メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

06月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

関連キーワード

  • 五輪選手村(2014年02月17日 朝刊)

    2020年東京大会では、東京・銀座から約3キロの晴海地区に建設予定。16年の招致構想ではメーンスタジアムの建設予定地だった。都によると、選手や役員ら1万7千人が宿泊できる施設群を、大会後に民間住宅として転用する。過去の選手村跡地は、64年東京が国立オリンピック記念青少年総合センターに、72年札幌と98年長野は新興住宅街になった。

  • ワシントンハイツ(2012年10月01日 朝刊)

    1947〜63年、現在の国立代々木競技場や代々木公園一帯にあった米軍家族住宅エリア。約92万平方メートルに住宅827戸や学校、教会、給油所や変電所もある「日本の中のアメリカ」だった。64年の東京五輪前に返還され、選手村として使われた後、解体された。

  • 東京五輪に向けた都心開発(2013年09月12日 夕刊)

    メーン会場となる国立競技場は、収容人員約8万人の新スタジアムに建て替えられる。臨海部には約1万7千人が滞在する選手村がつくられ、五輪後はマンションになる予定だ。道路は、選手村と競技会場を結ぶ環状道など10路線計24キロが整備される。64年五輪で整備が進み、老朽化が深刻な首都高の改修も課題となっている。

最新ニュース

観光遊覧船で元アスリートとの交流~東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた新しい教育旅行プログラムを開始~(2017/6/23)

リリース発行企業:KNT-CT HD近畿日本ツーリスト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田ヶ原 聡)は、教育旅行事業における新しい取り組みとして、東京2020オリンピック・パラリンピック[続きを読む]

写真

  • 頭を下げて握手をし、自己紹介をする亜細亜大の学生たち=東京都武蔵野市
  • 頭を下げて握手をし、自己紹介をする亜細亜大の学生たち=東京都武蔵野市
  • 会見する小池百合子都知事=都庁、山本裕之撮影
  • 森喜朗・東京五輪・パラリンピック組織委員会会長=5月、川村直子撮影
  • 2013年に会長に就任し、五輪改革を進めるIOCのバッハ会長。最高位のスポンサーの契約解除はIOCにとっても痛手だ
  • 1964年東京五輪の選手村の食堂。3千人収容だった
  • リオデジャネイロ五輪の選手村内に設置された食堂
  • ヤルーン火力発電所の隣にある炭鉱。大きなダンプカーが褐炭を運び出していた
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

注目コンテンツ