メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

10月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

過疎化

関連キーワード

  • 新潟県の村(2009年02月23日 朝刊)

    市町村合併で少なくなり、現在、弥彦、関川、刈羽、粟島浦の四つになった。弥彦以外は過疎化によっていずれも人口減少が続いている。住民基本台帳に基づく調査によると、昨年3月末時点で関川は6969人、刈羽が4971人、粟島浦が365人。54年、関谷村と女川村が合併してできた関川村は当時約1万2千人がいたが、今はその6割になった。

  • 中山間地域(2012年03月04日 朝刊)

    都市部や平地以外の主として傾斜地や山林の多い地域のこと。平野の外縁部から山間地を指し、水源涵養(かんよう)など国土保全に重要な役割を担っているが、高齢化や過疎化で集落の維持が難しいなど課題も多い。2010年の国勢調査のデータによると、県面積7405平方キロの約74%を占めているが、人口で見ると約2割の居住にとどまる。

  • 平谷村(2014年04月18日 朝刊)

    1934(昭和9)年の分村独立で発足し、総面積77平方キロの97%を山林が占める。戦前の最多人口は1600人台。戦後、林業が衰えて過疎化が進み、昨年、500人を切った。主な農産物はトウモロコシ。観光立村を掲げ、スキー場、ゴルフ場、温泉施設「ひまわりの湯」などがある。小池正充村長(71)は3期目(再選と3選は無投票)。

最新ニュース

政策課題、語られぬまま 処方箋より非難に終始 衆院選(2017/10/21)

 選挙戦は最終盤を迎えたが、与野党の政策論争は深まっていない。各党とも聞こえのよい政策を並べるばかりで、超高齢化や震災復興といった重たい課題への処方箋(せん)は語られない。各党が掲げる看板公約が持つ「…[続きを読む]

写真

  • 漁船の数は以前に比べ大幅に少なくなったという=尾鷲市須賀利町
  • 岐阜総局・吉川真布
  • 10年ぶりに復活する「くま獅子舞」の舞台稽古=苫前町公民館
  • 9月17日の放生祭で巡行した小浜市・清滝区の山車。古い堅牢な下地・漆塗膜を残し、拭き漆を重ねて美観を整え、飾金具も古い味わいの鍍金を残して部分的に鍍金を加えるという難度の高い処置を施した
  • 住民のため「輸送活動車両」の運転手を務める大森義信さん=浜田市井野町
  • 衆院選の候補者と対話する高校生たち=飯田市
  • 原告団事務局長の服部浩幸さん。経営するスーパーは震災当時は品薄で、商品を補充するとすぐ売れたという=二本松市
  • 「サバー送り」のわら人形。だいぶ傷んでいるが、馬や人の顔はとどめている=9月8日、山口県下関市豊北町の二見地区、山田菜の花撮影
  • オープン記念で集まった住民を接待する遠藤眞一郎さん(右上)=多良木町槻木の「TSUKIGI TABLE」
!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ