メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

資源エネルギー庁

関連キーワード

  • バイオエタノール(2009年02月19日 夕刊)

    植物からつくるアルコール燃料で、温暖化対策としてガソリンの代替燃料になることが期待されている。穀物高騰など食糧危機を招くとの批判もあり、木材や稲わらを原料にする研究も進んでいる。資源エネルギー庁によると、日本は10年度までに50万キロリットル(原油換算)の使用目標を立てているが、現在は1万キロリットル弱にとどまっている。

  • 石油天然ガス・金属鉱物資源機構(2010年03月29日 朝刊)

    石油、天然ガスなどの資源を開発促進する独立行政法人。資本金は2975億円で、全職員数は482人。08年度、国から約700億円の交付・出資金を受けている。理事長は元資源エネルギー庁長官の河野博文氏。

  • 原子力安全・保安院(2011年07月30日 朝刊)

    2001年の省庁再編で、旧通産省資源エネルギー庁や旧科学技術庁の安全規制部門を集約し職員を集めた組織。商用原発や核燃料サイクル施設の安全規制を担うほか、鉱山やガスの保安も担当している。職員は原子力を専門とする技術職や事務職の約800人。全国の原発近くに保安検査官事務所があり、114人が勤務している。

最新ニュース

再生可能エネ 固定価格買取り、運用を見直し 住宅用太陽光は優先的取り扱いに(2014/12/18)

 資源エネルギー庁は12月18日、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の運用見直しについて取りまとめ、発表した。 最大限再生可能エネルギーの導入を実現するため、適切な出力制御を行いつつ、再生可能エネル[続きを読む]

資源エネルギー庁をコトバンクで調べる

PR情報

写真

  • 茨城交通のバスで、福島第一原発がある福島県大熊町から同県田村市に避難する町民=2011年3月12日、福島県田村市
  • 茨城交通のバスで、福島第一原発がある福島県大熊町から同県田村市に避難する町民=2011年3月12日、福島県田村市
  • 政権2年で「原発回帰」は大きく進んだ
  • 燃料取り出し計画の検討結果について説明する資源エネルギー庁や東電の担当者ら=福島市
  • 4月18日に開催した「世田谷発エネルギー地産池消革命最前線」-水素・燃料電池技術で自然エネルギーを活かす-の様子
  • 石油混じりの泥水が噴き出す。すぐそばに男性の家がある=新潟市秋葉区

朝日新聞デジタルをフォローする

注目コンテンツ

  • ショッピング無駄をそぎ落とした薄い財布

    2014年人気商品ランキング

  • ブック・アサヒ・コム震災後の不吉な未来を予言

    鎖国・死ねない老人、そして

  • 【&M】武井咲、剛力彩芽が晴れ着姿

    オスカー所属の11人が撮影会

  • 【&w】京の贅沢、お蕎麦屋さん

    風情を目で楽しむ

  • Astand自分を見つけるミュージカル

    「アリス・イン・ワンダーランド」

  • 写真

    ハフポスト日本版 「東海道五十三次」

    実は53枚ではなかった

  • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

  • 朝日転職情報