メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

資金洗浄(マネーロンダリング)

関連キーワード

  • ホドルコフスキー事件(2010年12月28日 朝刊)

    ホドルコフスキー被告は元石油大手ユコス社長で、ソ連崩壊後の民営化過程で国有財産を安く手に入れて財を成した「オリガルヒ」(新興財閥)の代表的存在。反プーチン政権の立場で野党を資金的に支援し、大統領選にも意欲を見せた2003年末、脱税容疑などで逮捕された。05年に懲役8年の実刑判決を受け、07年には石油横領や資金洗浄でも訴追されていた。

  • キプロス・ショック(2013年05月11日 朝刊)

    3月に表面化したキプロスの金融危機は、同国内の銀行が大量保有していたギリシャ国債などが、ギリシャ危機で不良債権化したことが発端。キプロスはロシアなどから資金が流れ込む租税回避地とみなされていた。キプロスへの資金支援に応じた欧州連合(EU)は、銀行の資金洗浄対策や法人税の引き上げなどに取り組むことを条件にした。

最新ニュース

テロ資金対策、地銀2割不備 口座悪用リスク、評価書作らず 管理強化要求へ 金融庁(2017/9/16)

 全国の地方銀行の2割で、国際的なテロ組織などのマネーロンダリング(資金洗浄)への対策が遅れていることが、金融庁の調査でわかった。日本はかねて対策の遅れを海外から指摘されており、金融庁は対策を急ぐよう…[続きを読む]

資金洗浄をコトバンクで調べる

写真

  • 仮想通貨取引の規制に乗り出したとされる中国人民銀行(中央銀行)=ロイター
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ