メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月25日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

貴乃花親方(元横綱)

最新ニュース

貴乃花親方「相撲の神様が舞い降りた」 稀勢の里V語る(2017/3/29)

 2001年夏場所に右ひざの大けがをおして22度目の優勝を果たした貴乃花親方(元横綱)は29日、春場所で負傷しながら逆転優勝した稀勢の里について、「誰もが『もうダメか』と思った中で、素晴らしい結果を招[続きを読む]

関連キーワード

  • 貴乃花親方の会食問題(2010年07月24日 朝刊)

    貴乃花親方が新弟子勧誘で愛媛県南部を訪れた際、地元の和食レストランやスナックで会食した場に、地元の山口組系暴力団会長が同席していたことは、愛媛県警の関係者が確認している。朝日新聞は23日、改めて取材したが、県警関係者は見方を変えていない。また、地元の関係者も朝日新聞の報道前の取材に対し、レストランに暴力団会長がいた、と証言していた。県警関係者によると、貴乃花親方は愛媛県入りした6月11日、保護者ら約10人と夕食をともにし、この場に会長もいた。その後、親方は会長ら数人と、会長の関係者が経営するスナックに行ったという。さらに、貴乃花親方が2008年夏に神戸市内であった地域イベントに出席した際、別の山口組系暴力団の幹部と同席していたことも、兵庫県警の関係者が確認していた。愛媛県での同席問題が16日に報じられた直後、朝日新聞の取材で認めた。この幹部の所属する暴力団は、愛媛県の会食で同席した会長の暴力団の上部組織にあたる。

  • 年寄名跡(2011年12月10日 朝刊)

    力士が現役引退後に親方として日本相撲協会に残るために必要な資格で、一代年寄の「北の湖」と「貴乃花」を除き、105の名跡がある。名跡取得には日本国籍であることや幕内在位場所数などの規定があり、現役力士が引退前に取得することもできる。十両高見盛や新大関稀勢の里らが、すでに取得している。65歳の定年から3年以内に後継者に譲らなければならない。相撲協会は、名跡は個人財産ではないとの建前で、売買や担保、相続などを禁じている。しかし、実際には巨額の金銭を伴って取引されるケースが多い。「立浪」の名跡を巡る民事訴訟では、判決で1億7500万円の財産的価値が認定された。

!

MYキーワードをリニューアルしました

!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】視界に浮かぶスクリーン

    新型スマートグラス

  • 【&TRAVEL】GWは早太郎温泉の美肌湯へ

    知ってる?長野のガレット連合

  • 【&M】有森也実さんさんの「イケ麺」

    パクチーが効いたオイルパスタ

  • 【&w】向井理の祖母の手記を映画に

    『いつまた、君と』〈PR〉

  • ブック・アサヒ・コム春は旅立ちの季節

    作家・上田岳弘がひもとく本

  • WEBRONZAトランプ時代のアジアは

    「貿易不均衡」日中を批判

  • 写真

    ハフポスト日本版 佳子さま画像集125枚

    9月からイギリス留学へ

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ