メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

連合国軍総司令部

関連キーワード

  • プランゲ文庫(2015年08月24日 朝刊)

    連合国軍総司令部(GHQ)の民間検閲局は1945年から4年間、日本で出版された新聞、雑誌、書籍から町内会誌や社内報にいたるまで全ての出版物を検閲。GHQに勤務していたプランゲ博士は一部を米国に持ち帰り、メリーランド大学が「プランゲ文庫」と名づけ、約60万ページ分の文書を所蔵している。

  • 米占領下の奄美(2008年08月16日 朝刊)

    奄美群島は45年9月、米国民政府の統治下に置かれ、46年2月、連合国軍総司令部から日本からの行政分離が発表された。奄美群島政府などが行政を執行したが、52年に廃止され、米国民政府が首班を任命する琉球政府が統治した。復帰運動の高まりを受け、米国は利用価値が少ないことなどから統治を断念し、53年12月、奄美群島を日本に返還した。奄美ではこの時期を「アメリカ世(ゆ)」と呼ぶ。

  • GHQの検閲(2009年04月11日 朝刊)

    連合国軍総司令部(GHQ)は45年9月にプレスコード(新聞準則)を出し、出版、放送、映画を含む全メディアを統制した。新聞などの事前検閲は48年7月まで続いた。その後は事後検閲に移行(49年10月に廃止)するが、検閲違反で発行停止に追い込まれる場合もあり、「事後検閲とは自己検閲の別名にほかならない」(文芸評論家の江藤淳)との指摘もある。情報機関に属する民間検閲支隊(CCD)配下のPPB(出版・映画演劇・放送)が窓口で、東京、大阪、福岡各地区に検閲官が配置され、翻訳を担当する多数の日本人が雇われた。

最新ニュース

写真・図版

長野)農村の「生活改善」海越え絆 舞台を中南米へ(2018/4/24)

 終戦後の日本の農村で、生活の課題を自分たちで解決しようと広がった「生活改善」のサークル活動が今、貧困や格差に苦しむ中南米の農村に受け継がれ、根付き始めている。手ほどきをするのは、当時を知る元普及員ら…[続きを読む]

写真

  • 日本で学んだ生活改善のサークル活動に取り組む主婦たち=1月、エルサルバドル中部サンハシント、村山祐介撮影
  • そらまMEN号の運行を前にした保育園でのお披露目会では、絵本を読む下吹越かおるさんのまわりに子どもたちが集まった=3月12日、鹿児島県指宿市
  • 東京都世田谷区で撮影された「子守りをしながら遊ぶ子どもたち」
  • 日本国憲法にさだめられた改正手続き
  • 日本国憲法にさだめられた改正手続き/憲法改正手続きの類型
  • 戦後、GHQの指示で、墨塗りされた教科書
  • 旧高宮貝島家住宅の母屋の様子を確認する関係者ら=福岡市南区高宮5丁目
  • 阿川尚之・同志社大特別客員教授  
  • 東京駅丸の内駅舎。左奥に丸の内北口のドームの円屋根が見える=東京都千代田区
  • 西野真由美さん
  • 「戦前を全否定すると、押しつけ憲法論に対抗できません」=桜が描かれた学長室の絵画に映る姿、鬼室黎撮影
  • 第19回大会の参加記念品を手にする前沢晃=長野県松本市、山田雄一撮影
  • 著者の小野信爾さん=京都府宇治市
  • 昨年末、JR東京駅の丸の内駅前広場に再び設置された「愛の像」=東京都千代田区
  • 著者の小野信爾さん=京都府宇治市
  • 憲法制定をめぐる流れ
  • 憲法制定をめぐる流れ
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ