メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

超高速

関連キーワード

  • 超高速取引(2014年09月06日 朝刊)

    独自に開発したコンピューターを使って数万分の1秒で株式などの売買注文を繰り返し出すことができる。個人が証券会社を経由する通常の取引より100倍速い。米国で2000年代から増え、短時間に大量の売買を繰り返し、大きなもうけをねらう「ヘッジファンド」の増加とともに世界に広がった。

  • 次世代スーパーコンピューター(2009年11月14日 朝刊)

    世界最速の超高速電算機で、パソコンの1千倍以上の性能を持つとされる。地球環境やナノテクノロジーなどへの活用が想定されている。06年から理化学研究所が中心になって事業を進め、10年度末に一部が稼働し、12年に完成する予定。事業総額は1230億円。開発は電機大手3社が進めてきたが、今年5月にNECと日立製作所が撤退を表明。富士通だけが残っている。

  • 米国の証券市場(2016年03月17日 朝刊)

    米国では現在、12の取引所と約40の代替市場が乱立する。1970年代以降、市場同士の競争を促すため、株式は取引所を通じて売買しなければならないとする「取引所集中義務」の原則が緩和されたのが一因だ。代替市場の大半を占めるのが、注文情報を開示しなくて済む私的な市場、「ダークプール」だ。ダークプールが増えたのは、小さな注文を積み重ねてもうける超高速取引(HFT)の台頭で、注文情報が開示されると、大きな注文を出す投資家が価格面で不利になることが多くなったため。ただ、誰がいくらで注文しているか外から分からないことには批判もある。

最新ニュース

JIG-SAWグループ、ニューラルアルゴリズムをエッジ分散型組み込みAIアルゴリズム及び群制御アルゴリズム基盤として稼働開始(2017/10/19)

 JIG-SAWは日本国内IoTマーケットにおいて、まず大手製造業・建築現場等における多様なエッジデバイス・ハードウェア・産業機器を対象にするサービスが大きく伸長することを想定しており、これらのエッジ…[続きを読む]

写真

  •   
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ