メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

遺伝情報

関連キーワード

  • 次世代シーケンサー(2008年10月24日 朝刊)

    遺伝情報を持つDNAは4種類の塩基(アデニン、シトシン、グアニン、チミン)からなる。これらの並び方を順に読み取ることでゲノムを解読する。ヒトゲノムが解読されたことで、DNAをバラバラにしても再構成できるため、同時並行で大量の配列を読み取れる。また、たんぱく質など他の分子を解読できる機能も備えている。*「アスパラクラブ」(http://aspara.asahi.com)の新聞購読者向け「aサロン・科学面にようこそ」にもトップ記事を掲載しています。

  • DNAとRNA(2009年05月08日 朝刊)

    遺伝子を形作る物質。多くの生き物は遺伝情報をDNAに蓄え、RNAはたんぱく質を作るときなどに働くが、ウイルスの一部ではRNAそのものに遺伝情報が蓄えられる。いずれも、塩基と呼ばれる物質が並んでできている。

  • DNA(2009年07月14日 朝刊)

    生物の細胞内で遺伝情報となるデオキシリボ核酸の略称。DNAのわずかな配列の違いを利用すれば、作物の品種や個人を識別することができる。人の場合は、約30億個のDNA配列のうち、個人差が現れやすい数百個分の配列を複数部分組み合わせて調べるDNA型鑑定が主に使われる。国内の犯罪捜査で使われているDNA型鑑定では、別人で型が一致する確率は最大でも4兆7千億人に1人とされる。

最新ニュース

遺伝子検査のパイオニア、ジェネシスヘルスケア株式会社が「GeneLife DNA DAY TOKYO 2018」イベント開催にあたり、3日間期間限定のスーパーセールを本日より開始!!(2018/4/23)

リリース発行企業:ジェネシスヘルスケア株式会社TV CMを本日より(テレビ東京:TVQテレビ九州:KHB東日本放送)において放映開始いたします。遺伝子検査のパイオニア、ジェネシスヘルスケア株式会社(代…[続きを読む]

写真

  • チリのアタカマ砂漠で見つかり、特異な姿から「宇宙人」とも言われるようになった身長15センチ余のミイラ=Bhattacharya S et al. 2018 via The New York Times/(C)2018 The New York Times。「アタ」の名で知られ、2013年にはUFO(未確認飛行物体)についての米ドキュメンタリー映画でも取り上げられた
  • ゲノム編集技術を使い、紙のキットで簡単にウイルスを検出できるようにした=MITとハーバード大ブロード研究所提供
  • 対談する池上彰さん(左)と佐藤優さん=いずれも相場郁朗撮影
  • 驚くほど騒がしい人体の世界を、美しい音と映像で体感できるネットワークシンフォニー=倉田貴志撮影
  • 新型出生診断の実施状況
  • 新型出生前診断の実施状況
  • 新型出生前診断の実施状況/主な出生前診断
  • 全身の人骨が見つかった英国最古の先住民「チェダーマン」の顔のレプリカが2018年2月7日、ロンドン自然史博物館で報道陣に公開された=Jonathan Brady/PA via AP。1万年前に生きていたと見られており、顔を復元するために遺伝情報を調べたところ、浅黒い肌に青い瞳を持っていたことが分かった
  • 鳥取大医学部の安藤准教授
  • 復元された女性像
  • 遺伝情報をもとに復元された縄文人女性の像=東京都台東区
  • 鳥取和牛の肉(鳥取県提供)
  • コヒョウモンモドキ(東京大学の中浜直之さん提供)
!

親子でクイズに挑戦しよう!「しつもん!ドラえもん」をリニューアル

!

就活生のための「朝デジ就活ナビ」をオープンしました

注目コンテンツ