メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

軍用機

関連キーワード

  • 掩体壕(2010年05月20日 朝刊)

    軍用機を敵の空襲から守るための格納庫。太平洋戦争でサイパン島が陥落し、米軍による空襲が本格化する1944年ごろから各地の飛行場でつくられた。建設には地元住民も動員された。戦後公開された資料では、米軍は飛行場を空襲する前の偵察で壕の位置を特定しており、ほとんど防御効果はなかったという専門家もいる。ダミーの飛行機を置いていたという証言もある。

  • 沖縄の基地をめぐる大阪府の橋下徹知事の発言(2009年12月08日 朝刊)

    11月30日、報道陣に「沖縄の基地負担の軽減は北海道、本州、四国、九州のみんなで一定の負担をすべきだ」と語った。米軍の離着陸訓練の一部を関空が受け持つ案については「軍用機の需要は念頭にない」と否定的な見解を示したが、「議論は拒否しない」と述べたため、一部の新聞やテレビが「関空移設も視野」などと報じた。

  • 厚木基地騒音訴訟(2015年07月30日 夕刊)

    軍用機のジェット化が進んだ1960年代から基地周辺の騒音問題が深刻化し、第1次訴訟は76年に始まった。過去3度の裁判で損害賠償を命じる司法判断が続いたが、騒音をなくすことを目指す住民側は2007年に4次訴訟を提起。全国で初めて、行政訴訟として自衛隊機や米軍機の夜間飛行差し止めを訴えた。

最新ニュース

米軍B52が南シナ海飛行 中国は批判表明 南沙諸島付近(2018/6/7)

 核兵器を搭載できる米軍のB52戦略爆撃機2機が5日、中国が実効支配する南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島付近を飛んだことが明らかになった。マティス米国防長官が2日のアジア安全保障会議(シャングリラ・…[続きを読む]

軍用機をコトバンクで調べる

!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ