メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

12月15日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

農水相

関連キーワード

  • 諫早湾干拓佐賀訴訟(2009年09月20日 朝刊)

    国営諫早湾干拓事業が有明海の漁場環境を悪化させたとして、佐賀など有明海沿岸4県の漁民らが、国に工事の差し止めや、漁業への影響を調べる開門調査を求めた訴訟。08年6月27日の佐賀地裁判決は5年間の開門調査を国に命じた。国は同年7月10日に控訴すると同時に、当時の農水相が開門調査の可否を判断する環境影響評価(アセスメント)の実施を表明した。一方、福岡高裁では控訴審の審理が続いている。

  • 事務所費問題(2010年12月01日 夕刊)

    2006〜07年、当時の松岡利匠赤城徳彦の両農水相らの政治団体が、家賃のかからない議員会館や実家などを主たる事務所の所在地としているのに、多額の事務所費を計上していた問題が発覚。疑惑を持たれた国会議員が詳しい説明をせず、不適正な支出が疑われた。07年末の政治資金規正法改正で、国会議員の関係政治団体について、人件費を除く支出項目について、1万円超の支出の内訳を収支報告書に記載し、領収書の写しを添付することになった。今回公開分の09年分から適用されている。

  • 事故米(2009年02月11日 朝刊)

    残留農薬の検出やカビの発生などで食用に適さなくなったコメ。93年決着のウルグアイ・ラウンドで、日本はコメ農家保護のため高関税をかける代わりに、一定量のコメの輸入を義務付けられており、事故米の多くは輸入米だ。農水省は工業用途に限って販売していたが、三笠フーズが04年以降に出荷した事故米1407・5トンのうち572・8トンは少なくとも26都府県に食用として流通していた。接着剤製造販売会社「浅井」(名古屋市)や肥料製造会社「太田産業」(愛知県)などでも同様の問題が発覚し、当時の農水相や農水事務次官が引責辞任した。

最新ニュース

写真・図版

コメ高騰、お店のご飯減る? 農家、減反廃止で「業務用」敬遠(2017/12/15)

 おにぎりが小さく、お弁当のご飯も少なくなるかも――。国によるコメの生産調整(減反)と交付金が今年で廃止されるのをにらみ、農家や産地がブランド米や補助が続く飼料米作りに力を入れている。その結果、米飯加…[続きを読む]

!

アプリで紙面ビューア-の点滅を設定できるように

!

サイト内記事検索をリニューアルしました

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】クリスマスに温もりを贈る

    特選あったかギフト〈PR〉

  • 写真

    【&TRAVEL】“破格”の世界一周クルーズ

    JTBが実現〈PR〉

  • 写真

    【&M】11月に1泊2日の山岳レース

    「OMM JAPAN」って何?

  • 写真

    【&w】背徳の「揚げ物バル」

    ワインバル・クルージング

  • 写真

    ブック・アサヒ・コム「基本は農家のおばちゃん」

    重労働と執筆は同時並行だった

  • 写真

    WEBRONZAシンクタンクと民主主義

    日本の民主主義に足りないもの

  • 写真

    アエラスタイルマガジン伝説の店を作った男の物語

    全てを失い一から始めたカフェ

  • 写真

    T JAPANイヴ・サンローランが愛した

    マラケシュに美術館がオープン

  • 写真

    ハフポスト日本版 真珠湾攻撃から76年

    瀬戸内寂聴「逃げることも勇気よ」

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ