メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

02月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

資金洗浄(マネーロンダリング)

関連キーワード

  • ホドルコフスキー事件(2010年12月28日 朝刊)

    ホドルコフスキー被告は元石油大手ユコス社長で、ソ連崩壊後の民営化過程で国有財産を安く手に入れて財を成した「オリガルヒ」(新興財閥)の代表的存在。反プーチン政権の立場で野党を資金的に支援し、大統領選にも意欲を見せた2003年末、脱税容疑などで逮捕された。05年に懲役8年の実刑判決を受け、07年には石油横領や資金洗浄でも訴追されていた。

  • キプロス・ショック(2013年05月11日 朝刊)

    3月に表面化したキプロスの金融危機は、同国内の銀行が大量保有していたギリシャ国債などが、ギリシャ危機で不良債権化したことが発端。キプロスはロシアなどから資金が流れ込む租税回避地とみなされていた。キプロスへの資金支援に応じた欧州連合(EU)は、銀行の資金洗浄対策や法人税の引き上げなどに取り組むことを条件にした。

最新ニュース

写真・図版

ロシア疑惑、トランプ氏聴取攻防 側近ら20人以上聴取、埋まる外堀(2018/2/21)

 トランプ米政権のロシア疑惑をめぐる捜査がヤマ場に差しかかっている。マラー特別検察官はトランプ大統領の側近ら20人以上を聴取し、大統領選に介入したとするロシア人を特定するなど、着々と「外堀」を埋めてい…[続きを読む]

写真

  • 昨年6月、米上院が開いたロシア疑惑に関する公聴会で、証言を前に宣誓する連邦捜査局(FBI)のコミー前長官=ロイター
  • IR議連で誘致に意欲を示した候補地
  • 金融庁へ業務改善計画を提出後、記者団に囲まれるコインチェックの大塚雄介取締役=13日午後、東京都内
  • 会見するコインチェックの大塚雄介取締役
  • 仮想通貨のメカニズムのイメージ
  • 仮想通貨のメカニズムのイメージ
  • NEMの不正流出の取引履歴。巨額流出の大半が開始からわずか19分間で行われていた
  • 巨額流出問題の構図/主な仮想通貨の時価総額
!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ