メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

資源エネルギー庁

関連キーワード

  • バイオエタノール(2009年02月19日 夕刊)

    植物からつくるアルコール燃料で、温暖化対策としてガソリンの代替燃料になることが期待されている。穀物高騰など食糧危機を招くとの批判もあり、木材や稲わらを原料にする研究も進んでいる。資源エネルギー庁によると、日本は10年度までに50万キロリットル(原油換算)の使用目標を立てているが、現在は1万キロリットル弱にとどまっている。

  • 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(2010年03月29日 朝刊)

    石油、天然ガスなどの資源を開発促進する独立行政法人。資本金は2975億円で、全職員数は482人。08年度、国から約700億円の交付・出資金を受けている。理事長は元資源エネルギー庁長官の河野博文氏。

  • 原子力安全・保安院(2011年07月30日 朝刊)

    2001年の省庁再編で、旧通産省資源エネルギー庁や旧科学技術庁の安全規制部門を集約し職員を集めた組織。商用原発や核燃料サイクル施設の安全規制を担うほか、鉱山やガスの保安も担当している。職員は原子力を専門とする技術職や事務職の約800人。全国の原発近くに保安検査官事務所があり、114人が勤務している。

最新ニュース

石炭セミナーを開催(2018/5/22)

リリース発行企業:JOGMEC JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:細野哲弘)は、平成30年5月17日に石炭セミナーを開催し、「石炭マーケット研究会」の概要について報告しました。[画像1: htt…[続きを読む]

資源エネルギー庁をコトバンクで調べる

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ