メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

03月28日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

遺伝子

関連キーワード

  • 遺伝子組み換えナタネ(2008年11月12日 夕刊)

    現在輸入が認められているのは、特定の除草剤(グリホサート、グルホシネートなど)に強い性質を加えた品種。国は食品や飼料としての安全を確認。在来植物との競合や交雑、有害物質の産生など生物多様性への影響について懸念する声もあるが、悪影響を及ぼさないと評価している。国内では栽培されていない。日本はナタネを年間約200万トン輸入。大半を占めるカナダ産は約8割が遺伝子組み換えとされる。

  • 遺伝子組み換え(GM)作物(2013年12月22日 朝刊)

    特定の除草剤では枯れない、食べた害虫が死ぬなど特定の機能を持つ遺伝子を組み込んだ作物。世界の食糧需要をまかなう期待がある一方、長期間摂取した場合の安全性に不安の声がある。日本では、厚生労働省と内閣府の食品安全委員会がジャガイモ、大豆、テンサイ、トウモロコシ、ナタネ、ワタ、アルファルフアパパイアの8作物283種類について食用の安全性を確認している。

  • 遺伝子組み換え作物(2008年11月04日 朝刊)

    英語でGeneticallyModifiedOrganism(GMO)。最近はGEOとも言う。EはEngineered。細菌などの遺伝子を導入して除草剤や害虫に抵抗性を持たせた植物。農薬を減らせる。今年から米国で栽培が始まったビート(砂糖大根、テンサイ)はすでに作付面積の6割がGMだ。日本では厚生労働省が食品として88品種の安全性を確認したが、消費者団体の反対などで商業栽培はまだだ。*ご意見や読みたいテーマをkeizai@asahi.comにお寄せ下さい

最新ニュース

今年も日本最大級のペットイベント、インターペットに出展! -新商品「GATHER(ギャザー)」を含む3ブランドをご紹介します-(2017/3/27)

SBSグループにおいて、海外から厳選したペットフードの輸入販売を手掛けるグローバルペットニュートリション株式会社(社長:権田真司、本社:東京都墨田区)は、2017年3月30日から4日間にわたり開催され[続きを読む]

写真

  • ステージに上がる富野由悠季さん=3月12日、兵庫県宝塚市
  • ミナミメダカ琉球型のオス。沖縄市内の旧東恩納弾薬庫地区(現在は米軍泡瀬ゴルフ場新設地)で許可を得て採集された=琉球大の今井秀行准教授提供
  • ミナミメダカ琉球型のオス=琉球大の今井准教授提供
  • 白血病検査の不備について記者会見するエスアールエルの東俊一社長(中央)ら=24日、東京・霞が関の厚生労働省
  • 農場に出入りする飼料運搬車などが消毒を受けた=旭市
  • 白血病検査の不備について記者会見するエスアールエルの東俊一社長(中央)ら=24日、東京・霞が関の厚生労働省
  • 鳥インフルエンザウイルスが確認された養鶏場=24日午前10時10分、宮城県栗原市、本社機から、越田省吾撮影
  • 石井哲也・北海道大学教授(生命倫理学)
  • 石井哲也さん
!

シンプルコースがドコモケータイ払いで購読できるようになりました

注目コンテンツ

  • 【&BAZAAR】見えない花粉をキャッチ!

    間違いない空気清浄機選び

  • 【&TRAVEL】次にくるのは狛犬ガール?!

    清冽な水が育んだ絶品ラーメン

  • 【&M】生卵のせカレー味スパゲティ

    上野水香さんのイケ麺

  • 【&w】カウントダウンの夜、書店は

    ほんやのほん

  • ブック・アサヒ・コム壇蜜が相談に回答

    「勇気の出る本を読みたい」

  • WEBRONZA科学技術立国と言うけれど

    「科学五輪」運営の危機

  • 写真

    ハフポスト日本版 幕末のイケメン30選

    命がけの男は、目つきが違う

  • 朝デジ就活ニュース

  • 転職情報 朝日求人ウェブ