メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

選挙管理委員会

関連キーワード

  • 避難者の投票(2012年11月30日 朝刊)

    福島県選挙管理委員会によると、県外に避難していて福島県内に住民登録がある場合、不在者投票ができる。住民票がある選挙管理委員会に投票用紙を請求し、郵送で受け取った資料を持参して、居住地の指定された不在者投票所で投票する。

  • アフガン大統領選(2009年11月02日 朝刊)

    タリバーン政権崩壊後、2度目の民主選挙として8月20日に投票があった。暫定結果で現職のカルザイ氏が54・6%を獲得したが、大規模な不正が判明。国連主導の不服申し立て委員会の調査なども踏まえて選挙管理委員会が公表したカルザイ氏の確定得票数は、過半数を割った。その結果、選管は10月20日、1位のカルザイ氏と2位につけたアブドラ前外相の決選投票を11月7日に実施すると発表した。

  • 選挙運動費用収支報告書(2012年01月13日 朝刊)

    公職選挙法は、選挙運動での金の流れを透明化するため、その収支を選挙の翌日から原則15日以内に選挙管理委員会に報告するよう義務づけている。報告書にうその記載をした場合の罰則として、3年以下の禁錮刑または50万円以下の罰金を定めている。

最新ニュース

写真・図版

(教えて!憲法 国民投票:5)公務員の運動に制約があるの?(2018/4/20)

 憲法改正案への賛成や反対をよびかける国民投票運動は原則、だれでも自由にできる。ただ、無制限に認めると、逆に個人の自由な意見表明が妨げられたり、国民投票が公正におこなわれなかったりするおそれもある。そ…[続きを読む]

写真

  • 公務員や教育者の国民投票運動
  • 公務員や教育者の国民投票運動
  • 記者会見で言葉に詰まる米山隆一知事=18日、新潟県庁
  • 記者会見する米山隆一知事=2018年4月18日午後6時34分、新潟県庁
  • 国民投票公報の構成
  • 国民投票公報の構成
  • 記者会見を終え、退庁する米山隆一知事(中央)=17日、県庁
  • 再発防止策の具体案を話し合う第三者委=甲賀市役所
  • 憲法改正の発議までの流れ
  • 憲法改正の発議までの流れ
  • 世界青年学生祭典の開会式であいさつし、大歓声で迎えられたプーチン大統領。若者の人気も高い=2017年10月、ソチ、中川仁樹撮影
  • 候補者の顔ぶれ。前回は「フクロウ」が1位だった=宮崎市
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ