メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

05月26日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

選挙権

関連キーワード

  • 外国人選挙権(2009年12月15日 朝刊)

    永住外国人が地方自治体の首長・議員選に投票できる選挙権を認める法案を民主党は検討している。選挙権は参政権の一部で、参政権のうち、立候補する被選挙権や、リコールなど直接請求権は見送る見通し。永住外国人は08年末で91万人で全人口の1%未満。小沢一郎幹事長は来年の通常国会提出に言及している。

  • 市町村議選の被選挙権(2012年04月21日 朝刊)

    公職選挙法は「選挙権を有する者で満25歳以上」と定めており、選挙権は「満20歳以上で引き続き3カ月以上、市町村の区域内に住所を有する者」としている。この「住所」について、最高裁は判例で「客観的に生活の本拠たる実体を必要とする」との判断を示している。

  • 18歳選挙権(2016年02月11日 朝刊)

    昨年6月、改正公職選挙法が成立し、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられた。今夏の参院選から適用される見通しで、18、19歳の約240万人が新たに有権者になる。引き下げの対象となるのは、国政選挙、自治体の首長、議員の選挙に加え、農業委員会委員の選挙など。最高裁裁判官の国民審査や、自治体の首長解職や議会解散の請求(リコール)などを受けての住民投票の投票資格も18歳以上になる。

最新ニュース

選挙権をコトバンクで調べる

写真

  • 1925(大正14)年5月8日付東京朝日新聞朝刊11面。主な直しだけ朱を書き入れています。現在の朝日新聞の表記基準で認めていない漢字の音訓や、当時は入れていなかった句点を入れる等については、原則として記入を省いています。記事を文字起こしした【当時の記事】が【解説】の後ろにあります。「伝家の宝刀」の記事に続く「純真な運動を傷つけはせぬ」は当時の内務省、川崎卓吉警保局長の話。「法の適用は極めて慎重に取り扱わねばならぬ」と述べています
  • インタビューに応じる東京都教育委員会の堀川勝史・主任指導主事=10日、東京都新宿区
  • 堀川勝史・東京都教委主任指導主事
  • 若者の投票率向上のため行うべき政策
  • 森千香子さん  
  • 「学生の『造反答案』というのがあって、昔は左から攻撃されたけど、今はもっぱら右から」=早坂元興撮影
  • 鈴木宗男氏の歩み
  • 「アリとキリギリス」の授業のポイント
  • 候補者のポスターはこのように貼られています。ポスターのサイズも大きく、この場所では木を囲むような掲示板です
!

デジタルコース・ダブルコースもドコモケータイ払いに対応しました

!

Edgeに対応・紙面ビューアーを更新しました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】充電式だから好きな場所で

    便利なコードレス扇風機

  • 【&TRAVEL】緑と花々に癒される

    世田谷線のひとり旅

  • 【&M】ならでは商品が面白い!

    トリノ自動車博物館のショップ

  • 【&w】数年待ち、あけび蔓のかご

    ファッションニュース

  • ブック・アサヒ・コム山下大輝「コミック履歴書」

    少女漫画を読んだこともある…

  • WEBRONZA星野源、どこが凄いのか?

    まさに「マルチタレント」

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末明治の美女30選

    その輝きは150年後も変わらない

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ