メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

豊中市

関連キーワード

  • 三笠フーズ(2008年09月07日 朝刊)

    1977年に現在の冬木三男社長が設立。大阪市北区に本社を置き、米穀類の製粉や加工、販売を主な業務とする。事故米を食用に転用した九州工場(福岡県筑前町)のほか豊中工場(大阪府豊中市)を所有し、九州で精米、穀粉を、豊中で炊飯・加工調理を分担している。米穀卸売会社「辰之巳」(東京都中央区)とグループ経営をしており、醸造メーカーやすし店チェーン、機内食会社などが主な販売先。社員は約30人。07年4月期の売り上げは約18億円。

  • 大阪空港公害訴訟(1〜5次)と選挙(2013年06月25日 朝刊)

    1969〜82年、豊中市と兵庫県川西市の住民約4千人が国を相手取り、午後9時〜午前7時の飛行差し止めなどを求めて大阪地裁に提訴(豊中は71年11月提訴)。1〜3次訴訟の一審判決(74年)は午後10時以降、二審判決(75年)は午後9時以降の離着陸原則禁止と、一部損害賠償を認めた。81年の最高裁判決は差し止めを「民事上の請求は不適没としたが、国は午後9時以降の運航を認めない「門限」を設けた。4、5次は84年、大阪地裁で損害賠償を認める和解が成立。国政選挙の大きな争点にはならなかったが、全国の反公害運動の先導役となった。

  • 全国高校ラグビー大会(2011年12月20日 朝刊)

    大阪府豊中市に4校が集って1918年に始まり、舞台が花園(東大阪市)に定着したのは63年から。51校が出場する今回は、東日本大震災の影響で選抜大会が中止となり、今年度最初で最後の高校日本一を決める大会となる。

最新ニュース

大阪)豊中市の小中学校など17施設でブロック塀危険(2018/6/22)

 大阪府豊中市は21日、市立の10小学校と6中学校、1こども園の17施設で、プール外壁や学校外壁のブロック塀が高すぎたり劣化していたりして危険な状態だと発表した。7月上旬から順次、緊急対応の工事に入る…[続きを読む]

豊中市をコトバンクで調べる

写真

  • 市内の小学校が再開し、児童は塀を避けて通学した=20日午前7時52分、大阪府高槻市、小林一茂撮影
  • 地震で散乱した家財を整理するボランティアたち=19日午後4時24分、大阪府豊中市、吉沢英将撮影
  • 被害状況と本震・余震
  • 線路上を歩き、JR高槻駅を目指す乗客=18日、大阪府内、森本榮三さん提供
  • 新装したばかりの阪神百貨店梅田本店も営業を休止し、名物「いか焼き」などが食べられるスナックパークも閉じられていた=大阪市北区
  • JR新大阪駅前には、タクシーを待つ人たちの長蛇の列が続いた=2018年6月18日午後5時44分、JR新大阪駅、細川卓撮影
  • 地震発生直後、電光掲示板が落下した阪急茨木市駅のホーム=18日午前8時過ぎ、大阪府茨木市、読者提供
  • 道路に亀裂が入り(中央奥)、破裂した水道管から漏れた水=2018年6月18日午前10時29分、大阪府高槻市、朝日新聞社ヘリから、小川智撮影
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」はこちら

注目コンテンツ