メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

08月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

道の駅

関連キーワード

  • 道の駅(2015年08月24日 朝刊)

    地方自治体やそれに代わる公的団体が設置者となって国土交通省に申請する。「24時間無料で使えるトイレがある」などの要件を満たした施設を同省が道の駅として登録する。1993年に始まり、全国1059カ所が登録。国などの道路管理者が案内標識を設置する。

  • 西部道の駅整備事業(2011年04月13日 朝刊)

    戸田地区の国道2号拡幅に合わせて2.5ヘクタールに計画。道路管理者の国土交通省がトイレや休憩施設、230台分の駐車場を、市が物販・飲食・多目的施設を整備。13年春の開業を目指す。総事業費約25億円。うち市の負担は約17億円だが、合併特例債など有利な起債で実質的負担は5億円程度という。熊毛地区にも東部道の駅の構想がある。

  • 道の駅やよい(2009年12月05日 朝刊)

    佐伯市や県、国が約20億7千万円を投じ2001年4月にオープン。特産品販売所や入浴施設、水族館がある。施設や敷地の大部分は市が所有し、同名の第三セクターを指定管理者に指定して管理・運営を委託している。08年度の来場者数は約85万人、同三セクの売上高は約2億2千万円、純利益は約280万円。

最新ニュース

私立恵比寿中学・中山莉子、待望のソロ写真集が10月28日(土)発売! ロシア・ウラジオストクの旅で見せた、16歳のありのままの素顔。(2017/8/18)

リリース発行企業:株式会社東京ニュース通信社「TVガイド」や「B.L.T.」等の雑誌を発行する株式会社東京ニュース通信社は、アイドルグループ私立恵比寿中学のメンバー・中山莉子のファーストソロ写真集「中[続きを読む]

写真

  • 額縁に入って撮影する笑顔の親子=益子町、小林トミ子さん撮影
  • 間寛平(左)はゴールで出迎えた菅野典雄飯舘村村長と握手した
  • 「飯舘村わんダフルまでい大使」に任命されたじゃがいも=飯舘村深谷
  • 自宅で育てた花をお墓に供え、手を合わせる青木公男さん、直子さん夫妻。後方は除染廃棄物の仮置き場=13日、福島県飯舘村
  • 自宅で育てた花をお墓に供え、手を合わせる青木公男さん、直子さん夫妻。後方は除染廃棄物の仮置き場=13日午前、福島県飯舘村、福留庸友撮影
  • ヒマワリ畑で撮影を楽しむ親子=由利本荘市西目町沼田
  • 「包帯をしてパイプをくわえた自画像」(フィンセント・ファン・ゴッホ)の贋作(がんさく)=いずれも林紗記撮影
  • ミカンジュースをシロップに使ったかき氷と鈴木翔さん(右)、真美子さん夫妻=熊野市有馬町の「お綱茶屋」
  • 実証実験用の7人乗り自動運転車。ほかに20人乗りのバスタイプなど3種類あり、車種は地域ごとの協議会で決まる(九州地方整備局提供)
!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ