メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

造影剤

関連キーワード

  • 胃がん・肺がん検診(2010年04月01日 朝刊)

    胃がん検診では、胃を膨らませる発泡剤と、胃の粘膜が見えやすくなるようX線を反射するバリウムという造影剤を事前に飲み、胃にX線を当てながら7〜8枚撮影する。肺がん検診は肺全体にX線を当てながら1〜2枚撮影する。50歳以上でたばこを多く吸うなどリスクの高い人には、たんの中にがん細胞が含まれていないかを調べる喀痰(かくたん)検査も併せて実施する。いずれも40歳以上を対象に、年1回実施される。

最新ニュース

メタ分析によってRenalGuard(R)が、心血管インターベンション手術を受ける患者の造影剤による急性腎不全を予防に劇的な効果のあることが明らかに(2017/9/14)

- RenalGuardによって、中~高リスクの患者の急性腎不全(AKI)の発生率が大幅に低下し、死亡率、透析および主要心血系イベントも著しく減少 - RenalGuar…[続きを読む]

造影剤をコトバンクで調べる

写真

  • 造影剤ありの画像(左)と造影剤なしの画像(右)
  • 問題となった肝臓移植の構図
  • 問題となった肝臓移植の構図
  • 東裕也さん(右)にMRI画像の説明をする主治医の佐藤俊さん=東京都文京区の日本医大病院
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ