メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

農林水産省

関連キーワード

  • 農林水産省のヤミ専従疑惑(2009年04月14日 朝刊)

    昨年4月、全農林労働組合の役員1395人の勤務実態を調べた結果、142人に疑惑が浮上した。しかし、秘書課は0人になるまで調査を2回やり直し、総務省に0人と報告した。今年3月に疑惑が発覚、前秘書課長=更迭=がマスコミに虚偽の説明をしていたことも判明した。疑惑の調査結果は7月中旬に出る見込みで、背任容疑での刑事告発や不当な給与の返還も想定される。

  • 諫早湾干拓事業(2013年12月18日 朝刊)

    農林水産省が1989年、洪水被害解消と農地造成のためとして着工。97年、「ギロチン」と呼ばれる鋼板で約7キロの湾を閉め切った。湾内に干拓地と淡水の調整池を設け、国内最大の1550ヘクタールの干潟が消失。2007年に事業が完成し08年に営農が始まった。この干拓事業で漁業被害が起きたとして国に開門を求めた訴訟で、福岡高裁は10年12月、国に5年間の開門を命じる判決を出した。開門期限は今月20日。当時の菅直人首相は上告を断念し、この判決が確定。一方、長崎地裁が今年11月12日、国に開門を差し止める仮処分を決定。相反する二つの司法判断に挟まれ、国が20日の開門期限を守れないことが確実視されている。

  • JAS法の改善指示(2008年07月08日 朝刊)

    JAS法では営業エリアが複数の都道府県にまたがる場合は国が、同じ地域内の業者は都道府県が管轄する。農林水産省は02年のJAS法改正に伴って指針を定め、違反が故意で常習的な場合は改善を「指示」し、業者名や違反事実を原則公表するとした。一時的な過失で、業者が直ちに改善の意思を示した場合は非公表の「指導」にとどめることができる。国や都道府県は事例ごとに判断している。国は法改正以降の指示199件をすべて公表している。

最新ニュース

写真・図版

ポテチショック、もう二度と 産地分散・農家支援、ご当地企画で後押し(2017/9/23)

 加工用の国内産ジャガイモの不足からポテトチップスがコンビニやスーパーの棚から消えた今春の「ポテチショック」を教訓に、カルビーや湖池屋は国内産の安定調達に乗り出す。産地の分散や契約農家の支援、産地と連…[続きを読む]

写真

  • カルビーの「47都道府県ポテチ」の第1弾として18日に発売された17道府県の商品=同社提供
  • 「魚沼コシヒカリ」の稲刈りが進む宮田農産業の水田=14日、新潟県南魚沼市
  • もち食文化を伝える「果報餅膳」=一関市の「世嬉の一酒造」蔵元レストラン
  • 県農業研究センターの試験圃(ほ)場で栽培されている「金色の風」も、黄金色に色づいてきた=14日、北上市
  • 教育社説担当・各務滋  
  • 「すだちくん」とちらしを配って下水道への理解を呼びかける県職員ら=徳島市のJR徳島駅前
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ