

  • 約30年前の有機米の田植え。苗を縦と横、等間隔で植えて、手押しの除草機を入れられるように工夫した。立っているのが渡部務さん=山形県高畠町(渡部さん提供)
  • カジノ解禁をめぐる主な動き
  • 阪神・淡路大震災で家具の下敷きになり脊髄などを損傷した野田正吉さん。手のしびれを和らげるため夏でも手袋をつけるという=兵庫県西宮市
  • 日本維新の会が先の臨時国会に出した主な議員立法

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】耳に差し込むだけ!

    手軽にハンズフリー通話

  • 【&TRAVEL】見ておきたい、国宝の天守

    粋な彦根城、その見どころは?

  • 【&M】名曲「涙をふいて」の原点

    三貴哲成さんの「私の一枚」

  • 【&w】歯みがき嫌いを克服<PR>

    親子の楽しい時間にするヒント

  • ブック・アサヒ・コム直木賞も近い?須賀しのぶ

    小説「また、桜の国で」が話題

  • WEBRONZA受精卵ゲノム編集の是非

    米報告書、遺伝病患者には容認

  • 写真

    ハフポスト日本版 思わず二度見

    東京マラソンの個性派ランナー

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ