メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月21日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

遺伝子

関連キーワード

  • 遺伝子組み換えナタネ(2008年11月12日 夕刊)

    現在輸入が認められているのは、特定の除草剤(グリホサート、グルホシネートなど)に強い性質を加えた品種。国は食品や飼料としての安全を確認。在来植物との競合や交雑、有害物質の産生など生物多様性への影響について懸念する声もあるが、悪影響を及ぼさないと評価している。国内では栽培されていない。日本はナタネを年間約200万トン輸入。大半を占めるカナダ産は約8割が遺伝子組み換えとされる。

  • 遺伝子組み換え(GM)作物(2013年12月22日 朝刊)

    特定の除草剤では枯れない、食べた害虫が死ぬなど特定の機能を持つ遺伝子を組み込んだ作物。世界の食糧需要をまかなう期待がある一方、長期間摂取した場合の安全性に不安の声がある。日本では、厚生労働省と内閣府の食品安全委員会がジャガイモ、大豆、テンサイ、トウモロコシ、ナタネ、ワタ、アルファルフアパパイアの8作物283種類について食用の安全性を確認している。

  • 遺伝子組み換え作物(2008年11月04日 朝刊)

    英語でGeneticallyModifiedOrganism(GMO)。最近はGEOとも言う。EはEngineered。細菌などの遺伝子を導入して除草剤や害虫に抵抗性を持たせた植物。農薬を減らせる。今年から米国で栽培が始まったビート(砂糖大根、テンサイ)はすでに作付面積の6割がGMだ。日本では厚生労働省が食品として88品種の安全性を確認したが、消費者団体の反対などで商業栽培はまだだ。*ご意見や読みたいテーマをkeizai@asahi.comにお寄せ下さい

最新ニュース

薬剤耐性菌(2)新時代の耐性菌の出現(2017/1/21)

 薬剤耐性菌に感染すると、抗菌薬が効きにくくなり、治療の選択肢が限られるようになってしまいます。新時代の代表的な薬剤耐性菌の現状について解説します。 抗菌薬メチシリンへの耐性を獲得したMRSA(メチシ[続きを読む]

写真

  • 増える梅毒感染者<グラフィック・宗田真悠>
  • ヒトやサルの進化(しんか)
  • 北潟湖の野鳥を調べる県自然保護センターの職員ら=あわら市北潟
  • ヒシクイ=「いしかわレッドデータブック〈動物編〉2009」から
  • ドーピング研究で連携していくことを発表した右から東北大・里見進総長、筑波大・永田恭介学長、東大・五神真総長、日本医科大・弦間昭彦学長
  • 拡大治験とは/参加までの主な流れ

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】工場夜景も星空も!

    冬は夜景撮影のチャンス

  • 【&TRAVEL】水着のままホッとひと息

    ハワイでカフェ×海

  • 【&M】日本レースクイーン大賞決定

    グランプリに清瀬まちさん

  • 【&w】沖縄のカフェでくらす

    看板猫の「とら」

  • ブック・アサヒ・コム首相の真珠湾訪問を読み解く

    戦争を問い続ける出発点に

  • WEBRONZA中川晃教、「天才」そのもの

    『フランケンシュタイン』公演

  • 写真

    ハフポスト日本版 ボウイ死去から1年

    変化続けた人生の写真70枚

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ